・・・好きなものクロニクル。
<< レミーのおいしいレストラン/RATATOUILLE | TOP | 手でゴハンを食べる猫 >>
The Dead 60s/TIME TO TAKE SIDES
タイム・トゥ・テイク・サイズ(初回生産限定盤)(DVD付)タイム・トゥ・テイク・サイズ(初回生産限定盤)(DVD付)
デッド60’s
2007年9月

ザ・コーラルやザ・ズートンズを擁するデルタソニック・レーベル所属、リヴァプール出身4ピース・バンドThe Dead 60sの2ndアルバム。「死んだ60年代」。リヴァプールでは「古くて同じでつまらないもの」を指して揶揄する時に使うスラングだそう。プロデューサーはデヴィッド・カーン(ザ・ストロークス、ニュー・オーダー等)。日本先行リリース、UKやUSではまだリリース日未定とか。




昨年1月のBritish Anthemsでのライヴでは、その前のめりなグルーヴ感に気圧(けお)されてしまったThe Dead 60s。

しかし彼らはアメリカンなオニイちゃんに変身してしまった??

The Dead 60s - Stand Up (music video)


初回限定盤に"Stand Up"と共に収録されている"Ghostfaced Killer"は1stの曲。やっぱりこっちの方が私には「The Dead 60sらしさ」が出ていると思うけれど・・・。

The Dead 60s - Ghostfaced Killer


↓こちらはデビュー・シングル。

The Dead 60s - "Riot Radio" (Version 1)


今作はあまりに印象が違うので違和感さえ覚えてしまいましたが、ライナーノーツによると、デルタソニックのレーベル・オーナーであるアラン・ウィルスから
ちゃんとヴァースがあってコーラスがある、よりポップな曲構成を

という要請があったとか・・・。

それでちょっと納得。アンセムの時、The Dead 60sはプロフェッショナルで、サービス精神旺盛で、とても真面目な印象が強く残っているので、彼らはプロとして・・・新しいスタイルに挑戦してみたのかもしれません。うん、1stと2ndの曲を織り交ぜると、ライヴ映えしそうです。本当にThe Dead 60sのライヴはすごいんだから!

◎オフィシャル
 http://www.thedead60s.com/
◎MySpace
 http://www.myspace.com/thedead60s
◎bebo.com
 http://www.bebo.com/Profile.jsp?MemberId=4272860634&MID=2917502090


The Dead 60s

| CD/UK(イングランド) | permalink | comments(2) | | pagetop↑ |
コメント
去年、Vフェスで観たかったんだけど、会場に着いたら最後の1曲くらいで観られず(涙)
確かメインステージの最初の方だったはず。
確かに2ndはいい意味での彼らの「灰汁」がなくなってる感じがするなあ。
2007/09/08 03:33 by りぐ
▼りぐさん
>会場に着いたら最後の1曲くらいで観られず(涙)
でもちょこっとだけでも聴けたのね?
Vフェス〜〜私も一度行ってみたい〜〜。

私は去年のアンセムでものすごい衝撃を受けたの。全然期待していなかったんだけどね。
悪ガキのイメージがあったのに、実際はとても真面目で、ステージに全力投球という感じで。。
>確かに2ndはいい意味での彼らの「灰汁」がなくなってる感じがするなあ。
A&Rが最初からアメリカ志向みたいで、その影響が今回強く出ているのかも。
でもライヴは本当に圧巻なので、私もまた見てみたいな。
2007/09/08 09:21 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/678378
トラックバック

Search this site