・・・好きなものクロニクル。
<< 宮内優里&SiN ジャパンツアー 2013@金沢アートグミ | TOP | Campbell's Perfect Tea/アイルランド・ダブリンの缶入り紅茶。 >>
Graffiti on the Train/Stereophonics
評価:
ステレオフォニックス
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
¥ 2,520
(2013-02-27)




ふぅ.....★10個つけたいくらいです。

輸入盤のDeluxe Editionはオフィシャルから取り寄せ中で待ちきれず国内盤を購入したけれど

国内盤のライナーノーツも久々に良かったので買って良かった!


Stereophonics - Indian Summer


PVに出てくる男の人、Franz Ferdinandのニックに似てません?


次の2作品の監督はケリー!

Stereophonics - Violins and Tambourines



Stereophonics - In A Moment



本作収録の3曲のミュージックビデオにも注目だ。中でも、昨年秋に映像作品として突如発表された新曲「ヴァイオリンズ・アンド・タンバリンズ」はケリーの初監督作品だが、この完成度が素晴らしい。というのも、ケリーは学生時代に映画の脚本を学んでおり、デビュー前にはBBCテレビから脚本の仕事をオファーされ、ミュージシャンの道か映像の世界に進むか選択を迫られたこともあったとか。「イン・ア・モーメント」もケリー監督によるもので、いずれの作品もまるで映画のハイライトシーンを切り取ったような緊迫感溢れる世界観で、音楽と見事にリンクした美しい映像になっている。[BARKS 2013-03-01]



READ MOREから全曲試聴できます。(※全曲試聴は終了しました。)気に入ったらアルバムを買ってくださいね〜

Stereophonicsはサマソニ出演も決まった事だし、取り急ぎUP。

(今年はブログをちゃんと更新しようと思っていたのに、既に2月は4つしかエントリーできなかった.....

書きたい事はたくさんあるんですけどね。ガンバリマス。)


オフィシャル
 http://www.stereophonics.com/






Listen to an exclusive digital stream of Stereophonics' new album Graffiti on the Train album, which includes In a Moment and Indian Summer.[The Telegraph]










| CD/UK(ウェールズ) | permalink | comments(4) | | pagetop↑ |
コメント
こんばんは。

正直、前作のポップな作風はあまり好きじゃなかったんですけど、今作は心機一転、作風もがらっと変わって渋い。
今までとは違う曲調、展開の曲も含まれているんですけど、それはそれでしっくりくる。

ゆっくり休んだこともプラスに働いたのかもしれませんね。

何度も聴く作品になりそうです!!

2013/04/23 21:50 by hisigata
▼hisigataさん
お返事遅くなってしまいました。ごめんなさい!

これは名盤ですよね。サマソニで聴けると思うとドキドキします。
でも前作も私は大好きですよ〜
先入観なしに、もう一度聴いてみてくださいね。
本当に良いですから。

hisigataさんが最初にコメントしてくれた記事はコレ
http://blog.e-rose.her.jp/?eid=850532
ふふ。Travis最高でしたね♪


2013/06/14 10:29 by Nao
初コメして4年も経つんですね〜
この曲から、Travisにハマっていったんですよ!

先日は、ありがとうございました♪
Editors、Travisと初めて見ましたが、最高でした!
2013/06/16 19:21 by hisigata
▼hisigataさん
お返事がすっかり遅くなってしまい、申し訳ないです。

HCWは本当に素晴らしかったですね!

こちらは週末雪の天気予報です。
年末に里帰りされるのかな?

どうぞ良いお年を♪
2013/12/26 20:51 by Nao
コメントする











Search this site