・・・好きなものクロニクル。
<< 小雪(しょうせつ) | TOP | One Night Only来日公演中止..... >>
BELLE AND SEBASTIAN/THE BBC SESSIONS
BBCセッションズ
BBCセッションズ
ベル・アンド・セバスチャン
2008年11月
「ファンの皆様、ご無沙汰しており、申し訳ございません。お詫びと言っては何ですが、蔵出しの音源をお届けします。」

96年〜01年にかけて、ベルセバが英BBCに残してきたスタジオ・セッションが遂にCD化!伝説の「ピール・セッション」含む超貴重音源集!未発表曲・カヴァー曲・そしてバンドの代表曲満載のファン必携アイテム!(帯より)

BBCのスタジオ・セッションといってもオンエアされた音源を集めたというものではなく、BBCではDJの裁量でインディ・バンドやデビュー前のバンドに使用していないスタジオを無償で貸す習慣があり、ベルセバもデビュー間もない頃から、デモ・テープ作りやプリプロ制作にBBCのスタジオを利用してきたそうです(ライナーノーツより)。そんな音源がコンパイルされたアルバム。

M-11〜14が収録されたのは2001年5月で、6月にはジョン・ピール(BBCの名物DJで2004年10月没)・ショウでオンエア。アルバムには"These recordings are dedicated to the memory of John Peel."とクレジットされています。

初々しい歌声にちょっとドキドキしました。




Belle and Sebastian


DISC 1 : THE BBC SESSIONS
01 僕はこんなさ(The State I’m In)
02 映画の中のディランのように(Like Dylan in the Movies)
03 ジュディは夢を見る(Judy and the Dream of Horses)
04 スターズ・オブ・トラック・アンド・フィールド(The Stars of Track and Field)
05 見てはならぬ夢(I Could Be Dreaming)
06 シーモア・スタイン(Seymour Stein)
07 レイジー・ジェイン(Lazy Jane)
08 スリープ・ザ・クロック・アラウンド(Sleep The Clock Around)
09 スロウ・グラフィティ(Slow Graffiti)
10 あやまちの恋(Wrong Love)
11 セクシャル・アスリートを撃て(Shoot The Sexual Athlete)
12 素敵なカインド・ワード(Magic Of A Kind Word)
13 ナッシング・イン・ザ・サイレンス(Nothing in the Silence)
14 ミラクルなテクニーク(Miraculous Technique)

#1-4 : Mark Radcliffe Show (presented by Mark Lamarr) - July 1996, BBC Manchester.
#5 : recorded live for Mark Radcliffe Show, transmitted 2nd December 1996, BBC Manchester.
#6-9: live session for Steve Lamacq's Evening Session. Recorded at Maida Vale and transmitted 30th July 1997.
#10: recorded for Steve Lamacq's Evening Session, on the Radio 1 tourbus, outside a Travis gig at the Barrowland in Glasgow. 23rd March 1998.
#11-14: recorded for John Peel Show at Maida Vale, 11th May 2001. Produced by Simon Askew. Broadcast on 19th June 2001.
#7は「レイジー・ラインーペインター・ジェイン」の別名称Ver.
#10は「あやまちの彼女」のDemo Ver.
#11-14は未発表曲

DISC 2 (Bonus Disc) : LIVE IN BELFAST 2001
01 ヒア・カムズ・ザ・サン(Here Comes The Sun)
02 トゥー・マッチ・ラヴ(There’s Too Muc Love)
03 マジック・オブ・ア・カインド・ワード(邦題仮)(Magic Of A Kind Word)
04 僕と少佐の関係(Me And The Major)
05 独り、さまよって(Wandering Alone)
06 THEMODEL−僕たちの後悔―(The Model)
07 僕は待ち人(I’m Waiting For The Man)
08 THE BOY WITH THE ARAB STRAP (日本語表記なし)
09 あやまちの彼女(The Wrong Girl
10 ダーティ・ドリーム・No.2(Dirty Dream #2)
11 ヤツらは町へ(The Boys Are Back In Town)
12 リーガル・マン(Legal Man)

#1:ジョージ・ハリソンのカヴァー
#7:ヴェルヴェット・アンダーグラウンド(ルー・リード作)のカヴァー
#11:シン・リジィのカヴァー

Myspace
 http://www.myspace.com/thebandbelleandsebastian
オフィシャル
 http://www.belleandsebastian.com/
レーベルサイト
 http://www.emimusic.jp/vmc/artist/international/belle/


| CD/UK(スコットランド・北アイルランド) | permalink | comments(4) | | pagetop↑ |
コメント
おぉ〜前のも良かったですが、これもシックで良いですね(ブログ)!

ベルセバ、いつものごとく視聴しまくって今の所満足しています(笑)。
しかし何しろ長いので、家でじっくり聴きたいという気持ちも
むくむくと育ってきています(^_^;)
2008/11/23 00:14 by らら
▼ららさん
ありがとうございます。自分で飽きてきちゃったので替えてみました。
新テンプレ、どこか見にくいところがあったら教えてね。

>ベルセバ、いつものごとく視聴しまくって今の所満足しています(笑)。
2枚組とは言え、3200円は高すぎです;;
でも作りこんでいない音がすご〜く新鮮で
♪1、2、3、4、1、2、なんてかけ声に妙にトキメいたり(笑)

ベルセバの新譜も楽しみですね。
2008/11/23 08:55 by Nao
やっぱり邦題が全部付くのね。
私も久しぶりにベルセバ聴いてみよう。
2008/11/23 11:17 by りぐ
▼りぐさん
私は2000年以降のベルセバしか知らないので
すごく新鮮でしたよ。
やっぱりいいわ〜ベルセバ。
2008/11/23 22:25 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/797059
トラックバック

Search this site