・・・好きなものクロニクル。
<< Chemex(ケメックス)コーヒーメーカーで淹れる二三味(にざみ)珈琲。 | TOP | 今年もLAVENHAMのムック本が出ましたよ。 >>
The Killers/Battle Born
評価:
ザ・キラーズ
ユニバーサル インターナショナル
¥ 2,198
(2012-09-19)
コメント:活動休止期間を経て約4年ぶりとなる4thアルバム。



先の見えない活動休止、ブランドンをはじめメンバーそれぞれのソロ.....どうなることかと思ったけれど、THe Killersが無事に帰ってきました。

すごく良い!「キラーズらしさ」を定義付けるアルバムと言えるのではないかな。

どうもThe Killers=B級っぽいギラギラ感というイメージが拭えなかったものの...今作でそれは完全に払拭されました。

相変わらずのキラーズ節ではあるけれど、『SAM'S TOWN』の記事で私が使っていた「*意図的な*B級っぽさ」、今回はその「*意図的な*B級っぽさ」が全く感じられず、なんだかピュアで、妙に心に沁みるのです。


↑これは4年前にリリースされた3rdアルバム「Day and Age」の私の感想で、やはり今作もピュアで心に沁みます。

タイトルのBattle Born(戦いの中から生まれる)とは、彼らの出身地ネバタ州ののニックネームなのだそう。(南北戦争まっただ中の1864年に州が誕生したことに起因/ライナーノーツより)

「色々な意味に解釈できると思う。まず僕自身が日々の葛藤を抱えているし、僕の両親だって、日々生活との戦いを乗り越え、より良い暮らしを求めてこの州に移り住んで来た人達なわけだから。さらに、アメリアに移り住んで来た僕らの祖先だって、『戦いの中から生まれてきた』人達と言える。
(中略)
それで、僕らはその祖先の精神を誇りに思い、引き継いでいくのか、もしくは、単に怠け者になるつもりなのか?そういうことをこのアルバムでは問いかけているんだよ。それに人というのはその葛藤を乗り越えた時に本当のパワーを感じるものだと思うしね」(ブランドン/ライナーノーツより)


歌詞をじっくり読んで欲しいので日本盤がお勧め。

シンプルなMVにも彼らの今の「思い」を感じます。


The Killers - Runaways



The Killersはどんどんビッグになっていくのに、日本での知名度がなかなか上がらないのは残念。

それが原因だとは思いたくないけれど、過去2度のドタキャンは痛かった〜。

お願いだから今度こそは来日をキャンセルしないでね!


オフィシャル
 http://www.thekillersmusic.com/home
レーベルサイト
 http://www.universal-music.co.jp/killers


JUGEMテーマ:No Music, No Life


| CD/US・CAN | permalink | comments(4) | | pagetop↑ |
コメント
Killersよいね!!
私も毎日聴いてます☆
んで、みほちゃんがスゴいことになってる(笑)
早く単独観てみたいなー。
(04のフジでは観たんだけど。)
2012/09/22 08:34 by りぐ
こんにちは。

確かに、今作は、B級さがなくなってロックを鳴らしている気がします。
是非ともライブが見てみたいバンドですね。(LIVE盤も購入して、より見たくなった)
本当に、無事戻ってきてくれて良かった♪
2012/09/23 08:16 by hisigata
▼りぐさん
お返事遅くなってごめんね〜
キラーズの新譜、期待以上だったね!
今車の中でもずっと聴いてる.....

>んで、みほちゃんがスゴいことになってる(笑)
ふふ。きっとそうだろうと思った〜
この前iTunesフェスで一緒に早起きしてキラーズを聴いたんだけど
みほちゃんは4時半からスタンバイしていた(笑)

04年に私も見ているけれど、あれからもう8年!?
恐ろしや〜
今回こそちゃんとツアーをやって欲しいね。


2012/09/24 21:50 by Nao
▼hisigataさん
私はキラーズのライヴへ一度行っているのですが(@リキッドルーム)
もう8年も前!!
(単独なのにすっごく短いライヴでした;;)
今のキラーズをぜひ生で聴いてみたいです。

彼らにB級っぽさを感じてしまっていたのは
MVや、ブランドンの変なヒゲが原因かもしれませんね(笑)

2012/09/24 21:53 by Nao
コメントする











Search this site