・・・好きなものクロニクル。
<< 村田エフェンディ滞土録/梨木香歩 | TOP | 夏枯れ肌レスキュー隊。 >>
借りぐらしのアリエッティ
借りぐらしのアリエッティ

メアリー・ノートンのファンタジー小説「床下の小人たち」を基に、古い家の台所の下に暮らす小人一家の物語が展開するジブリ・アニメ。企画は『崖の上のポニョ』の宮崎駿が担当し、『千と千尋の神隠し』『ハウルの動く城』といったジブリ作品にかかわってきた米林宏昌が監督を務める。舞台を1950年代のイギリスから現代の日本に移した設定と、人間の少年との出会いによって翻弄(ほんろう)される小人の少女アリエッティの運命の行方に注目だ。(シネマトゥデイ

監督:米林宏昌
企画:宮崎駿
原作:メアリー・ノートン「床下の小人たち」
主題歌:セシル・コルベル
声の出演:志田未来、神木隆之介、三浦友和、大竹しのぶ、竹下景子、樹木希林

オフィシャル
 http://www.karigurashi.jp/index.html
借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展(〜10月3日まで)
 http://www.ntv.co.jp/karigurashi/
今最も注目される映画美術監督・種田陽平が、東京都現代美術館の1,200屬鯆兇┐訶玄┝爾法惻擇蠅阿蕕靴離▲螢┘奪謄』の巨大なセットを創ります。


(観たのは7月公開直後で....今さらではありますが。)

魔法を使わないファンタジー。

子どもの頃空想していた世界が甦り、心が踊ります。夫が「アリエッティ、可愛いー。」と一歩間違えばアブナイ発言をしていたけれど、アリエッティは表情が細やかで、本当に魅力的。これってすごく重要なポイントだと思います。米林監督の今後の作品が楽しみ。

パンフに梨木香歩さんのエッセイ「小さな人たちのいる場所」が掲載されており、深く瑞々しい文章によってアリエッティの息遣いが聞こえてくるようでした。パンフ、買って良かった。

翔君の行動や言動に「?」と思うところがあるけれど、12歳の少年という設定ゆえ、時に残酷なのも仕方がないかなぁ、と。

さて。滅びゆくのは、小人か。人間か。







メアリー ノートン
岩波書店
¥ 714
(2000-09)
コメント:1952年にイギリスで出版された児童文学「床下の小人たち」は、スタジオジブリ「借りぐらしのアリエッティ」の原作。カーネギー賞を受賞。












| シネマ(日本・アジア) | permalink | comments(10) | | pagetop↑ |
コメント
小学校の頃、佐藤さとるさんの「だれも知らない小さな国」が大好きすぎて、本当に「ちいさな人」は居ると信じてました。
アニメ系の映画、ほとんど観ないし、ジブリもナウシカとラピュタでお腹いっぱいなんだけど、観てみようかなあ。

あ、アリエッティのバッグ、Aigleがコラボコラボして販売されてるよねー。
http://shop.yamatointr.co.jp/aigle/app/catalog/list/init?searchShopCode=7531&searchCampaignCode=100701_ari
2010/09/20 15:01 by りぐ
▼りぐさん
>佐藤さとるさんの「だれも知らない小さな国」が大好きすぎて
あ!懐かしい!私も読みました!

うんうん、私もなんとなく信じてた。
精巧にできた外国製のミニチュア家具を近所のお姉さんから譲ってもらって
それがすごく好きで、いろいろと想像を膨らませていたの。
アリエッティを見ているとその頃の感覚が蘇ってワクワクしたよ。

AIGLEのコラボバッグ、知らなかった!
可愛い〜。
アリエッティのバッグ、可愛いなぁと思っていたのよ。

>ジブリもナウシカとラピュタでお腹いっぱい
そうなんだ。
グラントのお子さんにトトロのぬいぐるみをプレゼントしていたよね?
だからりぐさんはジブリが好きなのかと思ってた〜。
2010/09/21 09:41 by Nao
私、本当にコロボックルシリーズが大好きで、小学生の頃、佐藤さとるさんに何度も手紙を書いてたよ(笑)
(昔は本の巻末に著者の住所が記載されてた気がするんだけど。)

ジブリ、「トトロ」というキャラクターはとても大好きだけど、映画は普通かなあ。
(「まっくろくろすけ」「ネコバス」も良くできてるキャラクターだと思う)
ナウシカとラピュタはDVDでも欲しいけど、トトロは何度も観ようとは・・・。
純粋に宮崎駿さんが好きなのかも。
「未来少年コナン」とか「カリオストロの城」は大好き。
あ、「母を訪ねて三千里」も確か駿さんが絵を描いてたよね?

ちなみに、外国人に何かをプレゼントする時って、やっぱり日本のアニメキャラが一番いいかなあと思ってて、「トトロ」「ガチャピン」「目玉おやじ」「どーもくん」あたりをいつも物色してるの(笑)
熊本の画家さんで葉祥明さんっているんだけど、葉祥明さんの絵本のキャラで「ジェイク」ってわんこが居て、身近な外国人で帰国するときとかは、ジェイクの絵はがきとかぬいぐるみとか絵本とかをあげてるよ〜。
http://www.yohshomei.com/
妹がジェイク大好きなんで、妹夫婦が家を新築したときに、ジェイクの絵(版画)をプレゼントしたよ♪
2010/09/21 15:22 by りぐ
Naoさん お久しぶりです!!
アリエッティ私も観てきました!
ジブリアニメを映画館で観るのは初めてでしたが、かなり楽しめますよね。
ラストのやかんの引越しの場面では感情移入してしまい不覚にもちょい涙(トホホ)

その翌週くらいに誘われて現代美術館にも行ったのですが、これが大正解でした。
アリエッティの世界がリアルに再現されているのも楽しかったのですが、後半の種田陽平監督のいままでの美術監督作品を、写真と絵で紹介した展示が素晴らしかったです。
美術監督という仕事は奥が深いんですね。
ハードそうだけど楽しそうだなあとここでも感情移入(笑)
遠くまで出掛けていった甲斐がありました。
髪をクリップで留めて、お手製の赤い洋服に、腰には巨大待ち針の小さな女の子がいたり・・・・
隣で観ていた関西のおばちゃん風な方に
「これ無かったら意味無いよ!聞いてみ!」(イントネーションに注意!)と滑車で降りてくる壁の部屋で、ヘッドホンを差し出されたり・・・とトピックもありつつ(おかげで受付に引き返して音声ガイドを手にいれました)
種田陽平監督自身が後半解説をされていたりして、これからアリエッティ展を鑑賞される方には、是非音声ガイド付きで楽しまれるのがよいかと思う次第です。(笑)
Naoさん ドールハウス持っていらしたのですね。ああいうものっていくつになっても憧れるところってありますよね。
2010/09/21 20:06 by Aoちゃん
▼りぐさん
私は今でも、「小さな人」が本当に存在するかもしれない.....ってちょっとだけ思ってるよ(笑)。

でもりぐさんが佐藤さとるさんにファンレターまで送っていたとはっ!
好きなアーティストへメッセージをしっかり発信するのって
子どもの頃からの筋金入りだったのね〜

>(昔は本の巻末に著者の住所が記載されてた気がするんだけど。)
そうかもしれないね。今じゃ考えられないけど
昔はタレント名鑑に自宅住所が記載されていたそうだし。(怖っ。)
考えてみたら、私はファンレターって一度も出したことがない。。
子どもの頃から冷めたヤツだったのかも(笑)。

>あ、「母を訪ねて三千里」も確か駿さんが絵を描いてたよね?
確かそう。
昔のアニメは泣けたねぇ。。

そうそう、KYTEのニックもジブリの大ファンで
プライベートで来日した時、ジブリ美術館へ行っていました。
http://rallyeknz.exblog.jp/10458489/

>やっぱり日本のアニメキャラが一番いいかなあと思ってて、「トトロ」「ガチャピン」「目玉おやじ」「どーもくん」あたり
ゲゲゲの鬼太郎も海外でメジャーなの???

葉祥明さんは熊本出身なんだ。
実は、葉祥明さんって出身大学が同じで(美大ではない。)
校友会便りとかでインタビュー記事を目にする機会がけっこうあるの。
でもあのワンちゃんが「ジェイク」という名前とは知らなかった。。
2010/09/23 00:10 by Nao
▼Aoちゃん
お久しぶりです!
>ラストのやかんの引越しの場面では感情移入してしまい不覚にもちょい涙(トホホ)
私は最後、アリエッティが翔君の指に触れるシーンでちょい涙。。
いいんです、アニメで泣いても(笑)。

借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展、行かれたのですね。
いいなぁ。
昨日今日と東京だったので、本当は行きたかったのだけれど
ちょっと不便なところにあるから時間的に無理で、諦めました。
でも!
Aoちゃんのレポを読んだら、ぐわーーーっ
やっぱり無理してでも行けば良かった(号泣)
10月3日までですよねぇ。くぅ。

ぷぷ。大阪のおばちゃん、笑えます。
私も最近、美術館では音声ガイドを借りるようにしています。
鑑賞の濃度が全然違いますよね。

あ゛ー。やっぱり行けば良かったな、アリエッティ×種田陽平展(号泣)
行ったコから「すごく良かった。」とは聞いていたけれど
Aoちゃんの解説のほうが断然宣伝効果大です。

ドールハウスの家は持っていなかったのだけれど
アールデコ調のカーブの美しいチェストや、椅子、テーブル、ソファなどを
持って*いました*
過去形なのは、しまいこんで、どこにあるのか分からなくなってしまって.....
ん?床下の小人が持っていってしまったのかな?
なんちて。
2010/09/23 00:11 by Nao
私も、「小さな人」は居てもおかしくないと思ってる(笑)
自分に姿を見せてくれる気はしないけど・・・。

佐藤さとるさんの世界に憧れて、小学校のころ自分でもお話を書いてたんだよ、私。
便せんで多分30枚以上あったはず。
ちょっとした短編にはなるかな?(笑)
友だちと文通形式で書いてたので、私が書いたのはその友だちが全部持ってるので、今はもうないかもねー。
小学校4年生とか5年生くらいだったんだけど、どんな内容だったかすら全く思い出せません(笑)

ジブリ美術館は行ってみたいなあ!
楽しそう♪
鬼太郎は海外でメジャーではないかもしれないけど、日本ではメジャーだということで(笑)
阿蘇に、葉祥明美術館があるんだけど、一回も行ったことなくて。
近々行ってみよう。
(星野富弘美術館も芦北町というところにあるのに行ったことがない!これも行かなければ。)
2010/09/23 10:17 by りぐ
▼りぐさん
>私も、「小さな人」は居てもおかしくないと思ってる(笑)
うふふ。そんな気がするよね(笑)。

>便せんで多分30枚以上あったはず。
それはすごい!
小学生でそんな長文が書けるなんて、才能あったんじゃない?
保存していたら良かったのにね。惜しい。

そういえば私も友だちと交換日記を書いたり、手紙を交換したりしていたなぁ。
毎日学校で会って、帰りも一緒で、帰ってからも電話して
それでも話し足りなくて。
何をそんなに話していたんだろ?(笑)

ジブリ美術館は私も行ってみたいけれど
予約しないとだし、なかなか.....
「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」も行きたかったなぁ。

3年前に久しぶりに長崎(母の実家)へ母と二人行ったけれど.....
九州をゆっくり旅してみたくなったよ。
2010/09/24 20:37 by Nao
是非是非九州へまた遊びに来てー!
そのときには熊本にも是非。
案内します♪
大分だけど、トトロのバス停そっっっくりな場所も案内するよ(笑)
(誰が作ったかわからないけど、ねこバスもいる。)
2010/09/24 23:37 by りぐ
▼りぐさん
お返事遅くなってごめんね。
熊本は子どもの頃行ったことがあるんだけど(阿蘇と熊本城)
ほんと、ゆっくり旅行してみたいな。

>案内します♪
りぐさんは穴場をいっぱい知っていそうだものね!
この前りぐさんが写真に撮っていた海辺も良いよね〜

>大分だけど、トトロのバス停そっっっくりな場所も案内するよ(笑)
あ、なんか聞いたことがある。
あのバス停のシーン、私、大好きなの(笑)。
2010/09/26 21:50 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

Search this site