・・・好きなものクロニクル。
<< Cath Kidstonのメッセンジャー・バッグ | TOP | FEEDER.....行きたかった。 >>
Tahiti80/Activity Center
アクティヴィティー・センター
アクティヴィティー・センター
タヒチ80
2008年9月

グザヴィエのソロ・プロジェクトAxe Riverboyを経て、『Fosbury』から3年半ぶりにドロップした4thアルバム。2008 NaoLOG Selectionで6位に選んでいます。

あら?シンプル。でも何度も何度も聴きたくなる・・・そんな感じ。

グザヴィエ(Vo)「今作でも、僕達はこれまでにやったことのない何かをやろうと思っていた。洗練されたクレヴァーなポップっていうのが、一般的なTAHITI 80のイメージだと思うんだ。だから僕達は、パンクロックっぽい方向に行きたかった。ええと、パンクロックとも違うなあ……そうだなあ、ロックやポップといったものの原状に回帰したかった、と言えばいいかな。Beatlesを聴いてみると、メロディーはすごく洗練されているけれど、サウンドはかなりラフだったりする。だからこそ面白いんだ。だから僕達もそういったサウンドを目指した。」(TAHITI 80スペシャル・インタビュー


YouTube TAHITI 80 - All around (clip officiel)

Myspace
 http://www.myspace.com/tahiti80
オフィシャル
 http://www.tahiti80.com/
レーベルサイト
 http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A014663.html



93年、フランスのノルマンディー地方、ルーアン(ジャンヌ・ダルクが火刑にされた町)の大学生だったグザヴィエ(ヴォーカル)を中心に、趣味の共通した仲間で活動をスタート。母国語を重んじるフランスにあって、結成当初から自然と英語で歌うバンドとして活動した。

インディーズでの活動がメロウなど擁するフランスのドメスティック大手レーベル、アトモスフェリックのA&Rの目に留まり、98年フランス国内でアルバム・デビュー。ニューヨークでレコーディングされたアルバム「パズル」は、プロデューサーにアンディ・チェイスを起用し、ファウンテンズ・オブ・ウェインのアダム、カーディナルスのエリック・マシューズがゲストで参加するなど、デビュー作にして早くも特異なポップ人脈図を構築。2000年、時を同じくしてアメリカ、イギリス、そして日本とワールド・デビューが正式に決定。(レーベルサイト


TAHITI80
サンプル盤をいただきました。ありがとー。


| CD/ヨーロッパ | permalink | comments(2) | | pagetop↑ |
コメント
まだ、聴いてない...^^;
好きなのには間違いないので。
2009/02/22 09:28 by YUKI
▼YUKIさん
お返事遅くなってごめんなさい。
昨日は朝からくしゃみがひどくて花粉症の市販薬を飲んだら
眠くて眠くて...幼稚園児並みに早く寝てしまいました;;

この前持っていけばよかったですねー
次回でよければお貸ししますよ♪
2009/02/23 17:41 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/803245
トラックバック

Search this site