・・・好きなものクロニクル。
<< Es-tu heureux ? | TOP | Nme The Album 2009 >>
ニュームーン/トワイライト・サーガ THE TWILIGHT SAGA:NEW MOON
new moon

永遠に年を取らない美しきバンパイアと女子高生のラブ・ロマンスを描き、世界中で大ヒットを記録した『トワイライト〜初恋〜』の続編。『アメリカン・パイ』のクリス・ワイツに監督を交替し、前作をはるかにしのぐ壮大な物語へと発展する。主人公の二人は前作に続きクリステン・スチュワートとロバート・パティンソンが続投。バンパイア、エドワードとは敵対関係にあたる狼一族の少年にふんするテイラー・ロートナー、さらにはダコタ・ファニングも共演。切ない恋の行方と、バンパイアと新たな種族との闘いに注目だ。(シネマトゥデイ

監督:クリス・ワイツ
原作:ステファニー・メイヤー
脚本:メリッサ・ローゼンバーグ
出演:クリステン・スチュワート、ロバート・パティンソン、ダコタ・ファニング、マイケル・シーン、テイラー・ロートナー、他
米国/2009年





オフィシャル
 http://twilight.kadokawa-ent.jp/newmoon/




評価:
サントラ,ハリケーン・ベルズ,シー・ウルフ,オーケー・ゴー,グリズリー・ベア,エディターズ,アレクサンドル・デプラ,加藤ミリヤ,デス・キャブ・フォー・キューティー,バンド・オブ・スカルズ,トム・ヨーク
ワーナーミュージック・ジャパン
¥ 1,550
(2009-11-25)
コメント:『トワイライト〜初恋〜』の続編『ニュームーン/トワイライト・サーガ』のオリジナル・サウンドトラック盤。Death Cab for Cutie、Thom Yorke、The Killersが新曲を提供!





『トワイライト〜初恋〜』は観ていないけれど、まぁ話にはついていけるだろうと思い、『ニュームーン』を早速観てきました。サントラの曲がどんな風に使われているのか興味津々で。

きゃ〜TOPバッターはHurricane Bells!おーいEditorsはワンフレーズのみかっ!.....などとツッコミを入れながら、常に音楽を拾っていたためストーリーにはあまり集中できませんでしたが、ハマる人続出なのも納得なストーリーでした。切ない恋にハラハラドキドキ。

ファンタジー・ムービーは久々な私にとっては「ぬお〜っ」「ほぇ〜っ」なシーンが多かったものの、そんな「ほぇ〜っ」なシーンにThom Yorkeの曲がひたひたと重なると崇高な印象へと変わり.....(それが狙いなのでしょうね。)

しかし、ロバート・パティンソンのヴァンパイヤーはステキでございました。白塗りした肌や瞳の色だけでなく、歯の色調までこだわって、エドワードになりきっています。

『パニック・ルーム』でジョディ・フォスターの娘役だったクリステン・スチュワートは、キレイに成長しましたね。

またねぇ、良いところで終わるのですよ。次回作は来年公開だそう。はい、私も必ず観に行きます。(『トワイライト〜初恋〜』もDVDで観なければ。)Death Cab for CutieとThe Killersはエンドロールでたっぷり聴けました。

少女漫画の世界なので観客は圧倒的に女性が多いのかと思ったら、たまたまかもしれないけれど、なんと半数が単独の男性客で驚いた〜。男性ファンも多いのでしょうか?


New Moon [Soundtrack]
 http://blog.e-rose.her.jp/?eid=910737






| シネマ(洋画) | permalink | comments(8) | | pagetop↑ |
コメント
NAOさま

私も公開初日に高校生の娘と観てきました!
「Edwardに会いに行くからおしゃれしなくっちゃ!」と準備していたら、「Edwardにはお母さんは見えません!EdwardにはBellaしか見えません!!」と一喝されてしまいました!
「まあ、韓流スタ−にはまるよりtwilighterがましだけど、お母さんっておばさんなのに心は乙女なのよね!」と娘にあきれられてます!
でも、よかったでしょう!
2009/12/04 12:15 by koko
白いロバート・パティンソンくんがちょっと気にはなっていながら、
どうも乗りきれずスルーしていましたが、今、テイラー・ロートナーくん(?)が
*だーっと走ってきて狼になった*のを見たら、急に映画も観たくなりました。(ツボがちょっと変? CG狼でした?)
サントラも気になるしぃ。
2009/12/04 13:31 by jun
▼koko@twilighterさん
うふふ〜

>「Edwardに会いに行くからおしゃれしなくっちゃ!」と準備していたら、
kokoさん、可愛すぎ☆

エドワードの掴みどころのなさ、というか.....
心がどこにあるのか分からない時に胸がキュンとなりました♪

確かに原作を読みたくなりますね。私は翻訳本が良いけれど(笑)

kokoさんはもう最後まで読まれたのですよね?
ということは結末をご存知ということ?
ひゃー聞きたいけれど、言わないでください!(笑)

2009/12/04 22:16 by Nao
▼junさん
>白いロバート・パティンソンくん
うふん。白いロバート君は、素のロバート君よりカッコイイですよ(笑)

>*だーっと走ってきて狼になった*のを見たら、急に映画も観たくなりました。
わは。
junさんはハリポタがお好きなのですよね?
だったら絶対オススメ〜。
狼のCGすごかったです!
狼の戦闘シーンでトム・ヨークが流れて、ゾクゾクしましたよ。

原作者ステファニー・メイヤーは、MUSEを聴きながらこれを書いたのだとか.....
2009/12/04 22:17 by Nao
(ごめんなさい、私の書き方がまずかったです)
CGより本物の狼が出てるといいな〜って思ったんです。
って何が観たいんでしょうね私。(フサフサするものにちょっと弱いのです。笑)

...ハリポタ好きです(照)ダニエル君やルパート君、エマちゃんの成長を
母のように見守ってきました(笑)
トワイライトシリーズも観たらどっぷりはまりそうで怖い(笑)
2009/12/05 16:26 by jun
Naoさん、私も観ましたよ〜♪
実は密かにハマっているんです^^
お気に召したのなら、ぜーったいに「twilight 初恋」観るべきです!
こちらの方が映像も内容も繊細でロマンティックでロブ様の美しさにうっとりです。
サントラ魅力的ですね。購入検討中です。
でも、国内盤はボートラが‥(苦笑)

さて、いよいよBBCですね! 
既にドキドキしてます。楽しみ♪
私はアストロホールのみの参加ですので、BAの様子はNaoLOGで満喫させていただく予定です^^
2009/12/05 18:20 by shin
▼junさん
>CGより本物の狼が出てるといいな〜って思ったんです。
そうですよね、あの変身シーンにホンモノの狼を使っているはずがない;;

>(フサフサするものにちょっと弱いのです。笑)
CGだけど狼のフサフサ感、たっぷりでしたよ(笑)

>...ハリポタ好きです(照)
「秘密の部屋」(ペキンたちの居住区)のネーミングに反応されていましたよね(笑)

ハリポタにハマったのなら、きっとjunさんもTwilighterになる要素大かも〜
ほら、shinさんも隠れTwilighterだった!

そうそう、shinさんのところでjunさんったら
「BBCのジャックは年寄りじゃないのに声が震えている」みたいなことを
コメントされていたでしょう?・・・ウケました(笑)。



2009/12/05 23:08 by Nao
わはーん。
shinさんもTwilighterだったとは!

それがですねぇ
今日、WOWOWで「twilight 初恋」をやっていたんです!
お昼ご飯の後片付けをしようとして席を立つと、夫が変えたチャンネルから
MUSEが流れてきたので「ん?」とTVを見てみると
なんとエド様が!びっくりしましたよ。
すでに半分終わっていましたが、しっかり観ました!
(21日にリピート放送があるので録画して観ます。)

>こちらの方が映像も内容も繊細でロマンティックで
確かに「new moon」と監督さんが違うので作風が全然違いますね。

new moonのサントラの日本盤.....ボートラが流れるとビックリしますが(笑)
ライナーノーツにバンドの解説があるので、やはり日本盤のほうがオススメですよ。

今から次回作が楽しみ♪
ぁ。私もTwilighterになっちゃったかな?(笑)

BBC、いよいよですね!
明日はひと足先にキモかっこいい(笑)BBCジャック君をチェックしてきまーす。
2009/12/05 23:13 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/910746
トラックバック

Search this site