・・・好きなものクロニクル。
<< 秘密の部屋 | TOP | カネボウ コラーゲン ディープイン >>
Trashcan Sinatras/In The Music
イン・ザ・ミュージック
イン・ザ・ミュージック
トラッシュキャン・シナトラズ,カーリー・サイモン
2009年4月
美しい旋律と、儚くも普遍的な"うた"にのせて彼らが帰ってきた。スコティッシュ・バンドの伝説トラッシュキャン・シナトラズ、約4年半ぶりの5thアルバム、完成。(帯より)

"There are songs of love....."

先行シングル#8「Oranges And Apples」は、アーティストからアーティストへのラヴソング。故Syd Barrett(シド・バレット)の人生と作品に啓発されて書いた曲だそうです。全てNYでライヴ録音、プロデューサーはアンディ・チェイス。トラキャンによるセルフ・ライナーノーツ付き。


Trashcan Sinatras - Oranges and Apples



昔も、今も、これからも、変わらずずっと好きでいられる音楽。

トラキャンはフジロック組です。(いいなぁ。でもサマソニというイメージではないですよね。)

MySpace
 http://www.myspace.com/thetrashcansinatras
オフィシャル
 http://www.trashcansinatras.com/index.php




Trashcan Sinatras

80年代スコットランドのキルマーノックにて結成。
デビュー後まもなく90年にファースト・アルバム『Cake』とそこに収められていた1stシングル「オブスキュリティー・ノックス」が大きな話題を呼ぶ。躍動感溢れるバンド・サウンドとメロディーの純粋さが魅力で、アメリカでは10万枚以上のセールスを記録した。その後自分達のスタジオ“シャビー・ロード・スタジオ”録音で93年セカンド・アルバム『アイヴ・シーン・エヴリシング』、96年サード・アルバム『ア・ハッピー・ポケット』を続けてリリースする。その後所属レーベルの解体など苦難の道を乗り越え2004年通算4作目となる『ウェイト・リフティング』を発表。約8年ぶりとなったこの作品は、1stアルバムにも似た瑞々しさと躍動感に溢れた名盤として話題となり、見事復活を果たした。 2006年にはLive盤『fez』を発表、同年フジロック・フェスティヴァルに初参戦する。2009年約4年半ぶりとなる待望の新作『イン・ザ・ミュージック』を発表した。(SMASH


アルバムのテーマは、LOVE。


Trashcan Sinatras

サンプル盤をいただきましたが、Trashcan Sinatrasは業界内やバイヤーさんに大人気で、サンプル盤はすぐになくなってしまったとか.....Thanks!



| CD/UK(スコットランド・北アイルランド) | permalink | comments(6) | | pagetop↑ |
コメント
メロディラインがすごく綺麗ですよね。

このアルバムが初めてですけど、過去の作品も聴きたくなりました。
サンプル盤はどうやって手に入れたのですか?
2009/07/06 23:40 by hisigata
▼hisigataさん
こんばんは。
トラキャンやTravisや...スコットランドにはメロディの美しいバンドが多いですよね。

>このアルバムが初めてですけど、過去の作品も聴きたくなりました。
1stはやはり名盤だと思いますよ。

私はコネクションをいくつか持っているのでサンプル盤を入手することができますが
本当に気に入ったものだけ、記事にするようにしています。
2009/07/07 22:39 by Nao
トラキャン!!!

>トラキャンはフジロック組です。(いいなぁ。でもサマソニというイメージではないですよね。)
確かにサマソニって感じしませんね〜。
大自然(行った事ないのでイメージ)で聴きたいです。是非。

早くデラックス盤届かないかなぁ〜と日々待ちわびています(*^^*)
2009/07/12 08:11 by らら
▼ららさん
トラキャンを「ずっと変わらず好き」なぁんて書いたけれど
実際は、1stの後私はトラキャンを奥深くしまいこんでいたワタクシ;;
ららさんにトラキャンの良さを思い出させてもらったような・・・。
ありがとう!

>大自然(行った事ないのでイメージ)で聴きたいです。是非。
ららさんは、フジが似合ってる気がしますよ〜
関西からはちょっと遠いけれど、いつか是非。

>早くデラックス盤届かないかなぁ〜と日々待ちわびています(*^^*)
本国ではまだリリースされていないんですよね。。
2009/07/13 22:56 by Nao
Naoさん!
今日届きました、デラックス盤!
今一人かなりテンション上がっています(笑)。

フジ・・・もっと近ければと毎年思っています(苦笑)。
いつか必ず行きます!その時はよろしくお願いしますね♪

トラキャンは時代が関係なく、いつでも聴けるそんな気がします。
私も最近、思い出したようにB面集引っ張り出して聴いています。
2009/07/15 00:32 by らら
▼ららさん
>今日届きました、デラックス盤!
わ〜届きましたか!
スコットランドから?いいなぁ。
一時ネットから完全に離れていたのでデラックス盤の存在すら知らなかった私...しくしく

>フジ・・・もっと近ければと毎年思っています(苦笑)。
東京まわりで大阪から越後湯沢まで4時間で行けるから
行こうと思えば行けますよー。今のうちよー(笑)。
ららさんは絶対、普通の人以上にフジを楽しめると思うな。
マニアックぅな仲間で行ったら楽しいでしょうね〜。
モカさんとか(笑)

>トラキャンは時代が関係なく、いつでも聴けるそんな気がします。
本当にそうですね。
時代に流されない、本質的な魅力を持った音楽だと思います。
フジで生で聴ける方たち、幸せですね〜
2009/07/15 22:34 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/869880
トラックバック

Search this site