・・・好きなものクロニクル。
<< BECK(コミックス) | TOP | 榊原 大 >>
BRITISH SEA POWER/OPEN SEASON
Open Season
Open Season

老舗インディ・レーベル、ラフ・トレードのオーナー、ジェフ・トラヴィスがBRITISH SEA POWERのライヴを観て契約を即決し、03年6月にデビュー・アルバム『ディクライン・オブ・ブリティッシュ・シー・パワー』をリリース。

なんだかモンゴリアン・チョップ・スクワッド(BECK)みたいでしょう?(笑)そのTHE DECLINE of BRITISH SEA POWERから2年、待望の2ndがリリースされた。

rockin'onの付録CDに収録されているTrk-5 Please Stand Upが大好きなのでリリースが本当に待ち遠しかった。

今回のアルバムは前作のキテレツぶりが影をひそめ、あわあわ系とでも言おうか、ゆったりとした仕上がりになっている。相変わらず文学の香りはぷんぷんしているけれどね。

ライナーノーツが笑える。

ハミルトン(B&Vo)が時折発していた鳥のような奇声もなくなり、デビュー作の前半の曲たちに特に顕著だったパンクとのリンクもみつからない。むしろほとんどの曲が、フォーキーなたおやかさを描く。ゆえに「どの曲でイーモン(Key)は暴れ始めるの?」と、最初は思ってしまった人もいるだろう。

そう、彼らの魅力はなんといっても奇想天外なライヴパフォーマンス。私はクールブリタニア(ビデオ)でしか見たことがないけれど、2度の来日時にステージを見た人はみな彼らにすっかり魅せられ絶賛しているので、私もぜひ生で見てみたい!awrenさん情報によると"It Ended On An Oily Stage"のプロモーションビデオは笑いのツボ満載らしいので(笑)、今後もステージでは大いに暴れて私たちを楽しませてくれるはず・・・。

BECK(コッミックス)の中で(ごめんなさい、今私は完全にBECKにカブレています。)ミックスとマスタリングを担当したエンジニア氏の台詞。

バンドの初期にしか・・・いや
ファーストにしか存在しない
まっさらなパワー
必ずいつか失ってしまうし
二度と取り戻せないもんですわ

BSPの1stにもあったこの『まっさらなパワー』。2ndではやはり感じることはできなかったけれど、Trk-1 It Ended On An Oily Stage、Trk-2 Be Gone、Trk-5 Please Stand Upあたりがすごく好き。そして・・・何度かめにTrk-11 True Adventuresを聴いた時、突然*ぱーーーっ*とヤンとハミルトンの故郷、湖水地方の風景が私の目の前に広がって、鳥肌が立ってしまった。

やはり彼らは天才です。

公式サイト→


| CD/UK(イングランド) | permalink | comments(4) | | pagetop↑ |
コメント
BSPは今聞き込んでる最中です〜☆

PVはですねー(笑)
映像が次々と切り替わったりして
一度見ただけでは見逃してしまうかもなので、
録画してじっくりみることオススメします(笑)
特にライヴのシーンはスローモーションにてお楽しみ下さい(^_-)
2005/04/06 16:48 by awren
聞き込んで聞き込んで、BSPの世界にどわーっと
引きずり込まれてください(笑)。
awrenさんのレビュー楽しみにしています。

PV、見た見た。
あはは(汗)
ライヴシーンには思わず苦笑。
19世紀の詩人のようなリリックとのギャップがありすぎ〜。
一般受けしようという気はさらさらないわね(笑)。

BSPはアルバムがUKチャートの8位に入ったとか?
なかなか良いポジション♪
2005/04/06 22:14 by Nao
PV、見たのね(笑)
R指定?になりそうな映像や^^;
ライヴでの熊の被りモノや肩車は笑えるかと。
(私はナマでダブル肩車を目撃しとります…)
あの熊の中身はやっぱりイーモンかな??
日本でのライヴでも是非とも熊君にご登場願いたい(笑)
2005/04/10 18:27 by awren
いいよね〜。
awrenさんは生BSPを見ているんだもんね。
しかも小さなハコで・・・。
でもあの熊はちょっと怖い(笑)。
BSPは日本でもけっこう人気があるみたい?
彼らのライヴを見たいという声をよく耳にするよね。

BSPのニュースレターに

BSP album Open Season now sits with a current midweek position of number ten in the UK albums chart.

The situation is pretty intriguing. The sexy Kaiser Chiefs are breathing down our necks at number 11. Indeed, they are now only a tantalsing 98 sales behind BSP.

Kaiser Chiefsがセクシー?
本国でKaiser Chiefsはそういうポジションなのかしら。
私たちは笑いのツボを刺激されているのに(笑)
2005/04/11 17:23 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/89613
トラックバック
2005/04/10 18:09
"Open Season" / British Sea Power 一昨年のDELAYSとのジョイントライヴでの 強烈なパフォーマンスにかなりの衝撃を受けて以来。 すっかり彼らに魅せられてしまった私(笑) ロキッキング・オン4月号の付録CDに収録されてた 「Please Stand Up」や。 「It Ende
fullfathomfive
2005/04/08 19:48
春到来! はー!もう素晴らしすぎます。 ポップでロマンティックでキャッチーなステキすぎるメロディーは言うまでもなく、後ろで鳴っているいろいろな音もなんて素敵なんだろう。 歌詞がねまたすっごい良いのよ! ラーセンBなんてウルッとキチャッタヨ・・・。
BLOG
2005/04/06 02:11
ブリティッシュ・シー・パワーの新作。 前回書いていないので、いや前回から今までにも何度となく聴く度に感じたので このエントリの初めにまず書いてしまおう。 前作「The Decline Of British Sea Power」のシングル曲である「Fear Of Drawning」は、 私
No Need To Argue

Search this site