・・・好きなものクロニクル。
<< ニックがKAISER CHIEFSから脱退 !? | TOP | Smith & Burrows - When The Thames Froze @St Pancras station >>
Funtimes/The Heartbreaks(バーバリー2011年A/Wコレクションモデル)
The Heartbreaks




The Heartbreaks - Delay, Delay (Official Video)



The Heartbreaks - Polly (Official Video)



「Delay, delay, delay, delay, delay, delay, delay♪」

「Do you think about me? Polly do you think about me? You know〜♪」

一度聴いたら忘れられないフレーズに、ブレ様(Suedeのブレット・アンダーソン)を彷彿とさせるナルシシズムなヴォーカル。(ブレ様のようにマイクをぶんぶん回しているし。)

今年のフジロックで個人的にスペシャルフィーチャーの1つだったThe Heartbreaksのデビューアルバムは、NaoLOGセレクションをやるとしたら、、、(はい、今年もできそうにありません。)必ずやベストアルバムの上位に入れたであろう1枚です。夏〜秋頃こればかり聴いていました。

現在来日中で、今夜は代官山UNITでライヴだったのですよね。行きたかったなぁ.....(本当は行くつもりだったのに、諸事情により断念。)

「モアカムに降る雨が 僕を不機嫌にする―――――。」
UK北部モアカム出身、表現豊かなメロディと文学的なリリック、そしてリアルで青き若者群像を活写する等身大の音楽性。UKロックの未来を担う、若きカリスマ・フロントマン“マシュー・ホワイトハウス”率いるザ・ハートブレイクス待望の1stアルバム!
[Victor Entertainment]


評価:
ザ・ハートブレイクス
ビクターエンタテインメント
¥ 2,050
(2012-06-20)





全曲シングルカットできそう。

The Heartbreaks - Hand On Heart (Single Version)



The Heartbreaks - Liar, My Dear



"Save Our Souls" by The Heartbreaks - Filmed by Richard Davis



The Heartbreaks - I Didn't Think It Would Hurt To Think Of You





私がヴォーカルのマシュー君を初めて知ったのはThe Heartbreaksとしてではなく、昨年のBURBERRYの広告のモデルとしてだったのです。

One Night OnlyのGeorge(コチラ★)の後釜キャンペーンモデルは超個性的で且つ強烈にミュージシャンオーラが出ていて、「これは誰??」と思い調べた人は私だけではないはず。。


The Heartbreaks


The Heartbreaksはワタクシこれからも追いかけますよ!


オフィシャル
 http://theheartbreaks.net/



■UK北部にある海辺のリゾート地モアカム出身、2009年に結成した平均年齢23歳の4人組ロック・バンド、ザ・ハートブレイクス。
■2010年に2枚、2011年3月に3枚目の7インチをリリース。叙情的/詩的なリリック、激情的でメロディアス、 また80sネオアコにも通づるサウンドが話題を呼ぶ(UKではスミスが引き合いに出されている)
■その後モリッシーや元ザ・リバティーンズのフロントマンカール・バラ―のEUツアー・サポート等を経てUKメディアを中心に絶賛を得る。またブレイクする新人の登竜門的コンピレイション「キツネ・メゾン」に早くも収録、“Liar,My Dear”を提供。
■今作では過去リリースされた3枚の7インチ・シングルはもちろん、元Orange Juiceのエドウィン・コリンズ プロデュースの「Remorseful」も収録。エレクトロ/ダンスに頼った近年の新人バンドが多い中、ギミックのない純粋でストレートな伝統的英国産ロック・サウンドを展開している。UKでは4/30シングル「Delay Delay」、アルバム5/7発売となる。
■フロントマンのマシュー・ホワイトハウスのそのエモーショナルでナルシスティックな歌唱も評価が高く、また際立ったルックスの良さも話題を呼んでいる。バーバリー2011年A/Wコレクションではワールドワイドのモデルとして世界中で広告展開された。
[Victor Entertainment]




■■追記(12月17日)■■

こんなの見つけました。昨年フジで来日した時の映像です。ラストのワンシーン、マシューはやはり"絵"になりますね。


The Heartbreaks In Japan



| CD/UK(イングランド) | permalink | comments(4) | | pagetop↑ |
コメント
相変わらず、ミュージシャンオーラを即座に嗅ぎ分ける高い能力をお持ちのNaoさんww
ハートブレイクス、密かに人気モノですよね〜
最初に聴いたときは、やっぱり80年代後半のネオアコを彷彿させ、
とても懐かしい気分にさせられたのですが…
改めて聴いてみると、やはり90年代を通ってきている音かも。

それに絡めて妙に当時の音が聞きたくなって、
ここのところ、ようつべに入り浸りになっちゃってます〜
バンド名は知っているけど、未聴のものも多くて。
ただ…ほんとに量があるんですよねw
きっと一生かかっても聞ききれないなwww

とにかく私もライヴ、やっぱり行きたかった…
2012/12/15 02:08 by Nemophila
またまた良いバンドを教えていただいてありがとうございます!
リズムが良くて、耳に残るキャッチーなサウンドで。こういうのを聴いていると、最近流行りのUSインディーも良いけど、やっぱりUKも見逃せないと再認識しちゃいます。

そして、NaoLOGセレクション、秘かながら期待しています♪
2012/12/15 21:10 by hisigata
▼Nemophilaさん
お返事遅くなってごめんなさい!

>ミュージシャンオーラを即座に嗅ぎ分ける高い能力
あはは。上の写真だとそれほど分からないけれど
雑誌に載っていた広告ではミュージシャンオーラが出まくりだったのですよ(笑)

>ハートブレイクス、密かに人気モノですよね〜
フジでも、レッドの早い時間帯だったのにかなり盛り上がっていましたよ。
あっという間に終わってしまったから
単独をじっくり見たかったんだけど...本当に残念(号泣)

>最初に聴いたときは、やっぱり80年代後半のネオアコを彷彿させ
スミスがよく引き合いに出されているみたいですね。
でも、ちょっとネチっとした歌い方はモリ様よりブレ様に近いですよね?

こんな若造がまるで80年代、90年代を通ってきたかのような...
そしてちゃんと*そしゃく*して自分たちの音になっているでしょう、
イギリスのDNAってすごいな〜と思います。

そうそう、私もライヴのSEで流れてきたThe Undertonesが耳に残って
YouTubeで探して聴いたらJamだのいろいろ出てきて面白かった!
YouTube万歳!ですね(笑)











2012/12/17 23:41 by Nao
▼hisigataさん
ハートブレイクス、良いでしょう?
家で一人で聴いていると、ついつい歌ったり踊ったり
人に見られたらかなり恥ずかしい状態になりますよ(笑)

フジで見たけれど、ライヴもとっても良かったです。
また来日して欲しいですね...

NaoLOGセレクションは...あはは(汗)
今年1番聴いたアルバムは、Mystery Jetsかなぁ。
hisigataさんのベストアルバムは何かな?

2012/12/17 23:41 by Nao
コメントする











Search this site