・・・好きなものクロニクル。
<< 猫リース | TOP | Delays/Love Made Visible >>
京都メカニズムとカーボンオフセット
京都議定書では、温室効果ガスの各国の削減目標を達成するための補助的手段として、京都メカニズム(共同実施/JI、クリーン開発メカニズム/CDM、排出量取引)が導入されていますが、新聞に「政府が排出権をハンガリー政府から購入する方針を明らかにした。」という記事が。

政府は26日、京都議定書の目標達成に向け、二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスを排出できる権利(排出権)をハンガリー政府から購入する方針を明らかにした。日本が排出権を政府間で直接買うのは初めて。

今週中にもハンガリー政府と覚書を交わす。ハンガリーが来年にも売り出す約1000万トンの一部を購入する見通しだ。ハンガリーで排出が減った分を日本で減らしたことにできる。

政府筋によると、購入価格は1トン当たり15ドル程度を想定。ハンガリーに対して代金を環境対策への投資に充てるよう注文を付け、実施を確実にするための指針も策定する。(共同通信

カーボンオフセット

温室効果ガスというのは、大気中にたまって宇宙に逃げる熱(赤外線)をはね返し、地球に熱をこもらせるもの。温室効果ガスの削減目標は、2012年までにEUが8%、日本が6%です。1990年の日本の排出量は約12億3700万トンで、ここから6%削減すると約11億6300万トンとなるわけですが、日本は2003年には逆に8%増加し、約13億3600万トンを排出してしまいました。目標を達成するには増加分も含む14%を削減しなければなりません。
(中略)
このように、先進国に義務付けられた温室効果ガス排出削減目標ですが、経済活動の活発な先進国で排出を削減するのは難しく、途上国に木を植えるなどして二酸化炭素を吸収したほうが処理が簡単で、費用が安くすみます。

この温室効果ガス排出権が取引されています。これが「京都メカニズム」と呼ばれるものです。(All About

「先進国から発展途上国に資金や技術を提供し、その途上国内で削減した温暖化ガスを、資金・技術を提供した先進国の国内で削減したものとして扱うことができる。」というのは『お互い様』という印象を持っていましたが、排出権をハンガリーから購入というニュースには軽い衝撃を受けました。人任せでなく、ワレワレももっともっと努力しないとトム・ヨークに怒られてしまいそう?

そこで私は、年賀状をカーボン・オフセットにして、ささやかな貢献。




ヨーロッパを中心に急速に広がっている「カーボンオフセット」という新しいCO2削減の考え方です。クールビズなどの省エネ行動は、できる限りCO2の排出量を減らそうという発想ですが、「カーボンオフセット」とは省エネを実行した上で、それでもなお発生してしまうCO2を、クリーンエネルギー事業などを支援したり、植林、森林保護の推進などによって打ち消し、削減しようとするものです。

「省エネ」と「カーボンオフセット」の2つの方法をうまく用いることで、CO2の排出量を減らすことができます。

◎カーボンオフセット年賀
 http://www.carbonoffset-nenga.jp/
◎カーボンオフセット
 http://www.carbonoffset.jp/


| 言葉 | permalink | comments(4) | | pagetop↑ |
コメント
私もハンガリーの件、なんだかフクザツな感想です。そもそも大量消費国である米国や中国が本腰を上げないと地球温暖化問題も劇的には変わらないんですが、日本はお手本になってリードしていけばカッコイイのに。オーストラリアの新首相は温暖化阻止に熱心だということですね。
カーボンオフセットの年賀状知らなかったので私も今年は購入してみます。
2007/11/27 19:17 by シリキ
▼シリキさん
>私もハンガリーの件、なんだかフクザツな感想です。
ですよね。。
授業に全く出ずに、試験前に友だちのノートを写して、ちゃっかりAをもらっちゃうような(笑)。地球規模で取り組まなければならないのに。帳尻だけ合わせれば良いってものじゃないですよねぇ。でもそこまでやらないと数値目標達成できない厳しい現状だという事でしょうか。
(オーストラリアは異常気象で大干ばつになったり、深刻な影響を受けているそうですね。)
私も、留守をする時猫たちのためにエアコンをつけっぱなしにしていたり、二酸化炭素をたくさん排出している一人なのでエラソーなことは言えませんが!
2007/11/27 21:53 by Nao
ハンガリーの件なんだか、結局は出すんじゃんって感じで
腑に落ちません。
権利を買うとかじゃなくて、なんかねぇ・・・。
難しいのは分かるけれど、権利を買ったから出していい
って思ってしまうとダメですね。

年賀状は・・・
年々書かなくなってきてます。
日本人としてダメだな(苦笑)。

2007/11/27 23:03 by らら
▼ららさん
>権利を買うとかじゃなくて、なんかねぇ・・・。
例えば、ららさんが大事に育てた天然酵母をこっそり売ってもらって
「天然酵母のパンを焼きました〜」って私が得意気に
カリスマ主婦のフリをするのと同じ?(ヘンな例え。)
だけどハンガリーもそれだけ国の財政が大変なんですね。

年賀状は、出す数が少しずつ減ってきてはいるけれど
年賀状だけで繋がっている人も多いので、なんとか続けたいと思っています。
でもこれからデザイン考えて、宛名をプリントして・・・って気が重い;;
2007/11/28 18:27 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

Search this site