・・・好きなものクロニクル。
<< 今日は「虫の日」 | TOP | リプトン・リモーネ PIERRE MARCOLINIアクセサリー・コレクション >>
Manic Street Preachers/JOURNAL FOR PLAGUE LOVERS
NME

リリース時、私はNMEを買いに走れるような状況下ではなかったので、ただ今バックナンバーを取り寄せ中。

このアルバム、オリコン・アルバム総合チャートにランクインそうですね!この洋楽不振なご時勢にすごい。しかもリイシューされたTHE HOLY BIBLEまで。


JOURNAL FOR PLAGUE LOVERS/ジャーナル・フォー・プレイグ・ラヴァーズ
JOURNAL FOR PLAGUE LOVERS/ジャーナル・フォー・プレイグ・ラヴァーズ
マニック・ストリート・プリーチャーズ
2009年5月

ウェールズ出身、マニック・ストリート・プリーチャーズ通算9枚目のアルバムだが...
謎の失踪から約15年、いまも消息不明のリッチーが残した散文を引用した作品。3rd(94年発表)以来、15年ぶりに4人で制作した新作。




というコンセプトなので、楽しみではあるものの少々重たい気分でリリースを待っていたのだけれど、スタートボタンを押して流れてくる音は全く予想外。若々して、アグレッシブで、ピュア。ずんずん心に響いてきます。しかし、歌詞カードを読むとちょっと固まってしまいました。27歳のリッチーがこんな散文を残していたことに改めて驚くし、この散文に美しくてロックなメロディをつけてのびやかに歌い上げるマニックスに感服。


Manics- Jackie Collins Existential Question Time



3曲目のMe And Stephen Hawkingの冒頭、日本語で「ラジオをつけてください」って.....?なんだかドキッとしますよね。(日本からも愛を送り続けないと。)

MySpace
 http://www.myspace.com/manics
オフィシャル
 http://www.manicstreetpreachers.com/
スペシャルサイト
 http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Special/msp/

アジカン主催NANO-MUGENへの出演が決定しています。(7月19日、20日両日)

NANO-MUGEN
 http://www.nano-mugenfes.com/


過去のアルバムを紙ジャケでリイシューして、全てのアルバムを購入するとTシャツをプレゼント、なんて企画をやっているようですが、そんなのあまり嬉しくないですよねぇ。それより、全てのアルバムを購入すれば、単独ライヴのバックステージご招待の応募権利が得られるなんて企画の方が、どれだけ魅力的か。CD、ますます売れると思うな。(ナノムゲンではJOURNAL FOR PLAGUE LOVERSの曲は聴けないかもしれない...)

裁判所がリッチーの死を認定BARKS/2008-11-24

英裁判所は、1995年以来失踪しているマニック・ストリート・プリーチャーズのギタリスト、リッチー・ジェームス・エドワーズを死亡したものとみなしたという。バンドの広報が明かした。

リッチーは1995年2月1日、ロンドンのホテルからカーディフの自宅へパスポートを取りに戻ったことが確認されているのを最後に行方がわからなくなった。その後、インドのゴアやカナリア諸島で目撃したとの情報も寄せられたが、どれも確かなものではなく、近くで車が発見されたセヴァーン橋から飛び降りたのではないかと推測されている。

英国では失踪後7年が過ぎると(家族が申請すれば)死亡が認められるが、リッチーの両親はこれまで息子生存の望みを捨てていなかった。また、マニックスのメンバーも彼が戻ってきたときのためにと、信託基金を作り4分した印税を払い続けてきた。


| CD/UK(ウェールズ) | permalink | comments(2) | | pagetop↑ |
コメント
いつまでも前向きなマニックスでいてくれて私は心底嬉しい!
4人の絆の強さがあってこそのアルバムです。
リッチーの歌詞を曲にするまで、どれだけ3人は詩と向かい合ったことか。
以外にも(?)日本での好セールスも嬉しい。
マニックスのエモーションがみんなの心を掴んだのね。
NMEは入手済みです。
リッチーの写真が切ないです・・
2009/06/07 21:32 by shin
▼shinさん
>いつまでも前向きなマニックスでいてくれて私は心底嬉しい!
今回は、裁判所の決定に対するマニックスの答えとして
リッチーの散文を使うことにしたとだと思うので
きっと暗いものになるのではないかと懸念していたのだけど
本当にびっくりするほど前向きな作品で、嬉しかったです。

リッチーが*今でも存在している*からこそ、マニックスは続いているのだろうし。
友だちをずっと尊敬して友情を大切にしている3人って
心からカッコイイと思います。音もカッコイイしネ!

>意外にも(?)日本での好セールスも嬉しい。
すみません、失礼だけどホント驚きました〜
こういう日本での動きがマニックスに伝わるのも嬉しいですよね。
2009/06/08 21:25 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/856290
トラックバック

Search this site