・・・好きなものクロニクル。
<< 藤棚 | TOP | ミニリース >>
Delays/Everything's the Rush
Everything's the RushEverything's the Rush
Delays
2008年5月

Fiction Records(ポリドール)移籍後初となるDelaysの3rdアルバムは、プロデューサーにThe OrbのYouth(Primal Scream、Verve、Embrace、Paul McCartney)を迎え、スペインでレコーディングされたそう。Delays、新しいチャプターの始まりです。




ストリングスをふんだんに使い、厚みがぐっと増し風格のようなものを感じる一方、1stアルバムで放たれるようなあのドキドキ感、高揚感があるのです。Delaysがこのアルバムに込めた並々ならぬ思いが胸に迫ってきます。

グレッグのファルセットを織り交ぜたハスキー・ヴォイスは無敵、しかしアーロンをフィーチャーした曲(アルバムでは初めて)M-4 One More Lie InやM-9 No Contest(これはライヴでWow!Wow!と盛り上がりそう)などとても良いアクセントとなっているし、コリンとロウリーのリズム隊は、グレッグやアーロンの影に隠れることなく絶妙に主張していて・・・う〜んやはりこの4人でこそのケミストリー。

ラフトレードとの契約解除、グレッグのO.C.D.(Obsessive-Compulsive Disorder / 強迫性障害:手の汚れが気になり異常なまで頻繁に手を洗ったり、外出の際、鍵をちゃんとかけたか電気や火を消したか不安になって何度も引き返し確認する、といった症状に悩まされる心の病気。)(先行シングル"Hooray"ではグレッグ自身のOCDの事を歌っているそう)など、ハードな問題を乗り越えてきたからこその、明るさと強さなのでしょうか。


1. Girl's On Fire
2. Hooray
3. Love Made Visible
4. One More Lie In (Part 1)
5. Keep It Simple
6. Pieces
7. Touch Down
8. Your Friends Are False
9. No Contest
10. Silence
11. Jet Lag
12. The Earth Gave Me You (UK Bonus Track)

(ボーナストラックもびっくりするほど良い曲です。)


◎MySpace
 http://www.myspace.com/delays
◎オフィシャル
 http://www.thedelays.co.uk/


ジャケットを広げるとこんな風になっています。

Delays


Delays


今まで日本盤はレザボアレコーズからリリースされていたけれど、EMIの再編があった上、Delaysもレコード会社を移籍したので、日本盤は一体どうなるのか・・・


Delays 'Hooray'


Delays recording Everything's The Rush.




Long Time Coming

これは1stのPVです。この頃と比べてロウリー(Dr)は最近すごくカッコ良くなったと思いませんか?


| CD/UK(イングランド) | permalink | comments(5) | | pagetop↑ |
コメント
グレッグ、病気乗り越えたのね(涙)
よかった。
私もRecordstoreで注文しちゃった。
もちろんサインはもうもう無理だと思うけど、日本で輸入盤買うより安いよね?
それになんとなく私も日本盤が出るか怪しい気がしたので・・。
早く届かないかな!
2008/05/07 23:48 by りぐ
国内盤出るか怪しい感じなんですねー
まあもう少し待ってみようかな〜。
2008/05/08 00:26 by コウスケ
▼りぐさん
OCDに悩まされている人って私も周りにも何人かいます。。
グレッグは完治したわけではないのかも?
・・・フレーフレーGreg!

(サイン入りBOXセットはHoorayのシングルね。)
私はこれ、イギリスのHMVに注文したの。リリース前に発送してくれるのが嬉しいね。
日本ではAmazonに注文かけてるけど、いつ届くことやら・・・。

▼コウスケさん
このアルバム、Delaysのアルバムの中で一番好き!
贔屓目抜きにしてもすごく良いアルバムだと思いますよー。
>まあもう少し待ってみようかな〜。
だめです(笑)。今すぐ輸入盤を!そして国内盤が出たらそっちも!
(うそうそ。ゆら帝ビンボーさんにそれは酷よね;;)
2008/05/08 18:06 by Nao
こんにちは。

やはりM-4のOne More Lie Inのリードヴォーカルはグレッグではなかったですね。自分の耳は確かでした。それが普通……(?)

このバンドのリードギターはギブソンSGを使っているので、音色的にも興味深いです。

ミステリー・ジェッツは日本盤を待って買いました。
2008/05/24 22:03 by カレン
▼カレンさん
こんばんは。お久しぶりです。

カレンさん??と思いサイトへ伺ってみたら、Crowded Houseを紹介してくださった「パーマンちゃんです」さんですね?HN変えられたのですか。。

>やはりM-4のOne More Lie Inのリードヴォーカルはグレッグではなかったですね。
そうなんです。弟のアーロンです。(ベースのコリンも良い声をしているんですよ。)このアルバムではアーロンをフィーチャーした曲がぐんと増えましたね。以前はアーロンの声が私はあまり好きではなかったのですが(Bサイドではリードを取ることもありました)、アーロンのヴォーカル、今回は見直しました。(←エラソウ;;)

>このバンドのリードギターはギブソンSGを使っているので、音色的にも興味深いです。
えっと、、、これ↓ギブソンSGですよね?
http://blog.e-rose.her.jp/?eid=371128#sequel

Mystery Jetsは、私も日本盤を待って購入しました。来月はリリース・ラッシュなので、安い輸入盤を購入するケースが増えそうです。。
2008/05/24 22:43 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/748419
トラックバック

Search this site