・・・好きなものクロニクル。
<< CABBAGES & ROSES | TOP | FEEDERチャリティーシングルSIDE BY SIDEのアートワーク、その後、のその後。 >>
僕たちは世界を変えることができない。 But, we wanna build a school in Cambodia.
僕たちは世界を変えることができない。

楽しい日々を送る医大生が一念発起し、カンボジアの子どもたちのために学校を建設しようと奔走する姿を描く青春ストーリー。『同じ月を見ている』の深作健太が監督を務め、現役大学生・葉田甲太の体験記を映画化した。ボランティアを行動に移す主人公を熱演するのは、本作が映画初主演の向井理。カンボジアの非情な現実を目の当たりにした若者たちが、学校建設ボランティアを通して自分自身と社会を見つめ直す姿が共感を呼ぶ。

医大生のコータ(向井理)は友人たちと楽しい日常を過ごしていたが、何か物足りなく感じていた。ある日、海外支援のパンフレットに目が止まったコータは、すぐに知り合い全員に「カンボジアに学校を建てよう!」とメールを送る。実際に現地へリサーチに行くまでに活動を本格化させるが、そこには想像以上の現実が待ち構えていて……。(シネマトゥデイ


監督:深作健太
原作:葉田甲太
出演:向井理、松坂桃李、柄本佑、窪田正孝、村川絵梨、リリー・フランキー、阿部寛、他





オフィシャル
 http://www.boku-seka.com/


コータが郵便局でたまたま目に留まったポスターで思いついた「カンボジアに小学校を建てる」というボランティア活動。

劇中でも「どうしてカンボジアなの?」と問われるシーンがあったけれど、結局答えはどこにもありませんでした。

だってきっかけは「思いつき」だものね。

それゆえ変に鬱陶しくなくて、素直に感動できたような気がします。

しかしカンボジアの現実があまりに悲しく重たかった。

原作はノンフィクション、その上カンボジアでの撮影はドキュメンタリーのように向井理たちの「素の感情」を描き出しているためとてもリアルで、ガンガン心に響いてきました。

松坂桃李演じるチャラ男、「こんな人いるいる!」と可笑しかったけれど、このモデルになった方はアフリカで本格的にボランティアを続けていて、原作者は医師となった今もカンボジアの小学校の維持に尽力しているそうです。





「ボランティア」についてどのように感じていますか?

少なくとも私は、ボランティアに汗を流す人たちに対して偽善だとか売名行為だとか誹謗中傷する側の人間にはなりたくないなぁ。原作者たちのグループは一時ネットでかなり叩かれたのだとか。

熱い使命感に突き動かされたボランティアであっても、たとえ就活に有利になるよう始めたボランティアであっても.....きっと何かが動き出し、与えるもの得られるものがいっぱいあるはずだから。






JUGEMテーマ:最近みた映画


| シネマ(日本・アジア) | permalink | comments(0) | | pagetop↑ |
コメント
コメントする











Search this site