・・・好きなものクロニクル。
<< Paper Crush/Letting Up Despite Great Faults | TOP | Different Kind of Fix/Bombay Bicycle Club >>
BEST&WORKS 2005-2011/One Day Diary
BEST&WORKS 2005-2011 - One Day Diary
BEST&WORKS 2005-2011 - One Day Diary

One Day Diaryがこれまでにリリースした3枚のアルバムからのトラックに加え、彼らが手掛けたリミックス、未発表曲、更には新曲も収録したまさにベストのタイトルに相応しい内容の1枚。


名古屋を本拠地とする2人組One Day Diaryのベストアルバム。iTunesでの配信のみですが、15曲で900円と太っ腹な価格!

クールで都会的、お洒落なイメージだけれど、深〜いところに「悲しみ」や「闇」を内包。それゆえ中毒性があり、熱狂的なファンが多いのでしょう。

One Day Diaryを聴いていると、埋もれさせてはいけない音楽が日本にもいっぱいあるなぁ...とつくづく思うのです。

one day diaryがリミックスを手がけたGuther、A Red Season Shade、Kyte、宮内優里、の曲も収録。A Red Season Shadeのリミックスはあまり好みではないけれど(ごめんなさい)、他は必聴です。


One Day Diary
 http://www.onedaydiary.com/


来月リリースのニューアルバムを前に、一度彼らのキャリアを総括するのもいいかなと思いリリースすることとなった今回のアルバム。彼らが歩んだ道のりは、つまりラリーがレーベルとして歩んだ道のりでもあります。そんなことを考えてると何だか感慨深いです。この6年で彼らは本当に大きく成長したと思うし、3枚のアルバムを経てようやく今自分たちの居場所を見つけたような気もします。そこからの景色がどんなものなのか、そこではどんな音が鳴ってるのか、その答えは9月7日リリースのニューアルバム「Fever or Ambulance」にあります。それまではこのベストをアルバムを聴いて、彼らがこれまで見た景色やそこで鳴らした音を楽しんでもらえたらと思います。(rallye label)



新曲のM-01.Two Piece、M-02.Ready Ladyが特に秀逸で、そんな彼らの進化に、来週リリースされる4thアルバムへの期待感が高まるー。


↓新譜のリードトラック

One Day Diary / C'est La Vie, Ob-La-Da





One Day Diary
RALLYE LABEL
¥ 2,000
(2011-09-07)
コメント:One Day Diary3年ぶりとなる渾身のNewアルバム。福田利之氏によるアートワークも要チェック。





One Day Diary



アーティスト写真はAki Kindaichiさんによるもの。

↓こちらはKindaichiさんのアートワークによるOne Day Diary 50枚限定アルバム「interviewers」


interviewersinterviewers
one day diary
アトリエ/ショップ「SARAXJIJI」さんの販売したい!という一言から実現した、未発表アルバム「interviewers」

ライナーノーツまで入っていて「いろいろな思い」を感じられるステキなアルバムです。one day diaryは全て英詞で歌っていますが、この中には「日本語で歌ったほうが良いのでは?」と思える曲が数曲あり、新たな可能性を感じました。


one day diary / how to fly in the air




PVに使用されているのはKindaichiさんの作品。

Kindaichiさんの写真はときどき両性のエロスみたいなものを放っていて引き込まれます。

中性的ではなく、両性的。とても魅力的な写真たち。


Aki Kindaichi
 http://www.onedaydiary.com/aki_kindaichi/
Flickr
 http://www.flickr.com/photos/nico2006/



| CD/日本 | permalink | comments(0) | | pagetop↑ |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/911194
トラックバック

Search this site