・・・好きなものクロニクル。
<< 江戸しぐさ | TOP | まこという名の不思議顔の猫 >>
Stereophonics/pull the pin
プル・ザ・ピンプル・ザ・ピン
ステレオフォニックス
2007年10月

「祝10周年!UKが最も愛し続けるロック・バンドが贈る、入魂の最高傑作6thアルバム(帯より)」

幼なじみであるケリー・ジョーンズ(vo、g)、リチャード・ジョーンズ(b)、スチュワート・ケーブル(ds)の3人で1981年地元ウェールズにて結成。96年にリチャード・ブランソンが設立したV2レコードの第1号契約アーティストとなり、97年にシングル「モア・ライフ・イン・ア・トランプス・ヴェスト」でデビュー。1stアルバムはUKチャート初登場6位を記録(当時は珍しかった)、ブリット・アウォードの最優秀新人賞も獲得。その後4枚のアルバムをリリース、2nd以降すべてのアルバムが初登場1位となり、イギリスを代表するロックバンドとしての地位を不動のものとしたStereophonics。(2004年にスチュワートが脱退し、ハヴィエ・ウェイラーが加入。)2005年にリリースされた前作「ランゲージ・セックス・ヴァイオレンス・アザー?」からシングルカットされた「ダコタ」が彼らとしては初のUKシングル・チャート1位を達成。

それから2年。10周年という節目に届けられた6thアルバムは、瑞々しささえ感じられて・・・


『熟練』と『青春っぽさ』が同居しているのです。あのね、も〜ごちゃごちゃ説明なんて不要!Stereophonics、やっぱりだーーーい好きだわ。アートワークに関しては触れないでおきましょう・・・

It Means Nothing - Stereophonics



Stereophonics - Rewind Trailer



日本盤もリリースされていたのですね。でもちょっと高い。(注:AmazonよりHMVのほうが安いです。)

リワインドリワインド
2007年9月

1997年のデビューから10年。彼らはどのようにして、UKロックの頂点まで登り詰めたのか。ケリー・ジョーンズのソロ活動。03年のスチュアート解雇。そして05年のハヴィエ加入。ステレオフォニックスが歩んだ10年間を余すところ無く紹介。Disc1には豪華ゲストのインタビューを含むドキュメンタリーを、Disc2には数々のライブフッテージを収録した現時点での集大成とも呼べる作品。



◎オフィシャル
 http://www.stereophonics.com/
◎MySpace
 http://www.myspace.com/stereophonics
◎レーベルサイト
 http://v2records.co.jp/sites/stereophonics/071010/


Stereophonics

| CD/UK(ウェールズ) | permalink | comments(4) | | pagetop↑ |
コメント
こんにちは。名前違いますがぺちんだです。
TBさせていただくのに、ややこしーのでこちらにおじゃまする名前も変えました。

いやはや出ましたね。
アートワークに関しては私もスルーで(笑)。黄色いとこがこわぁい!
いつものごとく、一撃でずがん!と来る感じではないのですが、聴くたびにうりゃうりゃされてる感じです。今のトコStoneとMy FriendsとI could Lose YaとCrushとDrowingが好きだな〜。んでHelter Skelterかっちょいーなー!

これは書こうかどうか悩みましたが、上のケリーの写真、なんだかバカボンパパ入ってるような・・・(笑)。
(ファンの方申し訳ございません。私もめちゃくちゃファンですからー!)
2007/10/14 17:27 by ミユキ
▼ミユキさん
ヨウコソ〜。
ららさん(indefinitely)が先月末から半月ほど北欧へ旅行することになったので、ミユキさんの旅行記の方のブログをお知らせしたら、「参考になる、助かる」ってすごく喜んでいましたよ。(ミユキさん=ぺちんださんとは伝えませんでしたが。)

>黄色いとこがこわぁい!
なんで黄色と紫なんでしょうね・・意味不明。ケリーのソロのジャケットはすごくカッコイイのになぁ。
>上のケリーの写真、なんだかバカボンパパ入ってるような・
あはは!つながりそうな眉毛と、鼻の下のヒゲ?
これ、「眉毛修正しているよね、実際はもっと太いよね」などと思いながら貼りました。もう少し縮小すれば良かったかな(笑)

>一撃でずがん!と来る感じではないのですが、
全部いいから突出した曲がない分、そんな印象なのかも。Helter Skelter(ビートルズの曲って分からなかった;;)もまるでステフォのオリジナル曲のようですよね。

あぁぁ生で聴きたい!
全然知りませんでたが、8月にプロモーションで来日していたのですね。・・・ということは来日ツアーの可能性大?!?
2007/10/14 22:04 by Nao
こんにちは!
発売日前日に買って来てヘビロテでございます。
が、同時に旧譜も聞きたくなって、あわせて3rdも聞いてます。今の時期に合いそうなんで…。

熟練と青春っぽさ!
ステフォをものすごーく的確に表した言葉ですね!
特に今回の詞は1stとか2ndの頃のものみたいな雰囲気を感じました。
私は映画とかでも青春モノが大好きなんですけど、ステフォ好きな理由の一つが「青春くささ」なのかなーと今さら分かりました(笑
新譜ではスローな曲がどれもお気に入りです!ケリーの歌心全開って感じがたまりません。

来日は年明けにするっぽいですね〜。今から想像しただけでドキドキ…。お金貯めて待ち構えてます!!

ちなみに上の写真、私はチャップリンぽいなーと思いました(笑
2007/10/16 17:20 by レン
▼レンさん
ふふ。お待ちしていました〜
レンさんのために?今、レンの写真をUPしました(笑)

>が、同時に旧譜も聞きたくなって、あわせて3rdも聞いてます。
私は、2ndが聴きたくなって車に持ち込みましたよ。
今回はヤンチャな感じの曲と、包み込むようなスローな曲とのバランスが素晴らしい・・・。

>ケリーの歌心全開って感じがたまりません。
やっぱり地球最後の日は耳元でケリー・・・ネ
来日が具体的に見えてきたのですか?嬉しいな〜。

>ちなみに上の写真、私はチャップリンぽいなーと思いました(笑
目の下、アイライン入れているみたいだものね(笑)
でもケリー、どんどんいい顔になってきていると思いませんか?あ、この写真を指して言っているのではなく(笑)、It Means NothingのPVを見てそう思いました。
2007/10/16 21:11 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/688021
トラックバック
2007/10/17 01:48
このジャケは・・・・・・・・・・・・・・・・・・。 これについては語るまい・・・・・・・・。 やっと出ました。Stereophonicsの6作目。 前作「Language, Sex, Violence, other?」が もーめちゃくちゃ好きなアルバムだったので、 とーっても楽しみに待ってお
クーネルアソブ

Search this site