・・・好きなものクロニクル。
<< rookiestar(ルーキースター) | TOP | Air Traffic/Fractured Life >>
The Holloways/So This Is Great Britain?
Hollowaysソー・ディス・イズ・グレイト・ブリテン?(期間限定スペシャル・プライス盤)
ザ・ホロウェイズ
2007年3月

「ロンドンのホロウェイ・ロードにあるパブにて2004年11月結成。TVTと契約し2006年夏に"トゥー・レフト・フィート", 10月に"ジェネレイター"をリリースし、10月末に今作をイギリスでリリース。「テムズ・ビート」とカテゴライズされるバンドが勢力を持ちつつある今の UKで期待のバンド。ギタリストが時にフィドルを弾き、軽快なビートとトラディショナルな要素も取り込み、その楽曲力と今のイギリスの"日常"をアイロニカルにナラティヴに描く歌詞の素晴らしさは同世代のバンドを軽く飛び越える。その音楽性が高く評価され、現在イギリスで熱い注目をあつめる。そんな中ついに日本デビュー決定!(帯より)」


The Hollowaysヴァイオリンとフィドルの構造はまったく一緒だが、次の言葉が両者の違いを良く示している。

『ヴァイオリンは歌う、しかしフィドルは踊る』
『フィドルにビールをこぼしてもだれも泣くものはいない』
Wikipedia)」

(写真はフィドルを弾くRob Skipper)

私にとって今年のサマソニのベスト・ソングは、ビーチ・ステージで聴いたThe Hollowaysの"Generator"かも。青空の下、ビーチで聴く"Generator"は最高でした。(ベストアクトはトラヴィスとマニックスですが。)
レコード・プレイヤーと発電機を手に入れて音楽をつくるよ
君を元気づける曲を

僕は別に貧乏じゃない 金なら少しあるし 健康な体もある
ものに惑わされたりしない つまらないことで落ち込んだりもしない
〜Generator

(Hollowaysのみなさん、たとえ印税ががっぽり入ったとしても、どうかお願いだから、ずっとビンボーなままでいてください。)

歌詞カードも見ていなかったし、ちゃんと聞き取りをしたわけでもないのに、ビーチで聴いた時、彼らが歌に込めたメッセージがどんぴしゃ伝わってきたのです。音楽のチカラってすごい・・・。

アルフィーとロブの声が絶妙にマッチ。シングル以外の曲も、ロンドンの香りがしてシニカルなのに、陽気で、どれも踊り出したくなる曲ばかりです。

The Holloways - Generator


The Holloways - Dancefloor


The Holloways - Two Left Feet


希望と栄光の国で、僕らは本当に波を制しているのかい?
真実は違って、僕らは実はただの奴隷の集まりなのさ
〜So This Is Great Britain?


◎オフィシャル
 http://www.the-holloways.com/
◎MySpace
 http://www.myspace.com/theholloways
◎レーベルサイト
 http://www.jvcmusic.co.jp/-/Profile/A020905.html


Holloways

| CD/UK(ロンドン) | permalink | comments(5) | | pagetop↑ |
コメント
あれ、バイオリンじゃないんだー!

>『ヴァイオリンは歌う、しかしフィドルは踊る』

↑これ、ものすごいいい表現だね☆

しかし、何度も言うけどマジでHolloways@サマソニ最高だったよ。
Generatorの歌詞素敵ね☆
やっぱり日本盤買おうかな。
単独あったら絶対行く。
2007/09/09 17:08 by りぐ
サマソニでHolloways観なかったこと、とても後悔してます(涙)
同時間帯にど〜しても観たいバンドがあったので諦めたのですが。
Hollowaysにすれば良かった・・・

そういえば、サマソニの帰りの飛行機でエコノミーなのにファーストクラスに乗り込んだHolloways、元々ファーストクラスにいたカサビアンに追い帰されたそうですよ。
堂々とファーストクラスに乗れる日が来たらいいなと思いつつも、ずっとビンボーでいてほしいNaoさんにはちょっと不安情報?(笑)
2007/09/09 23:14 by shin
▼りぐさん
フィドルって、ヴァイオリンとちょっと違うんだろうと思っていたけれど
フォークや民族音楽で使われるヴァイオリンをフィドルと呼んでいる、
ということみたいね。

>しかし、何度も言うけどマジでHolloways@サマソニ最高だったよ。
どーーせ私は最後のほうしか見られなかったわよっ。きぃーっ(笑)
単独で来てくれたらぜひ行きたいけれど、ビーチがなんとも似合っていたのよねぇ。。
Generator以外も、歌詞がなかなか良いの。
まだ2,200円の初回限定プライズで出回っていると思うし買うなら国内盤がオススメです☆


▼shinさん
>Hollowaysにすれば良かった・・・
私も途中からしか見ていないんだけど;;昨年MANDOが@アイランドで見せたようなマジックがHollowaysにもありましたよ〜。
だけどお日様が真上にある時間帯のビーチはキツかったです・・・。

>エコノミーなのにファーストクラスに乗り込んだHolloways、
えーっ!それはダメ!だってあの人たちお風呂に入っていないもん。お風呂に入っていないのにファーストクラスに立ち入ってはダメです(笑)。
(りぐさんによると大阪と東京と衣装が全く同じだったそう。それってお風呂に入っていないということですよね?笑)
でもカサビアンってファーストクラスなんだ・・・。
グリーンデイのビリーは、パンク精神に反するからとエコノミーにしか乗らないと聞きました。(*国内線*に限ってのことかもしれませんが!)カサビアンはパンクではないから良いのかな?(笑)
2007/09/09 23:55 by Nao
こんばんは!どうもご無沙汰しております〜〜
Holloways、本当に最高でしたねぇ♪
私はハナっからフラテリを捨てていたので、ビーチで水をくらいながらそれはそれは踊り狂っておりました(笑)
Genaratorはフジ・サマソニ合わせても五本の指には入ると思う!
m-onでちゃんと流してくれますかねぇ??
2007/09/12 01:00 by aya
▼ayaさん
ayaさん!お久しぶり〜
(Yeti〜。ジョンがやっと。。嬉)

>ビーチで水をくらいながらそれはそれは踊り狂っておりました(笑)
よく倒れなかったですね。若いっ(笑)
ayaさんも最初からしっかりHollowaysを堪能した組なんだ・・・。私はフラテリスでなく、涼しい屋内をなかなか離れられず、Hollowaysの最後のほうしか間に合わなかったの。失敗したなー。
でもホント、Holloways@ビーチは、本能的に踊り出さずにはいられなかったですよね(笑)。

>m-onでちゃんと流してくれますかねぇ??
そうそう、忘れないようにしないと。(9月22、23、29、30日)でもビーチもちゃんとオンエアしてくれるか、ちょっと心配。。
2007/09/12 22:04 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/678739
トラックバック

Search this site