・・・好きなものクロニクル。
<< 絵本作家・荒井良二 スキマの国の美術館 | TOP | The Killers/Battle Born >>
Chemex(ケメックス)コーヒーメーカーで淹れる二三味(にざみ)珈琲。
二三味珈琲

二三味珈琲をお取り寄せ。

「二三味珈琲shop舟小屋」は二三味葉子さんが能登半島の珠洲市木ノ浦海岸の舟小屋で毎日新鮮な生豆を自家焙煎して販売しているお店で、ホームページはなく宣伝もしていないのに口コミで人気が広まり、全国のコーヒーファンの注目を集めているのだとか。

「てっかまっか」は能登弁で、「かんかん照り」という意味で良いのかな?

いいなぎブレンド(中煎り)200g 840円
 すっきり爽やかな味。
 穏やかな海をイメージして作りました。

日置ブレンド(中煎り)200g 945円
 モカの香り・酸味の好きな方へ。
 香りが持続するように考えたブレンドです。

船小屋ブレンド(やや深煎り)200g 840円
 酸味と苦みのバランスの良い味。
 当店の味の中心となるブレンドです。

二三味ブレンド(深煎り)200g 840円
 苦いと香りの強いおすすめブレンド。
 ホット・アイス・アレンジコーヒーにも最適です。

てっかまっかブレンド(深煎り)200g 945円
 真夏の太陽のように刺激的な味。
 個性的な豆を使って新しい味を作りました。
[パンフレットより]


珠洲市中心部にカフェ「二三味珈琲cafe」がありますが、コーヒーのお取り寄せは船小屋の方に電話かFAXで。

二三味珈琲 shop船小屋
927-1446 珠洲市折戸町木の浦ハ-99
TEL & FAX : 0768-86-2088
OPEN : am8:00〜pm4:00(日・月曜定休)
※9月16日(日)〜10月1日(月)は夏休み休業

電話で応対してくれた女性はとても感じが良かったです。午前中の注文はその日に発送してくれるそうで、支払いは同封されている郵便振替で後払い...と注文しやすいのも魅力。ただし10月1日まで夏休みなのでご注意ください。

今回は自宅用に日置ブレンドとてっかまっかを。コーヒー好きなMちゃんには二三味ブレンドとてっかまっかをお福分け。

二三味珈琲が届いてすぐにMちゃんへ宅急便を出しに行ったら、クロネコヤマトのセンターの受付の女性が

「な〜んて良い香り!!」

密封してしまうとムレてしまうような気がして二三味珈琲から送られてきたのと同じく簡単に紙袋で梱包していたせいで、ほのかに香りがこぼれていたのですね。

珠洲市から取り寄せたコーヒー豆だと伝えると、コーヒーが大好きでいろいろ試しているけれどなかなか美味しいコーヒーに巡り会えないので良かったら教えて欲しいとの事で、受付の女性に二三味珈琲の電話番号と注文方法を伝授してきましたよ。ふふ。魅惑の香りだったようです。


うちのマシンはカフェポッド式なので、二三味珈琲を飲むにはペーパーフィルターで淹れなければなりません。どうせなら美味しく淹れたいと思い、前々から欲しかったChemex(★)のコーヒーメーカーを購入〜


Chemex


ペーパーフィルターで淹れると味にバラつきがあってどうもうまくいかなくて苦手だったけれど、ケメックスで淹れると毎回美味しい!私、カフェが開けそうよ(ウソ)。パンフレットに書いてあった豆の特徴通りに楽しむことができます。

半世紀ほど前、科学の実験器具をヒントにデザインされたコーヒーメーカーがCHEMEX(ケメックス)です。
ビーカーを2つつないだような特徴的な形で注ぎ口もついており、
くびれ部分には天然木が巻かれているので取扱いしやすく機能的です。
無機質と有機質をうまく融合させたシンプルなデザインもさることながら、
コーヒー本来のコクを十分に引き出してくれるCHEMEX(ケメックス)独自のフィルターも
コーヒー通に愛され続ける理由の一つです。
そんなCHEMEX(ケメックス)はMoMAの永久展示品にも認めらている名品です。







そもそも二三味珈琲を取り寄せてみようと思ったのは、Rさんから頂いた「まめや萬久」(★)のお菓子の中に二三味珈琲のコーヒーを使ったゼリーが入っていたからなのです。

こちらは豆菓子のパッケージ。一つ一つ手描きされているのだとか。


萬久


Rさん、ありがとうございました。



JUGEMテーマ:おとりよせ
| グルメ | permalink | comments(4) | | pagetop↑ |
コメント
お友達へのお福分け、宅急便の係りの方とのやりとり、
そしてコーヒーの香り・・・Naoさんの周りには本当に
優しい空気が流れている感じがします。
二三味珈琲、ぜひ頂いてみたいです。

豆菓子のパッケージ、猫が描かれたの、職場で貰っちゃいました。
どれも趣があって風流ですよね!
2012/09/20 22:49 by ふくちゃろう
コーヒーよりもコーヒー豆の香りのほうが好き!
私にとって何よりも落ち着く香りかもしれません。

普段、私はコーヒー豆をビンに入れているのですが、それを開けたときの香りで毎回すごく癒されます。必ずビンを近づけて嗅いじゃいますもの。てへ。
そして豆を挽いた後の香りをもう一度吸って、コーヒーを淹れて飲んでほっとする、みたいな流れです。私がコーヒーを飲むまでの流れって。

こちらのコーヒー豆、気になる!
今のが終わったら試してみよーっと♪
2012/09/21 09:07 by chie
▼ふくちゃろうさん
確かに、たまたま私は周囲の人々に恵まれているとは思いますが
ふくちゃろうさんの周りにもステキな方がたくさんいらっしゃいますよね♪
それはきっとふくちゃろうさんが呼び寄せているんだろうな...と思っています。

二三味珈琲は、能登半島の先端のかなり不便なところにあるのに
全国各地からはるばる訪ねて来る人たちがいるそうですよ。
200グラム×5以上だと送料が無料なので、
トリオのみなさんで一緒にお取り寄せ...なんていかがですか?

>豆菓子のパッケージ、猫が描かれたの、職場で貰っちゃいました。
すごーい。本当に素晴らしい職場にいらっしゃるぅ。

まめや萬久(ばんきゅう)は、金沢の洋菓子やレストランを経営している「ぶどうの木」がやっている和菓子屋さんで
東京にも進出しているのですよね。
猫の絵も欲しいな〜。
(萬久のカフェの写真は以前ツイッターにUPしたことがありますよ。)



2012/09/21 23:14 by Nao
▼chieちゃん
あー分かる分かる。
コーヒーよりコーヒーの香りの方が好き、って。
だから人の出入りの多いスタバでも、妙に落ち着くのよね。

>必ずビンを近づけて嗅いじゃいますもの。てへ。
ふふ。
クロネコの受付の方も、私の二三味珈琲が入った荷物に
鼻を近づけて*くんくん*したい衝動を必死に押さえていました(笑)

二三味珈琲にはもちろんストレート豆もあって
「当店はすべてニュークロップのプレミアム豆を使用しています。
時期により入荷している豆や焙煎度合いが変わりますので
お問い合わせください」って。

一度試してみてね。

ケメックスのコーヒーメーカーもお勧め。本当に美味しく淹れられますよん。

2012/09/21 23:14 by Nao
コメントする











Search this site