・・・好きなものクロニクル。
<< celeb de TOMATO 2 | TOP | Radiohead - Lotus Flower >>
The New Wine/Waves
評価:
ザ・ニュー・ワイン
RALLYE LABEL
¥ 2,000
(2011-02-02)
コメント:ベルゲン(スウェーデン)出身4ピースバンドThe New Wineのデビューアルバム。80年代調でありながらも個性的な北欧エレクトロニック・インディ・ポップ。






『ノルウェーはベルゲン出身のThe New Wineは、エレクトロニック・ダンス・ミュージックにインスパイアされたヨーロピアンバンドの1つだが、ライブでの彼らは実際の楽器を使って本物のパフォーマンスを見せてくれる。彼らがステージにいるなら、僕は会場の人混みの中で踊っているよ!』(Erlend Øye)

『彼らは曲の中に、風変わりで、大胆不敵で、ドキドキさせるものを放り込んでくる。そういった要素が聴く者に、大気圏を突破して宇宙に飛び込むような浮遊感を与えている』(Matias Tellez)


アーランド・オイエ(キングス・オブ・コンビニエンス/ホワイテスト・ボーイ・アライブ)、マティアス・テレズなど同郷のアーティストから称賛され、デビュー前に出演したUKの”グレート・エスケープ・フェスティバル”では入場規制がかかるほどの人気を博したノルウェイの5人組=ザ・ニュー・ワイン。キング・オブ・コンビニエンス、ロイクソップ、アニー、データロックを輩出した伝説の名門レーベル、Telleが手掛ける新世代の北欧インディ・ポップ!


80年代っぽいけれど、予想のつかないファンキーさが加味され、楽しい!シンセが飛び跳ねてる〜。ベースラインも面白く、「バンド」としての魅力を感じます。

ノルウェー音楽シーンの充実度にわくわく。

ライヴへ行きたいけれど、行かれず残念〜

アーランドのくねくねダンスも見たかった.....


The New Wine 来日公演 (+special secret guest )
3月7日(月) @ 渋谷O-Nest(東京)
開場19:00 開演19:30
前売3,000円(別D) / 当日3,500円(別D)
Ticket Info / O-Nest 03-3462-4420, ローソンチケット(Lコード 70600)、ぴあ(Pコード 129-320)
詳細は →Rallye label

3月8日(火) The Whitest Boy Alive@原宿アストロホールにも出演しますが、すでにSOLD OUT!眼鏡な方に会いたい方は、7日のThe New Wine@渋谷O-Nestへぜひ。




The New Wine
blog | MySpace | Rallye


アルバム収録曲「Move」のMP3をRallyeサイトにて無料配信中。





The New Wine - Waves



■The New Wine (ザ・ニュー・ワイン)
ノルウェイ/ベルゲン出身のGeir Hermansen(Synthesizers)、Johan Hatleskog(Bass)、Adrian Sognen(Drums)、Stian Iversen(Vocals & guitar)から成る4人組。ハイスクールで出会い、2007年にバンドを結成。ノルウェイを中心にライブ活動を重ねる中でキャッチーなボーカルフック、軽快なギター、ファンキーなベースライン、そしてヘヴィなシンセサウンドというバンド・スタイルを確立。『 僕らは70年代や80年代のプログレッシヴロックやシンセポップ、イタロ・ディスコから、インスピレーションを受けてるんだ。例えば、Pink Floyd, David Bowie、そしてKraftwerk。それに加えて最近のものでは、LCD Soundsystem、 Phoenix、The Whitest Boy Alive、それからLindstromとかね』(Stian談) そのサウンドはThe Whitest Boy AliveやMatias Tellezといった同郷のアーティストからも称賛され、特にThe Whitest Boy AliveとはErlend Oyeが彼らのライブに度々飛び入りで参加するほど親交が深くUKでのツアーサポートも務めている。また、UKの"The Great Escape Festival"では公式デビュー前にもかかわらず入場制限がかかるほどの人気を既に獲得。Kings of Convenience、Royksopp、Annie、Data Rockを輩出したノルウェイの伝説的なレーベル、Telle(現在レーベル業務は休止中)がマネージメントを手掛け世界に贈る新世代のノルウェイ・バンド。



The New Wine - Delete Rewind



JUGEMテーマ:Indie Pop/Rock






| CD/ヨーロッパ | permalink | comments(0) | | pagetop↑ |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/911106
トラックバック

Search this site