・・・好きなものクロニクル。
<< SOMEWHERE | TOP | Roses and Pawn >>
Rallye祭(ラリーさい)@新潟・正福寺
Rallye祭

雨が降って、打ち水したかのような参道が迎え入れてくれました。


ラリー祭at正福寺
 http://www.oohata-label.com





Rallye Labelに所属する日本人アーティスト3組によるライヴがお寺の本堂で!?しかも出店まで!?

5月28日。新潟のオーガナイザーが金沢のレーベルRallyeをお祭りにしてしまうということで、はるばる新潟まで遠征してきました。


気象庁の区分では新潟も「北陸」地方に含まれるものの、新潟は遠い遠い。。

特急と新幹線を乗り継いで4時間半ほどかけて新潟に着いたときには曇り空だったのに、ホテルにチェックインしてRallye祭の会場である正福寺へ向かう頃には雨が本降りになってしまいました。

風も吹いていて「はぁ。髪がぐちゃぐちゃになる。。」と少々憂鬱な気分でホテルを出発。

大通りをしばらく歩き、2ブロック奥に入ったところにある正福寺に無事到着して、お寺の敷地内へ一歩入った途端、深々とした雨の匂いに包まれ.....す〜っと吸い込まれるように本堂へ。


ラリー祭のテーマは「金沢と新潟、寺と音楽と旨いもの」。

かわいい屋台を横目にとりあえず中に入ると、すでに地元アーティストAmeさんのキーボード弾き語りが始まっていました。続いてのOAは同じく地元のNHKさん(NHKって使って問題ないのかしらね。笑)による打ち込みとギターを使った演奏。

お客さんは、若い男性が圧倒的に多いようです。

チームRallyeの1組目は名古屋を本拠地として活動する2人組、One Day Diary。私のiPhoneの着信音はOne Day Diaryの"Don't Call Me Now"、彼らを一度生で聴いてみたくて、新潟遠征を決意したのでありますよ。

ヴォーカル松永さんはひょろりと細く、ボーダーのカットソーを着ていたので「ウォーリーを探せ」のウォーリーみたい。ラップトップやキーボードを担当するのは細身のサルエルパンツがお似合いの家田さん。お二人自らセッティング、エフェクターやコードをエコバッグから取り出していたのがなんだか微笑ましい。

結成したのは高校時代だというのに、二人の間に微妙な「距離」があって(息はぴったりだけれどちょっと遠慮しあっている、みたいな?)そこから生まれる緊張感がいい感じに作用しているような気がしました。ポップなのに甘すぎず.....


Urban Suburban by onedaydiary


ライヴもとても良かったです。今夏、NEWアルバムをリリース予定との事で、期待大。

One Day Diary
 http://www.onedaydiary.com/


エフェクターやコードを再び*エコバッグ*に収納して、セットチェンジ。

次はオールインワンを着た、宮内優里(ユウリ)さん。ついこの前までお名前から女性の方だとばかり思っていました。。宮内さん、コアラみたいでかわいいです。

様々な機材を一人で迷うことなく手早くセッティングしていく様子に見とれつつ、、、おなか空いたー。そういえばお昼も殆ど食べていなかった。外にはおむすびなど販売しているようだけれど、一人だし、お堂でお釈迦様の視線を感じながらご飯を食べるのには抵抗があるし、動くの面倒だし、、、我慢する事に。

宮内優里さんには追っかけのファンもいらっしゃるそうで(Rallyeの社長さんからのプチ情報。)かなりメジャーな方なのですね。様々な楽器をKTタンストールのようにループ録音しながらオーバーダビングしていく奏法は見応えありました。ギターの使い方が面白い。MCもお上手で、持ち時間の60分があっという間でした。新曲がどれも良くて、7月にリリース予定のNEWアルバム「ワーキングホリデイ」参加アーティストの豪華さにもびっくり。(高橋幸宏、原田知世、星野源、マモル(nhhmbase)、It's a Musical、Faded Paper Figures)楽しみです。





お堂でなくても裸足で演奏しているのではないかと予想していたら.....やはりそのようですね。うふふ。

MIYAUCHI YURI
 http://www.miyauchiyuri.com/


トリは、KYTEのOAで一度聴いている、インテリ集団(これも社長さんからのプチ情報)number0。

KYTEの時は満員のリキッドルームで緊張していたのか張り切りすぎたのか、少々空回りしていた印象だったnumber0。でもこの日は照明も効果的に使って、お堂全体が荘厳なnumber0色に染まり、すっかり惹き込まれました。お堂バージョン、ミニマムなセットのドラムもタイトでかっこ良かった。number0も今夏新譜をリリースするそうです。





number0 オフィシャル
 http://number0.jp/


途中、milk名義で今年の冬にアルバムデビューされる梅林さんが加わってセッション。今回のプレミアおまけのRALLYE CLOAK 06 1/2に収録されているmilk フィーチャリング Au Revoir Simone(Au Revoir Simoneって反則。)もとても良かった、梅林さん。しかし見た目がロックバンドのイケメン・ヴォーカリストみたいで(?)ちょっと意外でしたわ。梅林さんをフィーチャーした曲も聴いてみたかったな。

続いて宮内優里さんも加わり、ラストの曲。最高潮で一旦袖に引っ込んでしまったものの、number0が段取りを間違えたそうで、本当はそのままOne Day Diaryも加わって閉める予定だったとか?ご愛嬌でメンバーがアンコールの手拍子で再登場、One Day Diaryを加えてチームRallyeのスーパーバンド!

最後は、OAのAmeさん、NHKさん、同行されていたgolfの安東さんも登場し、一緒にカーテンコール。

今思い出しても、すごく優しくて温かい気持ちになれます。音楽への愛に満ちた素晴らしいライヴでした。


外に出ると雨はあがって、キャンドルが灯されているという心憎い演出。


rallye祭


みんなの幸せオーラが光となってお堂から溢れて出ているよう。。


聞いたところによると、正福寺の住職の息子さんが大変な音楽好きで、本堂を会場に提供してくださったのだとか。オーガナイザーさんは音楽イベントを開催するのは今回が初めてでいらっしゃるのに、とてもきめ細やかで気持ちの良い演出でした。行って良かった。新潟は遠かったけれど、恒例となったらまた伺います。


スズキ食堂車の野菜スティックとマフィンを買って帰り、ホテルで遅い夕食〜。野菜スティックのお味噌味のディップが美味しかったです。


スズキ食堂車


急に思い立ったため今回はペットシッターさんを頼まなかったのが悔やまれます。せっかく新潟まで来たのだから少し観光していきたかったけれど、猫たちが心配で翌日すぐに帰宅.....


新潟


遠い新潟が少し近くなりました。


JUGEMテーマ:LIVE! LIVE! LIVE!


| ギグ・フェス | permalink | comments(0) | | pagetop↑ |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

Search this site