・・・好きなものクロニクル。
<< Sonic Youth/The Eternal | TOP | 猫クロニクル/近況 >>
BEN FOLDS/BEN FOLDS FILE
ベン・フォールズ・ファイル コンプリート・ベスト・オブ・ベン・フォールズ・ファイヴ&ベン・フォールズ(初回生産限定盤)(DVD付)
ベン・フォールズ・ファイル コンプリート・ベスト・オブ・ベン・フォールズ・ファイヴ&ベン・フォールズ(初回生産限定盤)(DVD付)
ベン・フォールズ,ベン・フォールズ・ファイヴ,アンジェラ・アキ
2009年2月
日本独自企画盤
アンジェラ・アキと共作共演した新曲「BLACK GLASSES」収録
BEN FOLDS FIVE、ソロ、THE BENSと15年の活動を網羅した初ベスト!
活動15周年を記念した初のベスト・アルバム。ベン・フォールズ・ファイヴ時代はもちろんのこと、ソロ作品、プレミア化したEP3部作、超貴重なプロジェクト"ザ・ベンズ"の音源など、ベン・フォールズの全てを完全網羅!


懐かしい〜。一部でじわじわ話題になり始めた頃、当時の音楽ブレイン2人から別々に勧められ、本当によく聴いたBen Folds Fiveの1st(1995年)。その後月9「ロングバケーション」(1996年/木村拓哉・山口智子主演)の中で、松たか子がBen Folds Fiveのギグへ行くといった設定で「Philosophy」が挿入歌として流れ、ちょっと誇らしい気分だったのも、懐かしい思い出です。


Ben Folds Five - "Philosophy" Session at West 54th



しかし本当に大好きだったのに、2ndでは「金返せ」だなんてふざけた日本語の歌詞で歌っていて、イメージがガラガラと音をたてて崩れ落ち.....ワタクシ、そこで一旦ファンを離脱いたしました。その「Song For The Dumped」日本語版もボートラとしてしっかり収録されております。今聴くと笑えるし、そんなファンをやめるほどのことなんて全然ないのですが、まぁ私も若かったのですね。

その後Ben Folds Fiveは解散、ファンをやめてから4年.....今度はソロとしてリリースされたアルバムが素晴らしくて、私の中でBen Foldsブーム再燃.....



Ben Folds - Annie Waits

※このPVの男の人はBenではありません(笑)。

そんな事を思い出しながら、ナノムゲンでBenに会えるのを楽しみにしています。アンジェラ・アキとの共作「黒めがね」もなかなか良い曲です。
1993年にアメリカはノース・キャロライナ州の学園都市チャペル・ヒルで結成されたピアノ/ベース/ドラムのギターレス・トリオ、ベン・フォールズ・ファイヴ(以下BF5)のメンバーとして、95年にヴァージン・レコードよりデビュー・アルバム『Ben Folds Five』をリリース。ギター・ロック全盛期に誕生したギターレスの、しかもパンキッシュなピアノをメインにした異色の“ピアノ・ロックンロール”は熱狂的なファンを生み、ラフなミックスと躍動する“火の玉”風連弾ピアノ、フックのある通好みのポップ・メロディを信条とするBF5は、「ニルヴァーナ meets ビリー・ジョエル」 「クイーンmeets ジョー・ジャクソン」などと評され、全米のプレスで大絶賛される。日本でも外資系レコード店から口コミで火が点き、アメリカを上回る大ヒットを記録。96 年の初来日公演(追加2公演を含む全7公演)は瞬時にソールド・アウト。果てはあのフジテレビの大人気ドラマ「ロング・バケーション」で大々的にフィーチャーされ、最終的には日本だけで30万枚以上の大ヒットを記録した。(Sony Music


オフィシャル
 http://www.benfolds.com/
MySpace
 http://jp.myspace.com/benfolds
レーベルサイト
 http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/ES/BenFolds/


Ben Folds Five
Ben Folds Five
Ben Folds Five
1995年8月


Rockin' the Suburbs
Rockin' the Suburbs
Ben Folds
2001年9月



| CD/US・CAN | permalink | comments(2) | | pagetop↑ |
コメント
いやあ、やっぱこのアルバムの目玉は「HIROSHIMA」でしょう。
試聴途中であまりにおかしすぎて試聴やめて速攻レジへ(笑)
何度も言ってる気がしますが、ベンちゃんが「ステージから真っ逆さま」を目の前で見たからねえ、私。
FIVE時代はアルバム出すたびに「う〜ん」度が増して行ったけど、ソロの1stで見事またハートを射抜かれちゃいました。
何度離婚してても、キューピーちゃんでも、私はベンちゃんが大好きです。
ナノムゲンもだけど、単独も楽しみ!
2009/07/16 12:43 by りぐ
▼りぐさん
>いやあ、やっぱこのアルバムの目玉は「HIROSHIMA」でしょう。
だからさ、私はふざけた日本語の歌詞がトラウマなんだってば。
でも「ステージから真っ逆さま」を目の当たりにしたりぐさんにとって思い出の歌よね(笑)。
それにしても「HIROSHIMA」というタイトルから反戦歌と勘違いする人もいるのでは;;

>ソロの1stで見事またハートを射抜かれちゃいました。
そうなの。ソロ1stが出た時はあまりに良すぎてびっくりしちゃった。
しっかし"Philosophy" Session at West 54thの映像は別人だねぇ。。。

>ナノムゲンもだけど、単独も楽しみ!
そういえばタヒチもサマソニの前に単独やるのね!
2009/07/16 22:37 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/878421
トラックバック

Search this site