・・・好きなものクロニクル。
<< エドワード・ラリキンの新プロジェクト | TOP | CHI SONO IO ? >>
Jack Panate/Matinee
マチネマチネ
ジャック・ペニャーテ
2007年10月

ホワイト・ストライプス、M.I.A.、ディジ・ラスカルなどを育てたXL Recordingsが今年イチオシの新人シンガーソングライター。全英アルバムチャート初登場7位を記録。プロデュースはJim Abiss (Arctic Monkeys, Kasabian)、Tony Hoffer(The Kooks, The Fratellis)、RJD2。

デビューシングルを聴いた瞬間「こいつはハウスマーティンズの再来じゃん!」と興奮し、最新シングルに至っては「マッドネスの再来じゃん!」と興奮…切ないメロと気持ちEギター・カッティングというギターPOPのマスト・アイテムなのですよ、奥様っ!(ヒダカトオル/BEAT CRUSADERS



Jack Peñate - Torn On The Platform


Jack Peñate - Spit at Stars


ロンドンで精力的に活動してきた彼の音楽はキャッチーなギター・リーフが炸裂するロカビリー・テイストのソウルでパンクでロックなキラキラ・ギター・ポップ。デビュー前からベビーシャンブルズのビデオに出演し、リリー・アレンの前座を務め、NME誌の表紙を飾り、そして全シングルがパワープレイに選ばれるなど、地元イギリスでの人気はとにかく驚異的。ライブで見せるキュートなブギウギ・ステップも話題沸騰中!(帯より)


これら華々しいプロフィールとは相反する、冴えない風貌。そしてチープなのに、キラキラと華やかでチカラのある音。このギャップが絶妙です。

Jack Penate「インディー・ポップの逆襲」というタイトルで、ケイト・ナッシュと共に、新人でありながらNMEの表紙を飾ったジャック・ペニャーテ。イギリスでの注目度の高さが分かります。

気負いがないので、聴いていてひたすら気持ち良くて・・・。9月にすでに来日しているのですね。私も「キュートなブギウギ・ステップ」(?)を生で見てみたいな。11月6日(火)18:00-19:00、Space Shower TV WORLD RIDEでJack Penate スタジオライヴ&インタビューがオンエアされるそうです。

◎オフィシャル
 http://jackpenate.com/
◎MySpace
 http://www.myspace.com/jackpenate
◎ベガーズ・ジャパン
 http://beggarsjapan.com/
◎ワーナーミュージック・ジャパン
 http://www.wmg.jp/artist/jackpenate/





Jack Panate


| CD/UK(ロンドン) | permalink | comments(2) | | pagetop↑ |
コメント
うぉっ!
私も一昨日買いました。
輸入盤買おうか悩んで、日本盤まで待ちました。
色々忙しくてまだちゃんと聴いてないんだけど。
気負いがなく、いい感じで力が抜けてていいよね♪
2007/10/27 00:38 by りぐ
▼りぐさん
りぐさんもお買い上げですか〜
最近のシンガーソングライターとはちょっと趣きが違うよね。
「キュートなブギウギ・ステップ」(笑)をぜひ拝んでみたい。
2007/10/27 17:04 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/688294
トラックバック

Search this site