・・・好きなものクロニクル。
<< 猫の抜け毛対策 | TOP | 京都へ >>
elbow/The Seldom Seen Kid
Elbow
Geffen Records
¥ 536
(2008-04-22)




1997年マンチェスターにて結成された5ピースバンド、エルボー4枚目のアルバム。2001年にV2レコードよりメジャー・デビューを果たした『Asleep in the Back』ではゴールド・ディスクを獲得しています。現在はポリドールへ移籍。フロントマンのガイ・ガーウェイは「天使の声と肉体労働者の顔を持つ男」と言われているとか!?プロデュースはバンド・メンバーのクレイグ・ポッター(key)。




Elbow - Grounds For Divorce /Live on Abbey Road


この曲が大好きでアルバム購入。

elbowは私好みだと重々承知していましたが、今ひとつ個性が薄いイメージがあって、アルバム購入に至らず・・・。しかし誰にも似ていない、elbowだけの世界観がここにありました。

陰鬱の中から湧き上がる静かなる情熱。

いかにもイギリスな湿り気のある音ではあるものの、ちょっとラテン風だったりモダンだったりして、意外にも、お洒落系ハウスに似た感覚で聴くことができて心地良いのです。このアルバムは私の中でスマッシュ・ヒット。過去のアルバムも聴いてみなければ。


◎MySpace
 http://www.myspace.com/elbowmusic
◎オフィシャル
 http://www.elbow.co.uk/


elbow

20年選手のような風格・・・

| CD/UK(イングランド) | permalink | comments(6) | | pagetop↑ |
コメント
風貌から想像すると低音の魅力かと思うのに意外な「天使の歌声」ですねえ。どこか Nick Caveに似た感じですよね、曲調が。なかなかいいです!
2008/05/12 01:09 by シリキ
▼シリキさん
「天使の声と肉体労働者の顔を持つ男」ってうまい事言いますよね(笑)
天使?というか・・・癒し系の声で、ほっとするものがあります。(私も最初、声のイメージと風貌が全く違ったので驚きましたよ。笑)
RadioheadやTravisがよく引き合いに出されるみたいだけど、私はなんとな〜くAthleteとイメージがかぶっていて、でも、今回ちゃんと聴いてみたら、elbowはelbow!って感じでした。1stも聴いてみようかな。
2008/05/12 22:46 by Nao
今更だけど、Grounds For Divorceいいね。
この地味なルックス(失礼)のせいか、なんとなく今まで敬遠じゃないけど聴くチャンスがなかったんだけど、ここ数日うちの妹がElbow Elbowってうるさく(笑)て、今朝からamazonに発注しました。
ちゃんと聴いてみます。
2009/03/10 08:53 by りぐ
▼りぐさん
>今更だけど、Grounds For Divorceいいね。
いいよね。
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』の予告編でも使われていて
お〜♪と思った(笑)。

>この地味なルックス(失礼)のせいか
そうなの。私もずっと前から勧められていたのにこのルックスが邪魔して(笑)。
1stアルバム買ったのに、まだちゃんと聴いていなかった;;
2009/03/10 18:20 by Nao
>『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』の予告編でも使われていて

なんと!
明日観に行くの(笑)
タイムリーだわー。
やっぱり出会うべきバンドだったのかな。
2009/03/10 21:43 by りぐ
▼りぐさん
>なんと!
>明日観に行くの(笑)
あ、ごめん。
たぶん、*予告編だけ*で本編では使われていないと思う;;

Elbowも夏フェスに呼ばれそうな匂いがしない?
でもフジっぽいなぁ(妄想)

2009/03/10 22:21 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/749515
トラックバック

Search this site