・・・好きなものクロニクル。
<< プレゼント予告?篇 | TOP | KEEP IT SIMPLE VIDEO EXCLUSIVE >>
THE SUBWAYS/ALL OR NOTHING
オール・オア・ナッシング
オール・オア・ナッシング
ザ・サブウェイズ
2008年6月

【ロンドン郊外のウェルウィン・ガーデン・シティから飛び出した3人組。平均年齢19歳という若さゆえの疾走感溢れるギター・ロックで、05年『ヤング・フォー・エタニティー』でデビュー。紅一点のベーシスト、シャーロット・クーパーの存在感も見逃せない。サマーソニック05で初来日を果たし、2006年2月に単独公演も成功させている。待望のセカンド・アルバムはプロデューサーにはブッチ・ヴィグ(ニルヴァーナ、スマッシング・パンプキンズ他)を起用したロサンゼルス、レコーディング作品。(帯より)】

The Subwaysはサマソニ組。




The Subways - Alright



subways-girls and boys



ヴォーカルのビリーとドラムのジョシュは兄弟。デビュー当時ビリーとシャーロット(ベース)は婚約中、いわゆるバカップル風で(ビリーがシャーロットに夢中という感じだった)生理的に苦手だったのですが、サマソニ05で彼らのステージを見てぶっ飛びました。ビリーとジョシュは天才的、シャーロットのパフォーマンスはキュートでパワフル、朝イチのマウンテン・ステージが異常なまでに盛り上がり・・・(終了後は床にスニーカーやタオル、携帯が散乱して凄まじかったです。)

しかし、きっとビリーとシャーロットは長続きせず別れて、The Subwaysは解散してしまうに違いないと私は推測・・・。二人が別れるであろうという読みはやはり的中したものの、彼らは解散することなく、2ndアルバムをドロップ!!恐れ入りました〜。へたっぴぃなコーラスが可愛かったシャーロットは、彼女のヴォーカルがあってこそのThe Subways、とも言えるほどに成長しています。

へヴィメタか?というくらいハードなサウンドが前面に出されていますが、甘美で切ないM-10 Strawberry Blondeや、アコースティックなM-5 Move To Newlyn、ビリーの心情を描き出しているのであろうM-11 Always Tomorrow、M-12 Lost Boyなどが私は好きです。

1stリリース後ビリーは過酷なツアーの影響で声帯ポリープを患い、症状はかなり重く手術を受けなければならず、最悪の場合歌えなくなるかもしれないと宣告されたそう。そんな辛い時期を乗り越え、生まれ変わったような気持ちになったビリーは

「本当に自分が正直に、誠実に歌詞を書いたものを、歌として発信していかないといけないって痛感させられたんだ。こうやって、再び歌うチャンスを与えてもらったんだからね」



◎MySpace
 http://www.myspace.com/thesubways
◎オフィシャル
 http://www.thesubways.net/
◎レーベルサイト
 http://wmg.jp/artist/subways/index.html


彼らの出身地ウェルウィン・ガーデン・シティ(Welwyn Garden City)はAのマークの辺り。

Welwyn Garden City



The Subways



↓こちらはデビュー曲(2005年3月)。

The Subways - Oh Yeah



| CD/UK(イングランド) | permalink | comments(2) | | pagetop↑ |
コメント
The Subwaysまだ聴けてないです。
私も最近のリリースラッシュに金銭的にも時間的にもついていけない(涙)。
あーでもNaoさんの記事読んだらすぐにでも聴きたくなってしまう。NaoLOGは誘惑的です・・・。
「甘美で切ないM-10 Strawberry Blonde」だなんてロマンチックに弱い私は想像するだけでドキドキです(笑)

プレゼント、応募する気まんまんです!
Naoさんの写真もロマンチックでストーリーを感じて大好き。
2008/07/01 00:25 by shin
▼shinさん
誘惑してすみません(笑)

>私も最近のリリースラッシュに金銭的にも時間的にもついていけない(涙)。
ヒマな私でさえそうです。愛するMANDOの新譜のレビューにも手をつけられずにいます、、、

>「甘美で切ないM-10 Strawberry Blonde」だなんてロマンチックに弱い私は想像するだけでドキドキです(笑)

The Subwaysがロマンチックだなんて意外でしょう?

Tell me, yeah, sing your song
For my lonely soul

ってビリーが歌うんです。。シャーロットはビリーの妻になるよりもミュージシャンになることを選んだのかな、などと妄想(?)しながら聴くといっそう切なくて。。

>プレゼント、応募する気まんまんです!
ありがとうございますぅ。お恥ずかしいですが、応募をお待ちしていまーす。
2008/07/01 17:38 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/762003
トラックバック

Search this site