・・・好きなものクロニクル。
<< 新しい年・・・ | TOP | 人生時計 >>
2007 NaoLOG Selection 前篇
年を越してしまった2007 NaoLOG Selection。毎度のことですが、深く考えず、気分でぱぱっと選んでいます。ただし今回はエントリーから除外するアルバムが昨年以上に多いので、2回に分けてUPすることにしました。

まずは・・・

アルバム内容以外の功績が大きいのでエントリーから除外するアルバム

イン・レインボウズイン・レインボウズ
Radiohead
2007年12月

私はこの日本盤ではなくIn Rainbows discboxをイギリスから取り寄せました。(←しかしこのジャケット、わざわざ日本語を入れる必要はなかったのではないでしょうか???)配信方法や、レコードとCDをセットにしたフォーマットなど、新しい価値観を提示してくれた功績はとても大きいと思います。

アルバムの「音」そのものは、ガラスのナイフを突きつけたような緊張感や内向性が薄れ、(暗くても)開放感があり、トム・ヨークのソロアルバムと同じ匂いがしました。これはこれでとても素晴らしいアルバムですが、例えば"Fake Plastic Trees"のように何度も何度も繰り返し聴きたくなるほどずば抜けて好きな曲はなく、その点は少し物足りなさも感じます。




私情が入り過ぎて冷静に判断できないためエントリーから除外するアルバム

プル・ザ・ピンプル・ザ・ピン
Stereophonics
2007年10月

UKの国民的バンド、ステレオフォニックス6枚目のアルバム。




Only the Names Have Been ChangedOnly the Names Have Been Changed
Kelly Jones
2007年3月

初回限定スペシャル・デラックス盤/ボーナスDVD付き(5曲収録)
(Amazonをリンクしてありますが、HMVが断然安いです。)
Stereophonicsのフロントマン、ケリーのソロアルバム。



この2枚は本当によく聴きました。Stereophonics、大好きです。これらをベストアルバムに入れたいところですが、Stereophonicsを知らない人にStereophonicsを薦めるとしたら、最初に選ぶのはこのアルバムではないかも・・・との思いで断念。





YumeYUME
YETI
2007年8月

THE LIBERTINESのベーシスト、ジョンがTHE LIBERTINESと並行して活動を続けていたYETIの1st。



これはもう・・・THE LIBERTINESは私にとって特別な存在だから・・・。しかし贔屓目を差し引いても、これは良いアルバムだと思います。





トワイライト・オブ・ジ・イノセンツ(初回生産限定盤)トワイライト・オブ・ジ・イノセンツ(初回生産限定盤)
アッシュ
2007年6月

北アイルランド出身3ピースバンド。シャーロット(G)が脱退し、再び結成時の3人編成に戻ったASHの5thアルバム。



メロディメーカーとしてのティム、そしてヴォーカリストとしてのティムの才能を再認識、とても好きなアルバムです。でも。シャーロットがいない・・・(彼女が自らバンドから離れたのなら納得ですが)。それ故エントリーから外しました。(完全に感情論。)





センド・アウェイ・ザ・タイガーズセンド・アウェイ・ザ・タイガーズ
2007年5月
マニック・ストリート・プリーチャーズ

ジェームス・ディーン・ブラッドフィールドとニッキー・ワイヤーそれぞれのソロ・プロジェクトを経て、Manicsが復活。3年ぶり、通算8枚目のアルバム。



2007年、私の中でマニックスの存在はとても大きいものでした。若かりし頃の*期間限定、それも短期の*ステキなジェームスにメロメロになったり、サマソニ07での痛快なライヴ・・・それら総合的なものによるので、アルバム単体としてはエントリーからは外し、若いバンドに譲ってもらうことにしました。

・・・続く。
| SELECTION | permalink | comments(6) | | pagetop↑ |
コメント
私もradioheadはランキングから除外しました。
そして同じくジャケに何故カタカナを入れたのか納得いかないです(笑)
あと、Stereophonics、マニックスも私も除外してもよかったなー。
無理矢理ランク付けしちゃったけど(笑)
あ、ケリーのソロ買ってない(汗)
2008/01/07 01:20 by りぐ
▼りぐさん
>そして同じくジャケに何故カタカナを入れたのか納得いかないです(笑)
やっぱり?外国人が見たらカッコイイと思うのかもしれないけれど(笑)
日本人のための日本盤なんだから、これはちょっと・・・ねぇ。

>あ、ケリーのソロ買ってない(汗)
以前「地球最後の日に耳元で歌って欲しいのは誰か」というアンケートの話で
「私だったら、ケリーに歌って欲しい」と書いたら、複数の方から賛同を得られたの(笑)。
このアルバムは耳元で歌って欲しい曲満載です。
2008/01/07 22:48 by Nao
>「地球最後の日に耳元で歌って欲しいのは誰か」
あーーー、これは難しい(笑)
私はやっぱりクリスかも。もしくはダニー。
ケリーも大好きなんだけど。
つかケリーのソロ買わなきゃ(汗)
2008/01/07 23:24 by りぐ
除くCD多すぎじゃないですか(笑)Naoさんのセレクションなんだから私情入れまっくってもイイ気がするんですが…何て言ってみる(笑)。
2008/01/08 00:27 by コウスケ
私がランキングやるとしたら「好きなアルバム」しか聴いてないのでできません(笑)客観的に評価できるNaoさんちのエントリーって貴重です!
radioheadあたりの内省的な時期のバンドは残念ながら肌に合わないみたい(判りやすいのが好きってことかしら)
マニックスはね、全く時流からは外れているので(笑)ランキングにはなじまないでしょう。私も一頃の情熱は懐かしいものと化してますが、それでもなごみます(爆
2008/01/08 02:08 by シリキ
▼りぐさん
>>「地球最後の日に耳元で歌って欲しいのは誰か」
>あーーー、これは難しい(笑)
ダニーの優しい声、グレッグの美しい声も考えたんだけど、やっぱりケリーなのよ、なぜか。
以前こういう妄想で話が盛り上がりました(笑)。

▼コウスケさん
>除くCD多すぎじゃないですか(笑)
ぅ。ツッコまれた。
言われてみればそうよね(笑)
でも、ベスト10枚も完全に私情入れまくりだから、ご安心を〜(笑)

▼シリキさん
>私がランキングやるとしたら「好きなアルバム」しか聴いてないのでできません(笑)
もちろん、私も*好きなアルバム*しか聴いていませんよ〜。
プライベートなブログでは、みなさんご自分のお好きなアルバムだけでベスト10を選んでいらっしゃるのではないでしょうか。
・・・どうやら私は、内省的な音が好きなようで、選んだ10枚はけっこう暗いモノが多いです(笑)
(マニックスはけっして時流から外れているとは思わないですよ。ちゃんと今でもカッコイイです。)
2008/01/08 12:02 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/710836
トラックバック

Search this site