・・・好きなものクロニクル。
<< frankさんのアホ毛。 | TOP | サマソニ2010 第1弾アーティスト発表。 >>
BRAKES/TOUCHDOWN
評価:
ブレイクス
テイチクエンタテインメント
¥ 2,520
(2009-12-16)
コメント:BRAKESの3rdアルバム。メンバーはex British Sea Powerのイーモン・ハミルトン、Electric Soft Paradeのホワイト兄弟、The Tenderfootのマーク・ビーティ。オリジナルは2009年4月リリース。

日本盤にはボーナス・トラック15曲収録!「Don't Take Me To Space」(2バージョン)、「Hey Hey」のミュージック・ビデオ3曲を収録したエンハンスド仕様

プロデューサーはポール・サヴェージ(exザ・デルガドス)、モグワイのレコーディングでも知られるChem 19 Studiosにてレコーディング。


Brakes "Don't Take Me To Space (Man)"




Brakes
 http://www.myspace.com/brakesband

Electric Soft Parade
 http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/BV/ElectricSoftParade/index.html

The Tenderfoot
 http://www.myspace.com/thetenderfoot



シークレット・トラックになっている「First Dance」の制作には、ロマンティックなストーリーが。昨年9月に結婚したというイーモンが、奥さんと初めて一緒に踊る曲をどれにしようか迷った末に、「よし、自分で曲を書こう!」ということで出来上がったのがこの楽曲。イーモンの新妻は美しいこの曲を初めて聴いた際、涙したという。(Imperial Records


乱暴な男の子が照れくさそうに、両手いっぱいに花束を抱えて現れた、という感じ。

BRAKESの1stと2ndは、愛すべきBritish Sea Powerのイーモンのバンドだから.....と義理で買った感があるものの(とは言っても、2nd『The Beatific Visions』は06年にThe Sun紙が選ぶベストアルバム19位に選ばれています)、いやいやいやいや。このアルバム、私、相当好きです。

今までは「日本のロックンロールバンドにありがちなちょっと荒くれた音」の印象が強かったのに、ふわっと優しくなっているのです。(ボートラはその「荒くれた音」系。)カントリーフォーク調の長閑な曲あり、キラキラとポップな曲あり。

British Sea Powerで大太鼓を叩きながら盛り上げていた(暴れたいた?)イーモン。彼がBSPを脱退したのが残念で残念でならなかったけれど、BRAKESに専念するためなら仕方がないかな。そんな風にやっと納得できたような気がします。


Brakes 'Hey Hey' FatCat Records




サマソニにBRAKESを呼んでおくれ!

BRAKES


| CD/UK(イングランド) | permalink | comments(4) | | pagetop↑ |
コメント
なんかイーモンが普通にかっこいいんですけど(笑)
私も買わなきゃー。
2010/03/14 23:16 by りぐ
これ、other musicで昨年ゴリ推ししてて、迷わず輸入盤買ってしまいました・・・。
やっぱ日本盤買えばよかったー!
2010/03/15 01:43 by sunao
▼りぐさん
>なんかイーモンが普通にかっこいいんですけど(笑)
あははっ。確かに(笑)
コレ、お勧めです。
BSPと一緒にBRAKESが来日してくれたら最高なのに。
うっ。
万が一にも可能性があるとしたら・・・フジだよね;;

2010/03/15 22:16 by Nao
▼sunaoさん
sunaoさんは昨年早い時期に買われていたのね。

昨年の4〜6月は、ワタクシ音楽的に死んでおりましたので。
そうじゃなかったら、きっと輸入盤を買っていただろうな。

(最近、国内盤をリリースする基準が分からない。。)
2010/03/15 22:17 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/910823
トラックバック

Search this site