・・・好きなものクロニクル。
<< The Coral/Roots & echoes | TOP | Showstar/. >>
Crowded House/Time on Earth
Time on EarthTime on Earth
Crowded House
2007年7月

UKアルバム・チャート3位にチャートインした、ニュージーランド出身クラウデッド・ハウスの13年ぶりとなる復帰作。

「フィン兄弟を中心に"Don't Dream It's Over"、"Somthing So Strong"、"Fall At Your Feet"、"Wheather With You"などのヒット曲や名盤『Woodface』を生み出したクラウデッドハウス。バンド解散後、各々ソロ活動や、フィン・ブラザーズとして活躍していた彼らが再結成!1993年の『Together Alone』から久々の5作目『Time On Earth』をリリース!亡きポール・へスターの後釜として元ベックのドラマーMatt Sherrodを加え、メンバーはニール・フィン、ニック・セイモア、マーク・ハートの4人。プロデュースはイーサン・ジョンズ、スティーブ・リリーホワイトが担当。モデスト・マウスに加入して話題となったジョニー・マーが収録曲"Even A Child"と"Don't Stop Now"に参加していたり、ディキシー・チックスと共作した"Silent House"など充実した内容!」(HMV


昨日のCoralの言葉を借りるなら、このアルバムも「タイムレスな(時代を超越した)」もの。80年代のエッセンスがぎゅっと詰まっていますが、決して古臭くはありません。

実は私、Crowded Houseって今まで知らなかったのであります。(メジャーなバンドみたいなのにね。)サマソニ・レポでModest Mouseのジョニー・マー(元スミス)の記事を書いたところ、「パーマンちゃんです」さんが「クラウデッド・ハウスの新譜でもジョニー・マーのギターが2曲聴けます。これお奨めします。」とコメントしてくださって・・・。それで早速試聴してみたところなかなか良かったし、先月UKアルバムチャートで3位になったそうだし、購入してみました。

ジョニー・マーはM-2とM-6に参加。私はM-2とM-3が好きかな。

CDで聴いているとすごく若々しいけれど、PVを見ると、お年を召していらっしゃいますね。でも音はバリバリ現役です。このDon't Stop Nowにジョニー・マーが参加しています(レコーディングのみ)。

Crowded House-Don't Stop Now


クラウデッド・ハウス、再結成

'80年代終わりに「Don't Dream It's Over」などのヒット曲を出したニュージーランド出身のバンド、クラウデッド・ハウスが、再結成することになった。クラウデッド・ハウスは、スピリット・エンズのメンバーだったニール・フィン(Vo/G)とポール・へスター(Dr)、それにニック・シーモアー(B)を加えた3人が'86年に結成。ニュージーランド/オーストラリアだけでなく、UKやアメリカでもヒットを飛ばした。

dotmusicによると、10年前に解散した彼らは、この夏カリフォルニアで開かれるCoachella Festivalで再結成を果たすという。その後、世界ツアーを行なうともいわれている。

フィンとシーモアは現在、'04年に自殺したヘスターの代わりを務めるドラマーをオーディション中だという。またニールの兄でスピリット・エンズのフロントマンだったティム・フィンは、一時期クラウデッド・ハウスの活動に参加していたこともあるが、この再結成には関与していないといわれている。
2007-01-24 バークス


◎オフィシャル
 http://www.crowdedhouse.com/
◎MySpace
 http://www.myspace.com/crowdedhouse

| CD/オセアニア | permalink | comments(2) | | pagetop↑ |
コメント
こんにちは。

早速買われて聴いているようで。

ベテランですが、ほんとに曲は若わかしいですね。

私は昨日CoralとMELEEのアルバムを買いました。どちらも良かったです。
2007/08/27 13:15 by パーマンちゃんです
▼パーマンちゃんですさん
こんばんは。
ハイ、早速購入しました。ありがとうございます。
ニュージーランド出身なのですね、クラウデッド・ハウス。
ニュージーランドといえば、STERIOGRAMくらいしか知りませんでした。。
2007/08/28 22:26 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/673991
トラックバック

Search this site