・・・好きなものクロニクル。
<< IN MEMORIES OF しじみちゃん | TOP | iPhoneが壊れた。 >>
Rokkurro/I Annan Heim
評価:
ロウクロウ
RALLYE / CARROWAY
¥ 2,393
(2011-02-16)
コメント:アイスランド出身5人組ロウクロの2ndアルバム。プロデューサーはヨンシーの公私に渡るパートナー、アレックス・ソマーズ。




24日のキリンチャレンジカップ2012 日本代表対アイスランド代表@大阪長居スタジアムでアイスランド国歌を斉唱したのは、RallyeレーベルからアルバムをリリースしているRokkurroのヴォーカル、クリスティンだったのです。素晴らしい歌声でしたね。アイスランド語ってすてき。(彼女が現在東京在住ということにも驚いた。)

2月24日(金)に大阪長居スタジアムにて行われるキリンチャレンジカップ2012の開会セレモニーにてアイスランドのバンド"Rökkurró"のボーカルであるHildur Kristin Stefansdottir(ヒルドル・クリスティン・ステファンドッティル)がアイスランド国歌を独唱します。
[アイスランド大使館]






Rökkurró - Sólin mun skína




美しいヴォーカル、神秘的なアイスランド語、多彩な音、Sigur Rosのような浮遊感、そして中盤にはクランベリーズを彷彿とさせるような大地の匂いがするオーガニックな曲もあり.....アイスランドから発信される音楽はどうしてこうも魅力的なのだろうと圧倒されます。(クランベリーズはアイ*ル*ランドだけど。)


Rokkurro
アートワークはRokkurroによるものだそう。


MySpace
 http://www.myspace.com/rokkurro






Rokkurro

ROKKURRO(ロウクロウ):Axel、Arni、Bibbi、Hildur、Ingibjorgの5人組。高校生の時に始めたジャム・バンドを発展させ、2006年にロウクロウとしての活動を開始。結成後、僅か6ヶ月でリリースされた4曲入り自主制作EPは瞬く間に完売となり、アイスランド最大の音楽フェスであるアイスランド・エアウェイヴス2006にも出演。それをきっかけにアイスランドの名門インディ・レーベル12 Tonarと契約し、翌年デビュー・アルバム「Thad kolnar i kvold」を同レーベルからリリース。地元アイスランドはもとより、UKのプレスからも『アイスランド語で歌われた優美な子守歌』(Drowned In Sound/UK)、『Rokkurroには、美しい歌声を持ったセロ弾きのフロント・ウーマンと、その歌声にマッチした美しい楽曲がある』(Clash Magazine/UK) と高い評価を獲得。2007年には再びアイスランド・エアウェイヴス2007にも出演。同フェスの1ヶ月後には、地元レイキャヴィクで行われたフェスでmumのサポートアクトを務めた他にも、オランダのロッテルダムを始めヨーロッパ各地でもライブを行うようになる。前作から約3年ぶりとなる新作はJonsi&AlexのAlex Somers(Jonsiのコラボレーターであり公私に渡るパートナー)がプロデュースを務め、同郷のOlafur Arnaldsからは『今年アイスランドからリリースされたベストアルバムの1つである』との称賛が贈られるほどの名盤である。




Rökkurró - Sjonarspil





クリスティンはLily and Fox名義でも音楽活用中とのこと。

Lily and Fox
 http://lilyandfox.com


| CD/ヨーロッパ | permalink | comments(0) | | pagetop↑ |
コメント
コメントする











Search this site