・・・好きなものクロニクル。
<< The Vines - Gimme Love | TOP | The Captive Hearts/ hummingbird >>
the social network/ソーシャル・ネットワーク
ソーシャルネットワーク

世界最大のSNS「Facebook」誕生の裏側を描いた伝記ドラマ。ハーバード大学在学中にFacebookを立ち上げた主人公たちが、一躍有名人となり巨万の富を築くものの、金や女、裏切りの渦に巻き込まれていくさまを映し出す。監督は、次々に話題作を送り出すデヴィッド・フィンチャー。キャストには『イカとクジラ』のジェシー・アイゼンバーグ、『Dr.パルナサスの鏡』のアンドリュー・ガーフィールド、ミュージシャンのジャスティン・ティンバーレイクら注目株がそろう。(シネマトゥデイ


監督:デヴィッド・フィンチャー
原作:ベン・メズリック
脚本:アーロン・ソーキン
音楽: トレント・レズナー(Nine Inch Nails)
出演:ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、他
2010年/米
第68回ゴールデン・グローブ賞4冠(作品賞、脚本賞、監督賞、作曲賞)

オフィシャル
 http://www.socialnetwork-movie.jp/

マークの友人役のアンドリュー・ガーフィールド(新「スパイダーマン」)がStereophonicsのケリーに似ていて、ついつい感情移入してしまった。。(似てるでしょ?)




(トレーラーのつなぎ方がちょっと気になりますが。)


ベン・メズリック
青志社
¥ 1,680
(2010-04-06)





FacebookにNapsterが絡んでいたとは知らなかったので、「へーーーっ」。興味深かったです。

ショーン・パーカーとショーン・ファニング(facebookに参画したのはショーン・パーカー)が大学生の時に開発したファイル共有ソフト「ナップスター」が、全米レコード工業会(RIAA)などから提訴され敗訴し、Roxio社の傘下となった後、タワレコとの合弁会社として日本に進出したものが、私たちの知るところの「ナップスター」。(2010年5月サービス終了)

主人公たちが、一躍有名人となり巨万の富を築くものの、金や女、裏切りの渦に巻き込まれていくさまを映し出す。

といっても、パワーゲームには必ず登場するような「悪人」は存在しないのです。「裏切り」すら子どもっぽい。それに伴う金銭はケタ外れですが。

マーク・ザッカーバーグが抱える2つの訴訟を軸に、時間や場所を客観的にパッチワークのようにつないで

ラスト、マーク・ザッカーバーグがfacebookでfriendをリクエストするシーンに監督は彼の孤独感を集約しようとしたのだろうけれど(一緒に見た夫もネガティブな感想を抱いていました。友だちを裏切るなんてサイテーだ、と。)

本作のベースとなっている「facebook 世界最大のSNSでビル・ゲイツに迫る男」を出版するにあたって、ベン・メズリックはマーク・ザッカーバーグ本人へ再三取材を申し込んだにも関わらず断られているそうなので、マーク・ザッカーバーグの真意がどこにあるのかは謎のまま.....

私はマーク・ザッカーバーグのサクセスストーリーとして受け止めましたよ。











| シネマ(洋画) | permalink | comments(4) | | pagetop↑ |
コメント
最後のBeatlesのこの曲にクスリ。
私、マークに同調してシンパシーすら感じてしまったよ。
彼は彼なりのルールで一生懸命生きて、全力で友だちを大事にしようとしてると思ったけどね。
畳み掛けるようなセリフの渦が、マークをよく表していると思いました。
(アスペルガー的な雰囲気もここから感じ取られる。)
そしてラストは、リクエストが承認されることを応援してました。
2011/01/28 19:36 by りぐ
▼りぐさん
ラストにBaby You're a Rich Manを選曲したのは
トレント・レズナーなのかしらね。
(「セブン」も音楽がトレント・レズナーだったとは知らなかった!)

マークを応援したくなるのは
The Vinesのクレイグと重ねてしまうからかもしれないけれど.....
facebookをクールなものにしたい、
より使いやすくて面白いものにしたい、
何が何でもこだわるところに私もシンパシーを感じたよ。
やっぱり私たちはオタクなのかな?(笑)
ただ、ラストはエリカの立場になって考えると、ちょっと怖かった;;

ところでエドゥアルドがケリーに似ているとは思わなかった??
2011/01/28 22:21 by Nao
!!
ホント、エドゥアルドとケリーって似てる(笑)
誰かこの人見たことあるような気がするって思ってたんだけど、ケリーか!
もうちょっとちびっ子で目が鋭かったらケリーだ(笑)

Vinesのグレイグとマークは確かに重なるかも。
Vinesは活動を再開したみたいだね。
FUJIでの復活ライヴが本当に最高だったので、またライヴが観たいなあ。
2011/01/31 22:31 by りぐ
▼りぐさん
でしょ?
エドゥアルドが他人に思えなくて仕方がなかった(笑)

>もうちょっとちびっ子で目が鋭かったらケリーだ(笑)
あはは。

The Vinesの新曲を貼っておいたよ
http://blog.e-rose.her.jp/?eid=911082

ドタキャンで一番ショックだったのがThe Vinesかもしれない。
クレイグに無理をしてほしくないけれど
やっぱり来日ツアーをやってほしいね。。

2011/02/01 00:27 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

Search this site