・・・好きなものクロニクル。
<< Soft Bullets by AIR TRAFFIC | TOP | British Sea Power/Valhalla Dancehall 日本盤が出ました。 >>
FEEDERチャリティーシングルSIDE BY SIDEのアートワーク、その後。
FEEDER
Feeder will donate all profits from their new single ‘Side By Side’ to the British Red Cross Japan Tsunami appeal to support the ongoing relief effort and help the Japanese people over the coming weeks, months and years.


FEEDERチャリティーシングルのアートワークに使われている、女性が毛布にくるまって寒さをしのぎながら呆然と佇んでいるこの写真には胸がしめつけられました。




今朝の読売新聞を開いてびっくり!

この写真は読売新聞のカメラマンが撮ったものだったのですね。

被災の2日後に撮影されたもので、彼女の目線の先には息子さんの通う幼稚園があった場所が.....




SIDE BY SIDE


彼女は仕事先で地震に襲われたそうです。車で幼稚園に直行するも道路が寸断され近づくことができず、翌日ご主人と水没地区に入り息子さんを捜したけれど手がかりはなく.....

しかし震災から3日後、園児たちが全員救出され避難しているという知らせを聞き、彼女は避難先に駆けつけ、無事息子さんと再会できたとのこと。

息子さんと一緒に幸せそうに微笑む姿を見て、ほっとしました。

本当に良かった!


ところで、彼女はFEEDERがこの写真を使っていることをご存知なのかな?



| MUSIC | permalink | comments(8) | | pagetop↑ |
コメント
すごい!
この人、お母さんだったんだ。
息子さん無事でホントによかった。
彼女がFEEDERのジャケになってるのか知ってるかも気になるけど、彼女がFEEDERを知ってるのかも気になる(笑)
そして、この新聞欲しい☆
2011/04/15 22:37 by りぐ
うちも読売新聞なので今日のこの記事はとても印象に残ってます。
このページの他の記事も本当に心に響きます。
その後って気にはなるけれど、追うことが出来ないのでなおさらですね。

りぐさん。うちにもありますので送りますよ〜。
もし必要ならtwitter経由でDMくださいね。
喜んで送ります (^_^)



2011/04/15 23:50 by akki-
▼りぐさん
彼女にお子さんがいたなんて、ほんとに驚いた〜
(28歳だそう。)
彼女とダンナさんがどんな気持ちで3日間を過ごしたかと思うと、辛いね。。

>彼女がFEEDERを知ってるのかも気になる(笑)
あはは。おそらく知らないよね。
ひょっとして読売新聞の記者も知らない??
SIDE BY SIDEをぜひ聴いて欲しい!

akki-さんも申し出てくださっているけれど
新聞、送ろうか?
フジでFEEDERのメンバーに見せてあげたら?






2011/04/16 00:17 by Nao
▼akki-さん
akki-さんもこの記事をご覧になったのね〜
この写真はとても印象的だったので
彼女が今、笑って過ごせていることが分かって
心からほっとしました。。

DMありがとう!
後ほどお返事しますが、またデートしましょうね♪


2011/04/16 00:17 by Nao
>フジでFEEDERのメンバーに見せてあげたら?
!!!!
そうか!!(笑)
これは是が非でも手に入れなければ。
うちの職場が確か読売取ってたと思うから、月曜日に確認して、九州版でも載ってたらキープする!
もしものときには相談します☆
ありがとう!
2011/04/16 00:43 by りぐ
▼りぐさん
そうよね、全国版だから会社にあるはず。
ぜひキープしてください。
そしてFEEDERに見せる!!(笑)

もし入手できなかった時は、akki-さんか私が送りますので〜

(akki-さん、新聞とっておいてね。)

2011/04/16 00:49 by Nao
東京版とは写真が違っていますね。東京版は息子さんをおんぶしている写真でした。

写真の彼女に恋した気分になっていたので、子供がいたのにはショックでした。(笑)
2011/04/17 14:02 by カレン
▼カレンさん
東京版と大阪版とは微妙に違うのですね〜

>子供がいたのにはショックでした。(笑)
*チーン*(←「残念でした」の鐘。笑)


彼女が息子さんと再会できて本当に良かったです。

でもこの写真1枚にだけでも
本が1冊書けるくらいのストーリーが
ずっしり詰まっているのだなぁと思うと
また悲しくなってしまいました。
2011/04/17 22:42 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

Search this site