・・・好きなものクロニクル。
<< Ra Ra Riot@代官山UNIT | TOP | Letting Up Despite Great Faultsの新EPが全曲試聴可能です。 >>
まほろ駅前多田便利軒/初日舞台挨拶!
ひゃひゃひゃ(行天風に)。舞台挨拶のある公開初日(23日)@有楽町スバル座で観てきました。

まほろ駅前多田便利軒

『風が強く吹いている』も映画化された三浦しをん原作の直木賞受賞小説を、『ゲルマニウムの夜』『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の大森立嗣監督が映画化したユーモラスで温かい人間ドラマ。瑛太と松田龍平が主人公の便利屋を演じ、ワケありの客たちとの出会いとエピソードをつづってゆく。共演は、片岡礼子や鈴木杏、麿赤兒など個性豊かな実力派俳優たち。人間のこっけいさと生きることの幸せを、じんわりと浮かび上がらせる大森監督の手腕が光る。(シネマトゥデイ

監督・脚本:大森立嗣
原作:三浦しをん
音楽:岸田繁
主題歌:くるり
出演:瑛太、松田龍平、片岡礼子、鈴木杏、本上まなみ、柄本佑、大森南朋、松尾スズキ、麿赤兒、高良健吾、岸部一徳、他





オフィシャル
 http://mahoro.asmik-ace.co.jp/


便利屋を営む多田の事務所に高校時代のクラスメート行天が転がり込んできて、社会の隅っこで息を潜め生きていた多田の生活が一変する。混沌と平凡が入り混じったまほろ市のように、「平凡」な多田と「混沌」の行天が交じり合うことによって、多田の心にずっと引っかかっていた罪悪感や、封印していた過去が言葉となってあふれ出し・・・

幸福は再生する。
形を変え、さまざまな姿で、それを求めるひとたちのところへ何度でも、そっと訪れてくるのだ。

まほろ駅前多田便利軒(NaoLOG内記事)
 http://blog.e-rose.her.jp/?eid=573080


小説を読んだのは2006年。。

主役の二人.....どんな役者さんをイメージしながら読んだのか思い出せないな〜と思っていたら、そうそう、下村富美による劇画タッチの挿絵で二人が描かれていたため、頭の中で役者さんに置き換えることはなかったのでした。

多田と行天は30代半ばという設定なので、瑛太君と松田兄では若すぎるのではないかと思ったものの、二人とも全く違和感がなかったです。

小説の雰囲気を損ねることなく、絶妙に映画化されていました。

(瑛太君がどんな作業服をもお洒落に着こなしているところ、必見。)

プログラム(A5判125ページ/700円)がお勧め!

岸田君(くるり)のインタビューもシナリオ(決定稿)も掲載されています。キャストへの質問「多田便利軒に頼みたいこと」の回答が、それぞれ個性が出ていて面白かったです。

特に瑛太君と松田兄が対照的で笑えます。

舞台挨拶でも、二人は対照的でした。

インタビュー、マスコミのスチール写真撮影、動画撮影時.....瑛太君は常に気配りの人。

一方松田兄は、役者さん以外では生きていけないだろうなぁ...という人。

対比的でありながら、不思議と融け合っている二人はひたすらかっこよかったでぇす。

ひゃひゃひゃ(行天風に)。

今回タイミング良く舞台挨拶が見られてラッキーでございました。


(我が家の通い猫「しをん」(レンたちのお母さん)の名前は、三浦しをんさんに由来)




評価:
三浦 しをん
文藝春秋
¥ 1,680
(2006-03)









JUGEMテーマ:最近みた映画


| シネマ(日本・アジア) | permalink | comments(2) | | pagetop↑ |
コメント
私が唯一持ってきた日本の小説ってこれなんです!
(荷物が15kgのオーバーのため小説、CDは一切持ってこず。あうー。)
持ってきたといっても、空港でもらったのですが。

えいた(漢字でない)と松田兄って設定に対して若すぎるのでは??
と思ったけど、松田兄の雰囲気は行天にあっているかも。
ひゃひゃひゃ!
2011/04/27 13:43 by sunao
▼sunaoさん
ひゃひゃひゃ!お久しぶり〜
元気そうで良かった!

>空港でもらったのですが。
お見送りの方からいただいたの?
なんだかこれも不思議なつながり...

松田兄は、行天風な笑い方がうまくてびっくり!
瑛太くんに30代半ばって設定は無理だろ?と思ったけれど
昨年夏には(昨年夏に撮影)もうお父さんになっていたんだっけ?
意外にも大人な雰囲気で全く違和感なしでした。

続編も出ていたのを知らなくて、早速今読んでるー。

落ち着いたらブログやtwitterの更新、楽しみにしていますにょん♪
2011/04/27 22:29 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

Search this site