・・・好きなものクロニクル。
<< 直径20センチの菊。 | TOP | Radiohead@さいたまSAのライヴをWOWOWが独占放送 >>
KEANE/Perfect Symmetry
「2006年の半ばにはキーンはもう終わったのかと思った。」 とティム・ライス・オクスレー(P)はとある雑誌のインタビューで語った。デビュー・アルバムの『ホープス・アンド・フィアーズ』はメンバー間の結束と希望を夢見た作品に完成されたが、『アンダー・ザ・アイアン・ シー -深海-』は結果としてメンバー間の結束が崩れ落ちてきた事を明かした作品となってしまった。


「相変わらず美しく、エモーショナルな仕上がりだけれど、ギターレスの意味があるのかな?KEANEらしさって何?なんて今ひとつ素直に聴けない」・・・KEANEの2ndアルバム『UNDER THE IRON SEA』を聴いた私の、当時の率直な感想です。2ndアルバムはなかなか好評でしたが、私はどうも拒否反応が起きてしまって。

(中略)
トム・チャップリン(Vo)は心身面で誰の目から見ても明らかに深刻な状況にあり、リハビリ施設に入らざるを得ないような状況となった。(サマーソニック06も来日までしたものの出演はキャンセルされた。)

トムが回復を遂げた後、バンドは転換期を迎えた。彼らのトレード・マークとも言える叙情的なピアノ・ロックから旅立ち、新たに生まれ変わったバンドの力強いサウンドを詰め込んだアルバムを完成させたのだ。

「あの時はもう本当に終わったと思った」とティムは言った。「もうこれでバンドは終わりだと思っていたところから立ち直ったことで、3人ともこのバンドのメンバーである事に誇りを持てるようになった。」と言う。(UNIVERSAL MUSIC


Perfect SymmetryPerfect Symmetry(Bonus DVD付)
KEANE
2008年10月

「一度はすべて失いかけたからね。僕らはバンドを失いかけたんだ。別々の道を行っていたかもしれないんだよ。僕らは人間として再発見したんだ。つまり、『なくなってしまうかもしれないものなんだから、あるうちは楽しんだ方がいいぞ』って。そのことが、今回のアルバムで僕らのしたこと全てに影響を与えている」(トム・チャップリン)

トム・チャップリン(Vo)、ティム・ライス・オクスレー(P)、リチャード・ヒューズ(Dr)。イースト・サセックス州バトル出身3ピースバンドKEANEのセルフプロデュースによる3rdアルバム。UKアルバムチャート初登場1位、USビルボード総合アルバムチャート初登場7位を獲得したそうです。

KEANEに対して特別な思い入れがある訳ではないのに、『Perfect Symmetry』を聴いて私はちょっと泣けてしまいました。新しい試みがたくさんみられ、私がかつて抱いていた「KEANEらしさ」とは少し違うけれど、音がするすると体に染み渡って・・・とても気持ちの良いアルバムと言えます。


Spiralling - Keane




KEANEリリース前に『Spiralling』を無料配信しましたが正式な1stシングルは『The Lovers Are Losing』なのだそう。

Keane - The Lovers Are Losing Listen


◎Myspace
 http://www.myspace.com/keane
◎オフィシャル
 http://www.keanemusic.com
◎レーベルサイト
 http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/keane/

日本盤が出る予定だったのに、今のところ発売未定になってしまいました。残念。
| CD/UK(イングランド) | permalink | comments(6) | | pagetop↑ |
コメント
KEANE−−−−!
今日、買うかどうか迷ったのですが「輸入盤だしー」と思って保留にしました。
やっぱり国内盤は未定なんですかねー・・・。
2008/10/29 23:16 by sunao
私もsunaoさんと同じく、日本盤まで待とうと思ってたクチなんだけど、輸入盤買っちゃおうかな。
トム、一時はどうなることやらと心配してたけど、なんとか元気になってくれてよかった。
2008/10/30 17:04 by りぐ
私が立てたmixiのトピでは、面白い意見が寄せられています。初めは音の変化にとまどっていた人達も、聞き込むにつれて、良さが分かってきた人が多くなってきました。こちらです。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=36106761&comment_count=37&comm_id=22420

スノウ・パトロールの新作もいつの間にかリリースされていました。昨日買ってきましたが、前作よりも良かった。最高の出来でした。お勧めします。日本盤はだいぶ遅れるようです。
2008/10/30 19:20 by カレン
▼sunaoさん
KEANE----!です〜。
国内盤、なんと「生産中止」らしい・・・。私も国内盤を待つつもりだったけれど
生産中止?なら輸入盤を買うしかないかなぁと。
でもこのUK盤はDVD付きですから!

▼りぐさん
↑ということで、国内盤は・・・。
ユニバーサルは輸入盤のディストリビューションにチカラを入れているのかな?
トムが元気になってくれて、本当にほっとしました。
1stがアメリカでも大成功したからいろいろヤッカミが多くて、辛かったのでしょうね。。

▼カレンさん
Spirallingを最初に聴いたときはちょっと驚きましたが
今回のアルバムは前作のような違和感は全くありませんでした。
変化してもKEANEはKEANE、ですね。

Snow Patrolは購入済みです。
国内盤は来年だそうで・・・そんなに待てませんよね〜
(私、前作もとても好きなんですよ。)
2008/10/30 21:54 by Nao
お久しぶりでーす!
国内盤のリリースは来年に延びたってどっかで見た気がするけど
そもそも国内盤化の話自体がなくなったんですか!?
まあでも最近は聴くものもたくさんあるので気長に待ってみます(笑)。
2008/10/30 22:40 by コウスケ
▼コウスケさん
お久しぶりー!お元気ですか?

>そもそも国内盤化の話自体がなくなったんですか!?
HMVが「生産中止」って表記していたの;;
日本盤発売日まで決まっていたのに、生産中止って!?
リリースの可能性はどのくらいあるんだろうね・・・。
なんだか日本盤は、大手レコード会社によるリリースが大きく揺らいでいる印象です。

>まあでも最近は聴くものもたくさんあるので気長に待ってみます(笑)。
確かにリリース多すぎ。
ヒマな私でも(笑)さすがに追いつきません;;
2008/10/31 16:52 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/791349
トラックバック

Search this site