・・・好きなものクロニクル。
japan 蒔絵展@サントリー美術館
japan 蒔絵展

japan 蒔絵 ―宮殿を飾る 東洋の燦めき―【2008年12月23日(火・祝)〜2009年1月26日(月)】

加筆・編集しました。(1月22日)
近世初期以来、日本の蒔絵は、「鎖国」の時代にも、海を越えてヨーロッパの国々に輸出されていました。遠く東洋からもたらされた贅沢な蒔絵は、富と権力の象徴でした。フランス王妃マリー・アントワネットら王侯貴族は競って蒔絵を求め、宮殿を飾りました。日本で生まれ、西洋人を魅了した繊細で華麗な黄金の美―蒔絵が英語で「japan」と呼ばれた所以です。

本展では、フランスのヴェルサイユ宮殿美術館などが所蔵するアントワネットのコレクションをはじめ、イギリスのヴィクトリア&アルバート美術館、ドイツのピルニッツ宮殿、スウェーデン王室などに残された貴重なコレクションに、国内で所蔵される国宝、重要文化財を含む名品の数々を加えた約280件を展示(東京展は約240件)。日本が世界に誇る芸術、蒔絵の知られざる歴史を紹介する初めての大規模な展覧会となります。


音声ガイドまで借りて、じっくり鑑賞。

マリー・アントワネットが蒔絵のコレクターだったとは初めて知って、彼女の集めた品々を目の当たりにして感動しました。母親のマリア・テレジアが大の漆器ファンで、「ダイアモンドより漆器の方が好き」と公言していたマリア・テレジアのコレクションを遺産として受け継いだマリー・アントワネットは、コレクションをさらに増やしていったそうです。引き出しが入れ違っていた香箪笥にわくわく。豪華な"おまる"も必見です。

オフィシャル
 http://japan-makie.jp/
サントリー美術館
 http://www.suntory.co.jp/sma/
| アート・演劇 | permalink | comments(2) | | pagetop↑ |
Tresure BoxのXmas
Treasure Box
この季節恒例、大好きなフラワー・アーティスト&フォトグラファーおちあいまちこさん(manboさん)のサイトTreasure BoxのXmasピーナッツ人形たち。サンキライの実をりんごに見立てて可愛いです。
クリスマスに向けてみんなでりんごを収穫しているところ?聖歌隊だけはいつもの通り熱心に讃美歌の練習をしています。

2007年  2006年  2005年

Treasure Box
 http://flower.vis.ne.jp/
| アート・演劇 | permalink | comments(6) | | pagetop↑ |
DOMANI・明日展2008@国立新美術館
未来を担う美術家たち DOMANI・明日展2008
〜文化庁芸術家在外研修の成果

国立新美術館
 http://www.nact.jp/exhibition_special/2008/domani/index.html



舟越桂DVD/語りかけるまなざし

語りかけるまなざし [DVD]

詳細は後日。
| アート・演劇 | permalink | comments(3) | | pagetop↑ |
まどろみ
まどろみ
零児は看護師である恋人・とつみと二人暮らし。だが最近は、零児の亡くなった父親の弟・秀平が遺産目当てで転がり込んで来ている。

作家である零児は、このところ毎日不眠症に悩まされていた。夜は眠らずに町をさまよい歩き、時々何かを思ってはメモに書きとめ、彼なりに一日の境目をつくり、心のバランスを保っている。ある日、とつみと町を歩いていると「自分と同じ顔の男」とすれ違う。それは他人のそら似を超えて、眠そうな目もとも含め、すべてが一緒だったのだ。

過日、零児と一夜を共にしたと語る芽里子という女が現れる。奇しくも零児も家の前でとつみと遭遇し、彼女にもその存在が知られてしまう。すぐに話し合いの場が設けられるが、対立する二人の女性を前に、零児は「芽里子など知らない」と言い訳とも嘘とも取れぬセリフを言い放つ。さらにそこへ、零児のことを「一輝」と呼ぶ男、日達が飛び込んで来る。果たして「一輝」は、また芽里子の言う「彼」とは零児なのか?それとも例の男なのか?それぞれのエゴによって事態は混乱し、真実は捻じ曲げられていく・・・。

◎オフィシャル
 http://www.morisk.com/plays/mado/index.html
★READ MORE →
| アート・演劇 | permalink | comments(0) | | pagetop↑ |
マリオ・ジャコメッリ展/Mario Giacomelli
Mario GiacomelliMario Giacomelli
Alistair Crawford


知られざる鬼才 マリオ・ジャコメッリ展@東京都写真美術館
■会 期:2008年3月15日(土)→5月6日(火・祝)
★READ MORE →
| アート・演劇 | permalink | comments(0) | | pagetop↑ |
ルノワール+ルノワール展
ルノワール+ルノワール展ルノワール+ルノワール展@Bunkamura

印象派のピエール=オーギュスト・ルノワール(1841〜1919)と、彼の次男で映画監督のジャン・ルノワール(1894〜1979)をフィーチャー。

『印象派の巨匠』、手の届かない『歴史上の人物』という印象だったオーギュスト・ルノワール。今回は幼い頃から父親のモデルを務めていた息子ジャンの肖像画など、家族的な温もりが感じられる作品も数多く展示されてました。

19世紀の印象派と20世紀のフィルムとでは「切り取り方」が全く異なると思っていましたが、オーギュスト・ルノワールの絵画とその絵画を題材にしたジャンの映画のシーンを並べ、父親を深く理解しているジャンの眼差しを通すことによって、絵画に新たな解釈が生まれ、共通する世界観を感じることができます。


◎オフィシャル
 http://www.ntv.co.jp/renoir/

★開催は5月6日まで。
★READ MORE →
| アート・演劇 | permalink | comments(0) | | pagetop↑ |
1カ月のパリジェンヌ展@オルネドフォイユ
1ヶ月のパリジェンヌ展イラストレーター平澤まりこさんの「1カ月のパリジェンヌ」の出版を記念して、青山のオルネ ド フォイユにて原画展が開催されていたので、行ってきました。(2008年1月26日〜2月11日)

オルネ ド フォイユの店内奥に入っていくと、本の原画や平澤さんがパリで「修行」した型彫りの完成品、手作りの大きなパリの地図などがひっそりと展示されていました。アンティークのドロワーやガラスケースを使った展示方法もとてもお洒落で、パリに紛れ込んだような感覚に・・・。注意書き(作品にお手を触れないでください)まで平澤さんによる手書きで、まるでご本人がそこに佇んでいるようでした。

◎hirasawa mariko.com
 http://www.hirasawamariko.com/

★READ MORE →
| アート・演劇 | permalink | comments(0) | | pagetop↑ |
Tresure BoxのXmas
Tresure BoxのXmas

この季節恒例となった、私の大好きなフラワー・アーティスト&フォトグラファーおちあいまちこさん(manboさん)のサイトTreasure BoxのXmasバージョンです。今年のピーナッツ人形のテーマはアドヴェント(*)だそう。可愛いピーナッツ人形たちがツリーの飾りつけをしたり、嬉しそうにクリスマスの準備をしています。manboさん、いつもありがとうございます。

(*)アドヴェント/待降節(たいこうせつ):(宗派によって異なるようですが)今年は12月2日から始まり、クリスマスを迎えるまでの準備期間。

◎Treasure Box
 http://flower.vis.ne.jp/

 2006年 →★
 2005年 →★
| アート・演劇 | permalink | comments(2) | | pagetop↑ |
モディリアーニと妻ジャンヌの物語展
モディリアーニと妻ジャンヌの物語展
4月7日(土)〜6月3日(日)@Bunkamura ザ・ミュージアム(渋谷)
動画予告 (View→)
★READ MORE →
| アート・演劇 | permalink | comments(5) | | pagetop↑ |
Tresure BoxのXmas
Treasure Box

昨年のクリスマスにも紹介した、大好きなフラワーデザイナー&フォトグラファーおちあいまちこさん(manboさん)のサイトTreasure BoxのXmasバージョン。manboさんに掲載の許可をいただくのが遅くなりクリスマスに間に合いませんでしたが・・・。ピーナッツ人形はもちろんmanboさんの手作り。今年は降誕の情景が描かれています。可愛いでしょう?
◎Treasure Box
 http://flower.vis.ne.jp/
| アート・演劇 | permalink | comments(0) | | pagetop↑ |

Search this site