・・・好きなものクロニクル。
<< we can now download The Strokes’ new single “Under Cover of Darkness” for free | TOP | The View - Grace >>
Letting Up Despite Great Faults/Letting Up Despite Great Faults
評価:
レッティング・アップ・ディスパイト・グレイト・フォールツ,Letting Up Dispite Great Faults
Happy Prince
¥ 2,015
(2010-04-14)
コメント:LA出身Letting Up Despite Great Faultsが自身のレーベルNew Wordsから2009年10月にリリースしたセルフタイトル1stアルバムがhappy princeよりボートラ2曲入りでライセンス・リリース。

※ボーナストラックは2曲収録されていますが「ライセンス・リリース」ゆえライナーは入っていません。

レッティング・アップ・ディスパイト・グレイト・フォールツってバンド名が長すぎ。。

でもThe Pains of Being Pure at Heart(これも長い。)あたりがお好きな方には絶対お勧め!

1曲目の"In Steps"から、もう、ね。


In Steps by lettingup


Letting up Despite Great Faults - "Our Younger Noise"


「草原でマスクマンに女の子がキス」ジャケットに間違いなし!! 緻密なエレクトロニクスとラウドなバンド・サウンド、ダンサブルなリズムとキャッチーすぎるメロディーといった対比的な要素が奇跡的なバランスで成立する、エレクトロ・シューゲイザー・ポップ・サウンド。一度聴いたら忘れられないオープニング・トラック『In Steps』をはじめとし、Tweeの先を行く新世代ポップ・サウンドが目白押し。古くはNew Order〜Pet Shop BoysからM83〜Radio Dept.〜Postal Serviceまでを感じさせる、どこかかわいらしいポップは、The Pains of Being Pure at Heart〜The Drumsに続く、インディー・ポップ界次代のスターを狙えるクオリティーと熱を帯びています。(happy prince


来日決定!

Letting Up Despite Great Faults JAPAN TOUR

4月16日(土)
時間: 18:00 open/start
場所: 新代田・Live House Fever(東京)
出演: Letting Up Despite Great Faults / broken little sister / lily of the valley / sugardrop / twee grrrls club

4月17日(日)
時間: 17:00 open / 17:30 start
場所: 北堀江・Club Vijon(大阪)
出演: Letting Up Despite Great Faults / pastel blue / sugardrop / スターフィー / Lemon’s Chair

happy prince
 http://happyprince.jp/letting-up-despite-great-faults-japan-tour/



Letting Up Despite Great Faults
Official Site | facebook | MySpace




ロサンジェルス出身、地元を中心にゆっくりと活動を進める。2006年には自身のレーベルNew Wordsから7曲入りEP『Movement』をリリースし、次第にライヴ活動も活発となる。バンドが一躍脚光を浴びたのが、2009年10月に、同じく自身のレーベルNew Wordsからリリースした、セルフ・タイトルとなるアルバムで、エレクトロ・シューゲイズとバンド・サウンドを見事に融合し、チープさとハードなダイナミズムの絶妙なバランス感覚と、何よりもそのポップなメロディー・センスで、Pitchfork、Rolling Stoneなどで大絶賛を浴びた。 (happy prince




JUGEMテーマ:Indie Pop/Rock


| CD/US・CAN | permalink | comments(6) | | pagetop↑ |
コメント
うわ〜
結構好みだわ&#9825;
最近全く開拓できていないので
Naoさんのレヴューはとても重宝していますよ♪
2011/02/13 12:43 by らら
▼ららさん
ありがと〜♪

CDは相変わらずけっこう買って聴いているのに
ブログにUPする気力が落ちているというか。。
ただ情報を貼っているだけでレビューとは言えませんが;;
そう言ってもらえると嬉しい。。
確かにららさんが好きそうな音!

Letting Up Despite Great Faultsというバンド名は
長くて覚えにくいけれど(笑)
彼らがどう音楽に向き合おうとしているのかが伝わってくるようですね。

2011/02/13 21:46 by Nao
私もこのCD、猛烈に好みなんです〜♪
去年、輸入盤を買って、家でもiPodでもかなりリピートしてました。もちろん今も聴きます。
メンバーの写真を初めて見ましたが(アジア系がいるな、とはうっすら思ってはいた)、この音と歌声を想像できない!(笑)

「Our Younger Noise」のPVはこれまた大好き!
女の子がぐいぐいひっぱって走り回っちゃう姿がとてもとてもかわゆい!

でも、ライヴには行けそうにない…がっくし。
2011/02/14 11:06 by sunao
▼sunaoさん
sunaoさんも好きでしたか〜♪
輸入盤もずいぶん売れたらしいね。

ジャケもかわいいけれど、音もかわいいですよね?
だからメンバーの写真を見て私も「うそっ」と思った(笑)
アジア系のメンバーの名前はMichael Lee?コリアンなのかな?

「Our Younger Noise」のPVもいいですよね〜
胸がきゅんですわ。
こんな無邪気な恋をしていた頃が懐かしい(笑)

sunaoさん、4月は無理?
私も行きたいけれど、こういうクラブでやると
Letting Upが出てくるのは相当遅い時間だと思われ。。
RA RA RIOTにも行きたいので、悩んでいます。
2011/02/14 21:43 by Nao
そうですそうです、音もかわいいです。
かすれたような声でこそっと歌っているところもかわいいです。

4月上旬ならいいんですけど、それ以降はたぶん無理なんですわー。
Ra Ra Riotは絶対に無理、LUDGFはギリギリ無理かと。

行けたとしても会場が−私もこういう会場だとかなり迷うのですよ。
5組いるとなると相当遅いですよね。むぅ。
2011/02/15 23:03 by sunao
▼sunaoさん
>かすれたような声でこそっと歌っているところもかわいいです。
ふふ。表現がうまいな。
そうなんですよね、見た目と違って、かわいい彼ら!

LUDGF=LETTING UP DESPITE GREAT FAULTS
一瞬、なんのことか分からなかった(笑)
TwitterのアカウントやオフィシャルのURLが「LETTING UP」だけなのが笑えます。

>行けたとしても会場が−私もこういう会場だとかなり迷うのですよ。
ですよね?
オールナイトもOKな態勢で臨まないとだから、、、きついわ。

サマソニに来てくれないかなぁ。
sunaoさんもどこかのフェスで見られると良いですね♪

2011/02/15 23:46 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/911100
トラックバック

Search this site