・・・好きなものクロニクル。
<< まこちゃんの「ごぶさた展」@渋谷パルコPart1 | TOP | カールのインストアライヴ決定!! >>
BECK
BECK

監督:堤 幸彦
原作:ハロルド作石
出演:水嶋ヒロ、佐藤健、桐谷健太、中村蒼、向井理、他

1999年から2008年まで「月刊少年マガジン」で連載された、ハロルド作石による人気音楽マンガを、『20世紀少年』3部作などの堤幸彦監督が映像化した音楽青春ストーリー。仲間たちとバンドを組み、メジャーデビューを目指して奮闘する高校生たちが、さまざまな試練を乗り越えていく姿を描く。水嶋ヒロを筆頭に、佐藤健、桐谷健太、中村蒼、向井理ら若手キャストが集結。徹底的にこだわった楽曲の数々がうなるライブシーンは必見。(シネマトゥデイ


昨年「竜介=水嶋ヒロを主役に『BECK』実写化」と聞いて、「ふ〜ん。勝手にどうぞって感じ?どうせ私は見ないから。」と宣言したものの。

今年の春予告篇を見て、前言を撤回。





オフィシャル
 http://www.beck-movie.jp/


評価:
ハロルド 作石
講談社
¥ 530
(2000-02-15)





コミックを読んでいない夫も「ストーリー展開が早いけれど、面白かったね!」と目をキラキラさせていました。

BECK1〜10巻をきっちり2時間に収めて、BECKの5人のキャスティングがドンピシャ。これだけでもう大成功でしょ。コユキ(佐藤健)が歌っているシーンなんて完全に漫画のコユキとシンクロしていました。

特筆すべきは千葉ちゃんの桐谷健太。吹き替えなしで(趣味で以前からラップをやっていたらしい。)千葉ちゃんそのもの!千葉ちゃんは本当に実在していたのね、なーんてね。

ただ、原作が連載されていた頃と今とでは音楽シーンが様変わりしまい、ビジュアル系バンドがロックフェスで1万5千人も集客するという展開には無理があるし、ライヴシーンのステージ側は圧巻だったのに、客席側が.....。

オーディエンス(エキストラ)の演出が少々不自然で、惜しい。残念。(その点「デトロイト・メタル・シティ」のエキストラは素晴らしい。)

昨年のフジロック終了後、セットをそのまま借りてロケ。それなら実際のフジロックの映像を少しでも挟み込めるようなんとか交渉できなかったものか.....

でもね、それらを差し引いても、私は大満足でした。

コミックを読んでいる者にとっては納得の、コユキの歌を「あのような形」にしたのは、原作者ハロルド作石氏からの要望だったのですね。

オープニングがレッチリの「Around the World」、エンディングはオアシスの「Don't Look Back in Anger」。

必死に頑張る男子って、カッコイイです。




ちなみに我が家のサクの名前は、BECKの桜井君(サクちゃん)から貰っています。

・・・サクは、メスです。

名前をつけた時はまだ保護前で性別判定不能だったからねぇ。「サク=咲く」ということで誤魔化しております。( 「BECK」と「コユキ」は里親さんに引き取られ、今でも元気とのこと。)



サク

実物のサクはもっと可愛い(?)のに、カメラを向けるといつも目付きがおかしなことになってしまいます。(TVに小沢さんがぁ)



追記(9月19日)
ロック動画コレクション」さんにTB返し。


JUGEMテーマ:話題の映画
| シネマ(日本・アジア) | permalink | comments(6) | | pagetop↑ |
コメント
私、コミックは読んでないけど観に行こうと思ってます。
が、
コミック読んでた友達が「期待しすぎたせいか、がっかり。」って感想を言ってて・・・。
詳しくは聞いてないんだけどー。
ま、私は全く先入観ないので楽しめるんじゃないかとおもってますが。
2010/09/10 11:50 by りぐ
▼りぐさん
コミック、面白いよ。
映画化されたストーリーのその後がまた面白いの。
自分たちで車を運転してUSツアーしたり
ラフトレのトラヴィス氏をモデルにした人が登場したり.....
有名ジャケットのパロディも必見。

>コミック読んでた友達が「期待しすぎたせいか、がっかり。」って
そっかー。
私は期待していなかった分楽しめたのかな。
5人がカッコイイからそれだけでも満足(笑)。

ただね、ライヴのオーディエンスがリアリティに欠けてガッカリ。
苗場でロケするなら、フジ開催中に撮影できなかったのかなぁと思ったよ。
2010/09/11 11:24 by Nao
コミック大ファンなんで、そろそろ観に行こうかと思ってます。でもやっぱコミック好きな人の評判はいまいちなかんじがしますね。どうなんでしょうか、期待しすぎない程度に期待してます。
2010/09/18 23:08 by cosmoster
観ましたよ〜、BECK。
いい意味で裏切られました。
最初の方はなんだかバラバラしてて集中できなかったのですが、急に物語として纏まっていったあとに、あのライブシーン。
桐谷さんはすごいですね、まんま千葉だし。ゲゲゲの向井さんも平君。
獅堂の蘭は絵的にはまってただけにもうちょっと尖がってほしかったのは贅沢?
2010/09/19 01:20 by ぴら
▼cosmosterさん
>でもやっぱコミック好きな人の評判はいまいちなかんじがしますね。
そんな感じですね。。
でも私(コミック大ファン。途中からファンになったので大人買いしましたもん。)は大満足でしたよ〜。
(オーディエンスにリアリティがなかったのは残念ですが。)
10巻分を2時間にうまく収めていると思います。
「みんな文句言わずに応援して、USツアー篇や、UK篇も制作してもらいましょうよ!」
と言いたいです(笑)。

>期待しすぎない程度に期待してます。
うふふ。そんな感じでご覧になってください♪

(小声で:cosmosterさん、フジ終了後セットをそのまま利用したのは今年ではなく、昨年、2009年ですよ。)
2010/09/19 22:55 by Nao
▼ぴらさん
そういえば、ぴらさん(&WOLFGANGさん)の勧めで私はBECKを読み始めたような気がしますが。。

>桐谷さんはすごいですね、まんま千葉だし。ゲゲゲの向井さんも平君。
ほんとに。キャスティングのセンスがすごいですよね。
向井君が映画の封切り時にゲゲゲで大ブレイクだなんて、予想外?
私はBECKのメンバーの中で平君が好みのタイプなので、向井君で嬉しいです(笑)。
(ダンナは残念ながら、どちらかと言えば千葉ちゃんタイプ;;)
向井君は、DVDでフリー(レッチリ)のベースを見て練習したそうですね。
(中村獅童は、確かに中村獅童に見えてしまいました。)

ぴらさんは昨年もフジへ行かれたのですよね?
本物のフジロッカーにエキストラとして参加して欲しかったなぁ。
2010/09/19 22:57 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/910980
トラックバック
2010/09/18 23:11
最近巷を騒がしてやまない9月4日公開の映画『BECK』。1500万部を超えるハロルド作石の大人気バンドコミックの映画化、そして監督は『20世紀少年』の堤幸彦ということで、かくいう私も...
ロック動画コレクション

Search this site