・・・好きなものクロニクル。
Mystery Jets@渋谷CLUB QUATTORO


コメントありがとうございます。

ライヴ遠征中につき、お返事はまた改めて。。

MJ、すごーく良かった!詳細はこちらも後日(多分。)


更新しました。(1月14日)

★READ MORE →
| ギグ・フェス | permalink | comments(4) | | pagetop↑ |
Vampire Weekend@studio coast


Vampire Weekend@新木場スタジオコーストへ。

久しぶりにUSらしいライヴでした。(最近USのバンドでもUKっぽいのばかり見ていたから。)
| ギグ・フェス | permalink | comments(0) | | pagetop↑ |
22-20s@渋谷クラブクアトロ


sunaoさんに捕獲されるというオマケ付き。

詳細はまた改めて。
| ギグ・フェス | permalink | comments(0) | | pagetop↑ |
Kyte@Liquid Room(9月21日)
Kyte@Liquid Room
Kyte Japan Tour 2010

9月下旬にも関わらず東京は30度を超える暑さで、この日は真夏の装いと秋の装いが混在し、いつにも増してケイオス。

アトレ恵比寿のボン・フェットでマスキングテープや手帳を物色してから、リキッドルームへ(本日はお一人様)。開演20分くらい前に会場入りすると、当日券を販売していたので

「お客さん少なかったらどうしよう・・・」

なんて余計な心配をしつつフロアへ下りてみると、サイドの数段高くなっているスペースが開放されている!(入りが少ない時は、ロープで閉鎖されている。)O.A.のnumber0がスタートする頃にはフロアが人で埋めつくされ、袖に姿を現したRallyeの社長さんも嬉しそう〜

number0
はファルセットボイスにノイジーなギターとパワフルなドラム.....う〜ん少々取っ散らかっていたような?緊張していたのかも?ツアー初日が満員のリキッドルームではお気の毒。しかしメロディセンスは良いし、電子パーカッションを和太鼓のように叩いていたのが印象的でした。

セットチェンジ。ますます人で膨れ上がっていきます。すごい!

客電が落ちてメンバー登場(サウンドチェックの時にも本人たちがウロウロしていたけれどね)。ハンドマイクを持って現れたニックはオーディエンスの多さに感動したようで、白い歯を見せてニッコニコ。

最初はヴォーカルが弱くてもどかしかったものの(今回はPAも同行していたとか)、途中からバランスが良くなりKyteのふわふわと心地良い世界にぐんぐん惹き込まれていきました。








イノセントな電子音がKyteの最大の魅力ではあるけれど、電子音に頼らずともKyte色を出せる、そんな新しい方向性を模索しているのか、昨年のサマソニではニックがラップトップやキーボードの操作に集中してアルバムの音を忠実に再現しようとしていたのに対し、今回はヴォーカリストに徹して「バンドとしてのKyte」、「ライヴ感」を大切にしているように感じました。

ニックたちは満面の笑みでAmazing!と、とても嬉しそうで、オーディエンスもKyteへ愛をいっぱい送って相思相愛な雰囲気。アンコール終了後も、客電がつくまでオーディエンスは本気でアンコールの拍手を続けて、Kyteの日本での人気が安定した事を実感しました。

MySpace
 http://www.myspace.com/kyteband

★READ MORE →
| ギグ・フェス | permalink | comments(4) | | pagetop↑ |
KISSES & Au Revoir Simone(DJ SET) @Social


こんな小さなハコで、旬なライヴを楽しめる幸せ。



評価:
キッシーズ
RALLYE LABEL
¥ 2,415
(2010-08-04)

★READ MORE →
| ギグ・フェス | permalink | comments(3) | | pagetop↑ |
Kyte@リキッドルーム


昨夜KYTE@リキッドルームへ行ってきました。

人が多くて焦りました。良い意味で。

詳細は後日。

コメントありがとうございます。

お返事は、すみません、たっぷり書きたいので自宅へ戻ってからね。


JUGEMテーマ:LIVE! LIVE! LIVE!




カイト
RALLYE
¥ 2,294
(2010-04-07)

| ギグ・フェス | permalink | comments(2) | | pagetop↑ |
BAND OF HORSES@SONIC/サマソニ2日目

『Naoさんを探せ』プロジェクトは今サマソニも続行中。ご当地キティちゃんボールペンをコレクションしているsunaoさんへの懸賞金として、空港で調達し、サマソニの間バッグの中で待機させておりました。


THE DRUMS終了後、ちょっと休憩。私はグリーンカレーを買って(Sちゃんのミックス丼のほうが美味しそうだった。)サイドショーを見ながらお昼ご飯です。前日サイドショーで段ボール芸人「もう中学生」が出演しているのをチラ見、数年前まだ無名の頃にも出演していましたが、電車で運んできたという段ボールの小道具(大道具?)を使って熱演すれど全然ウケなくて。この人は売れないだろうと思ったのに、予想に反してメジャーになりましたね。

私は次のBABD OF HORSESが気になるので早々に後にしたけれど、Sちゃんは引き続きサイドショーを見ていたいとのことで、再び別行動です。(芸人さんたちが全くウケない中、必死に頑張っているのがシュールで面白いらしい。)

SONICへ戻るともうすぐスタート時間だというのにガラガラのSONIC会場で最前列を目指して歩いていたら、なんとなく視線を感じて

ふと見ると「ん?sunaoさん?」

「sunaoさんらしき方」とチラッと目が合ったのです。しかしsunaoさんの顔写真を見たことがあると言っても、1センチ角ほどの小さなもので、しかも髪型が違うし、雰囲気もちょっと違うし.....自信がなかったのでそのまま端の最前列を陣取ると、すぐにBAND OF HORSESがスタート。

最前列にいるとバックに流れている映像が見にくいので、「sunaoさんらしきヒト」が気になりながらも、やや後方へ移動することに。

★READ MORE →
| ギグ・フェス | permalink | comments(6) | | pagetop↑ |
THE DRUMS@SONIC/サマソニ2日目

今年のリストバンドは幅広。(昨年からなくなってしまったタイムテーブルホルダーは、物販を買うとオマケで貰えるらしい。。)


Sちゃんと合流して、今年の目玉の一つTHE DRUMS。

私はこの日、THE DRUMSに敬意を表してデニムをロールアップしたスタイルで参戦。(ジョナサンもコンバースのハイカットで、偶然にもお揃い!)

6月の単独よりぐんと良くなっていました。江頭ダンス?オタ芸?ジョナサンとジェイコブの奇怪なパフォーマンスは健在だったけれど、後半はやや落ち着いて、曲に集中できたのも良かった。Jonathan、めちゃめちゃ歌が上手いわ。

Let's Go Surfingで会場は最高潮に。(端の最前列にいたのでよく見えなかったのだけれど、ステージ後方を本家本元オタ芸な方々が走り抜けたように見えたのは、気のせい?)

SちゃんもTHE DRUMSのこの人気に納得したそうです。





MySpace
 http://www.myspace.com/thedrumsforever
★READ MORE →
| ギグ・フェス | permalink | comments(2) | | pagetop↑ |
FANFARLO@SONIC/サマソニ2日目

(写真はビーチステージへ続く小道)

引き続きSONICにて、FANFARLO。ロンドンを拠点とする5人組で、スノパトのOAなどもやっているらしい。トランペット、クラリネット、ヴァイオリン、ピアニカ、鉄琴、手拍子足拍子など楽器をいっぱい使って、ARCADE FIREを牧歌的にしたような感じでなかなか良かったです。

細くて可愛い紅一点のCathyは、デニムのショートパンツでフロアタム、ヴァイオリン、ギター、ピアニカ.....と八面六臂の活躍。





MySpace
 http://www.myspace.com/fanfarlo
| ギグ・フェス | permalink | comments(0) | | pagetop↑ |
Surfer Blood@SONIC/サマソニ2日目


昨日はネット接続が調子悪く、会場から更新できず.....

2日目のこの日はThe Drumsまで単独行動なので、そのままSONICに残り、端に一人で座り、メールしながらSurfer Blood。

う〜ん。あまり印象に残らなかった。。
| ギグ・フェス | permalink | comments(0) | | pagetop↑ |

Search this site