・・・好きなものクロニクル。
<< 七草は日本のハーブ | TOP | The Libertines - There Are No Innocent Bystanders >>
永平寺へ / temple of eternal peace
永平寺


永平寺までドライブ。

ミラーレス一眼を持っていったのに、取り出してみたらバッテリー切れ。しゅん。

(よって全てiPhoneで撮影。)





永平寺


平日の午後行ったせいか、一番最初に雲水さんから説明を受ける大広間は閑散としていた

.....のですが、団体客が到着していきなりわーっと賑やかになり、思わず苦笑いです。




永平寺


昭和5年建設当時の天井絵をそのまま修復した絵天井の大広間。昭和5年当時の著名な画家144名による230枚の花鳥彩色画が描かれています。

曹洞宗大本山永平寺は、寛元2年(1244)に道元禅師が開いた、日本有数の出家参禅の道場です。今も約200人もの雲水たちが厳しい禅の修行に励んでいます。

傘松閣(さんしょうかく)という大広間の天井には、230枚もの花鳥彩色画が描かれています。鳥や花の天井絵の中に、実は、「鯉(こい)」「唐獅子(からじし)」が2枚ずつと「栗鼠(りす)」が1枚の計5枚が隠れています。この3種類の絵を探し出し、願いを込めて祈りを捧げると、恋や念願が叶うといわれています。 (ふくいドットコム


『「鯉(こい)」「唐獅子(からじし)」が2枚ずつと「栗鼠(りす)」が1枚の計5枚が隠れて』いるというのを聞いたことがあったのに、すっかり忘れていて探さず仕舞。しゅん。


永平寺


永平寺は雪深いイメージがありますが、雪囲いなどの完全装備が虚しいくらい雪は少なかったです。

鉄筋コンクリートの建物が*デン*とあって興醒めだったものの、寒い冬でも素足に草履で凛と働いている雲水(修行僧)たちが美しく、身が引き締まる思いでした。





その雲水さんたちが作った?雪だるまがご愛嬌。


永平寺



JUGEMテーマ:写真日記

| 写真日記 | permalink | comments(4) | | pagetop↑ |
コメント
永平寺は一度是非訪れてみたいと思ってます!
小浜とか三方五胡とか、福井も見るべきものが
多いですね。(どの県もそれなりにかしら?)
何か神秘的なイメージです。
2012/01/15 15:54 by ふくちゃろう
▼ふくちゃろうさん
永平寺は、コンクリートの会館みたいのがかなり興醒めでした。
どうしてあんなのを建ててしまったのかなぁ。
厳しい修行をしている雲水さんたちに心が洗われるようでしたが。
もしも行かれたら、天井絵の中から
「鯉(こい)」「唐獅子(からじし)」「栗鼠(りす)」を見つけてくださいね♪

福井では、小浜の「お水送り」に一度行ってみたいと思っています。
(奈良東大寺二月堂の「お水取り」の「お水」を送る行事)
国内にも良いところがいっぱいありますよね。
2012/01/16 00:48 by Nao
以前テレビでお水送りのこと知り、目からうろこでした。
お水取りは有名で、随分昔に行きました。

国内良い所一杯です。
どの県もそれなりなんて書いてしまって・・・
どの県にもそれぞれ、の気持ちだったのですが、本当に
不遜な書き方をしてしまって、お詫びして訂正いたします。
気楽に書き過ぎです。反省。
2012/01/16 22:26 by ふくちゃろう
▼ふくちゃろうさん
ふくちゃろうさんは本当にたくさん旅行なさっていますね!
そうなんですよね、お水取りは有名だけれど
お水送りとその由来を知ると、なるほど〜って感じですよね。

そんな気になさらないでください。
マイナスな印象は全く受けませんでしたよ。
気軽に書いて頂けるほうが嬉しいです♪

確かに、国内であまり関心のない県もありますが
深く知るときっと気に入る(それなりに。笑)場所があるはずですよね。。
2012/01/16 23:53 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

Search this site