・・・好きなものクロニクル。
<< Given to the Wild/The Maccabees | TOP | hoco(歩粉) >>
Rallye's Book Store & Cafe(Rallye Label×恵文社)
Rallyes Book Store & Cafe
Rallye's Book Store & Cafe
Rallye Label×恵文社(Rallye恵文社でのみ販売)
2012年10月
2,500円

書物というのはポケットに入れて持ち歩ける庭のようなものである。音楽は庭を快適な喫茶室に変え、そこで飲むコーヒーの味わいは格別だ。金沢を拠点に置くインディペンデントの音楽レーベル、ラリーと京都の人気書店である恵文社一乗寺店、そして注目の画家/絵本作家のきくちちきによる三つ巴コンピレーション。古今東西のコーヒーと本にまつわる楽曲をラリー(とゲスト)のアーティストたちがカバー(全て新録)、ペーパーバックをイメージしたブックレット付きジャケットには、コーヒーと本についてのアフォリズムと、スタイリッシュなイラストを掲載。書物と音楽、そして珈琲が揃えば、すでにそこは快適なブックストアカフェなのだ。

Track List:
1. milk (feat. sugar me) / Couleur Cafe (セルジュ・ゲンズブールのカヴァー)
2. sphontik / Blue Cafe (スタイル・カウンシルのカヴァー)
3. Kisses / Books About UFOs (ハスカー・デューのカヴァー)
4. It’s A Musical / Here’s Where the Story Ends (サンデイズのカヴァー)
5. Violens / Mario’s Cafe (セント・エチエンヌのカヴァー)
6. Eberg / One More Cup Of Coffie (ボブ・ディランのカヴァー)
7. 宮内優里 (feat. 湯川潮音) / Bookends (サイモン&ガーファンクルのカヴァー)
8. Spangle call Lilli line / 読書 (宮内優里のカヴァー)

Directed by 近越文紀 (Rallye)
Edited by 堀部篤史 (恵文社)
Illustration by きくちちき (菊地知己)
Design by 渡邊数人 (I.S.U)






大好きな恵文社(★)とRallyeとの夢のようなコラボ。

AKBや嵐のお陰で昨年は14年ぶりにCD生産枚数が前年を上回ったものの、危急存亡の今、こうしてCDの新しいスタイルを発信する近越さんや堀部さんに拍手。

カタチだけでなく、内容も素晴らしくて感動。

今年のバレンタインデーはチョコレートに「Rallye's Book Store & Cafe」を添えてプレゼントする...

なーんていうのも*粋*じゃないかと。



Rallye Label
 http://www.rallye-label.com/?pid=49977604

恵文社
 http://www.keibunsha-books.com/





| CD/V.A. | permalink | comments(4) | | pagetop↑ |
コメント
しばしば登場するRallye、そして一度は行ってみたい恵文社
Naoさんがプロデュースしたようなコラボですね!
何か秘密の花園に一歩・・・みたいな(オーバーですか?)
注文しちゃいました〜
わくわく・ドキドキ
2013/01/25 22:42 by ふくちゃろう
▼ふくちゃろうさん
うれしーーーーーーーーーい!
ありがとうございます!
別に私はラリーの回し者ではありませんが(笑)
ふくちゃろうさんに注文して頂いてすごーく嬉しいです。

>何か秘密の花園に一歩・・・みたいな(オーバーですか?)
あはは。秘密の花園へようこそ♪

届いたら、ぜひ感想をお聞かせくださいね!

2013/01/26 00:00 by Nao
ご報告遅くなりました!
だいぶ前に届いていたのですが時間がなくて・・・
今日は雪で休みをとったので(すみませ〜ん)
雪景色を眺めながらゆったり聴きほれました。

お洒落で、何か懐かしい・・・
秘密の花園はとっても居心地の良い世界でした。
有難うございました。
また素敵な情報教えてください!
2013/02/06 11:52 by ふくちゃろう
▼ふくちゃろさん
こんにちは!
ご報告ありがとうございます♪

昨日は、大雪の予報が空振りで良かったですね。
でも交通網は大混乱だったようで...
お休みして正解でしたね〜

>秘密の花園はとっても居心地の良い世界でした。
ふふ。秘密の花園を楽しんで頂けたようで、嬉しいです。

ボブ・ディランやセルジュ・ゲンズブール
サイモン&ガーファンクルなど
昔の名曲を、素敵にカバーしていますよね。

またぜひ、秘密の花園へ!(笑)

2013/02/07 14:31 by Nao
コメントする











Search this site