・・・好きなものクロニクル。
<< 女子カメラ部/ふくちゃん篇2 | TOP | 「白洲正子の愛した近江。」を更新しました。 >>
ルーシー・リー展@新国立美術館
ルーシー・リー展

彼女の生き方そのもののようにシンプルで高潔、
大胆で優雅なフォルムの器だち。
20世紀を代表する陶芸家ルーシー・リーの
没後初の本格的回顧展。


ルーシー・リー展へ行ってきました。(オルセー美術館展へは夫と一緒に行く予定なので今回は一人で。)


ルーシー・リー展






ウィーンの裕福なユダヤ人家庭(父親は開業医)に育ったルーシー・リーは、1938年夫と共にロンドンへ亡命。(ロンドンを選んだのは、日本と縁の深い陶芸家バーナード・リーチの存在があったからだそう。)離婚後も彼女は一人ロンドンに工房を構え、生活のためにボタンを製作しながら、作品を作り続けたのです。

ルーシー・リーの作る器は彼女そのもの。静謐で、可愛らしく、繊細ながらも秘めた力強さがあります。

まるでスカートの裾が風になびくかのような揺らぎも、不思議にバランスが取れていて美しく.....

研究を重ねて生まれた可愛らしいピンクの釉薬。

釉薬の調合のためにびっしりと書かれた化学記号、そしてデザイン画。ルーシー・リーの制作ノートはまるでレシピ帳のよう。

芸術性が高いのに、プロダクトとしても成立する彼女の作品の親しみやすさ。普段使いのイメージが湧いてくるのです。

残念ながら製造されることはなかった、WEDGWOOD社から依頼されたプロトタイプもステキでした。

↓このジャスパーウェアのブルーと白の粘土で、シンプルなカップ&ソーサーをデザインしています。

ジャスパー


会場内で上映されているルーシー・リー80歳の時のインタビュー映像にも感動しました。白いセーターにエプロンを重ね釉薬を調合している姿はまるで料理をしているようで、轆轤(ろくろ)を回し、かき落とし製法を施し、焼き窯から作品を取り出した時の嬉しそうな顔!!こんな風に上品で、可愛らしく、好奇心旺盛な、おばあさんになりたいなぁ.....

東京は明日まで。その後巡回しますので、機会があればぜひ。

益子陶芸美術館 8月7日〜9月26日
MOA美術館 10月9日〜12月1日
大阪市立東洋陶磁美術館 12月11日〜2011年2月13日
パラミタミュージアム 2月26日〜4月17日
山口県立萩美術館・浦上記念館 4月29日〜6月26日


ルーシー・リー展
 http://www.lucie-rie.jp/


ルーシー・リー展





| アート・演劇 | permalink | comments(6) | | pagetop↑ |
コメント
名古屋には来ないようで、残念です。

私は、色彩に惹かれて、実際に観てみたいなと思いました。

でも、なんとかして行く予定です。
2010/06/20 20:33 by hisigata
私も先日、行ってきました。とってもいい展覧会でしたよね。

どの器も静かに美しい。50年前の作品ですら、けして古さを感じさせません。
インタビューもとても興味深く見ました。経済的には60過ぎまで苦労していたようですが、でもあれだけ夢中になれる対象に出会えて、いい人生だったろうなと思います。

写真集も素敵でしたが、今回はポスターのほうを買ってしまったんで、額装して飾りたいなって思ってます。
2010/06/20 22:47 by Toppo
▼hisigataさん
>名古屋には来ないようで、残念です。
そうですねぇ。
MOA美術館が一番近いでしょうか。。

>私は、色彩に惹かれて、実際に観てみたいなと思いました。
釉薬にもずいぶん工夫をしていたようです。

平日の午前中に行ったにも関わらず、大盛況で
みんな熱心に見入っていました。
期待以上だったので、ぜひ
hisigataさんにも見ていただきたいな。
2010/06/21 23:20 by Nao
▼TOPPO
とても良かったですね〜
80歳のルーシー・リーはとてもチャーミングで
良い人生を送ってきた証だと感じました。

>写真集も素敵でしたが、今回はポスターのほうを買ってしまったんで
そうそう、ルーシー・リー展のポスターが秀逸でした。
ポスターに惹かれて足を運んだ人も多いんじゃないかな。

ここで伝言するのもなんですが(笑)
今日「FLOWERS」のチケット送りました〜♪
なんかね、大貫さんには誰も口出しができず.....
映画として体をなしていないらしく評判は散々;;
(私もまだ見ていない。。)
ただ*瞬間的に*美しいシーンはけっこうあるらしいので(ぉぃ)
ヒマがあったらダーリンと見に行ってくださいまし。
(無理して行かなくて良いですからね;;)
2010/06/21 23:21 by Nao
待ってました!いいなああ〜。読んでるだけでウットリしちゃいました。早速、今日図書館で芸術新潮読んで来たんですが本当にルーシーは服の着こなしも佇まいもチャーミングで素敵ですよね。私もNaoさん同様、あんなおばあちゃん目指します(笑)ピンクの釉薬の器が本当に好きでたまらないので、絶対観に行きます!!!
>hisigataさん
横レスで失礼します。名古屋からだとパラミタ(三重県)結構近いですよー。私は知多半島在住ですがパラミタへ行きます!
2010/06/22 15:41 by carrion
▼carrionさん
行ってきましたよ〜。
期待以上でつい長居してしまい
危うく帰りの飛行機に乗り遅れるところでした(笑)。

>ルーシーは服の着こなしも佇まいもチャーミングで素敵ですよね。
白が似合っていて、ほーんとに素敵ですよね。
一緒にルーシーのようなおばあちゃんを目指しましょう(笑)。

インタビュー映像必見ですよ。
電気窯から作品を取り出す時が、これまた可愛いの!
(お楽しみに〜♪)

>名古屋からだとパラミタ(三重県)結構近いですよー。
そうなんですね!
hisigataさん、ぜひー。

パラミタで開催される頃は
carrionさんは「ママ」になっているのですよね?
そちらも楽しみですね♪
くれぐれもお体を大切に.....

2010/06/23 20:57 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/910914
トラックバック

Search this site