・・・好きなものクロニクル。
<< Travis/Singles | TOP | Crowded House/Time on Earth >>
The Coral/Roots & echoes

ボーナストラックを除いて全曲試聴できます。


ルーツ&エコーズルーツ&エコーズ
コーラル
2007年8月

リヴァプール出身ザ・コーラルの『Invisible Invasion』以来2年ぶりとなる、4th(ミニアルバムを除く)アルバム。バッキンガムシャーのウィーラー・エンドにあるオアシスのノエル・ギャラガー所有のスタジオでレコーディングされたそう。

「俺たちが探し求めてきたのは、タイムレスな(時代を超越した)ものだ。これは、間違いなくこれまでもっともソウルフルなアルバム」(本人談/帯より)


まさにコーラル〜という感じ。1stリリース時は20歳だったのでメンバーはまだ26歳という若さなのに、ベテランのような佇まいの音。奇をてらうでもなく、無理して変化しようとするでもなく・・・。

「若い頃には、曲のキャラクターをでっちあげる必要がある。でも、このアルバムの曲はどれも実際の経験に基づいているんだ。」(ジェームズ・ケリー/ライナーノーツより)

全然知りませんでしたが、前作ツアーの際ギターのビル・ライダー=ジョーンが個人的な理由でバンドから離脱、ツアーが終わる頃には、コーラルはもう解散したも同然の状態だったそうです。

そんな辛い状況を乗り越えて、「大人」になったコーラルから届いたアルバム。すっと体に染み渡ります。

1996年に結成された、英国リバプール、ホイレイクを拠点とする6人編成のロック・グループ。2001年にデビューするとメディアやリスナーから絶賛を受け、02年11月アルバム『ザ・コーラル』を発表、全英で40万枚以上の売り上げを記録するヒットとなる。03年7月には2ndアルバム『マジック&メディスン』を発表。60年代的な音に独自の持ち味を加えたサウンドで人気を集め、全英チャート1位を飾った。(CDジャーナル)


◎オフィシャル
 http://www.thecoral.co.uk/
◎MySpace
 http://www.myspace.com/thecoral


The Coral

| CD/UK(イングランド) | permalink | comments(2) | | pagetop↑ |
コメント
日本盤も出ましたね〜。
私はNMEでじみーに視聴してました(^_^;)
でもこんな映像付きで聴けるとは!

一気に書いちゃいますが、Travisの買われてなかったのは意外でした。
私は普通に日本盤です。でも、そんなに高くなかったような気がしてましたが、Travisにそうとう目が眩んでたようです。私(笑)。

あと!
http://www.myspace.com/backstagepassjapan
前に書いたマイスペのやつです。
Kaiser Chiefsのインタヴュー見れますよ♪
2007/08/23 23:49 by らら
▼ららさん
こんばんは〜
日本盤のボートラも良かったですよ♪
コーラルってホント、100%コーラルだわ。。(でもバンドはみんないろいろ大変なのね。)

>Travisの買われてなかったのは意外でした。
でしょ;;輸入盤の値段を先に見ちゃったから・・・。
日本盤が出るのを楽しみに待っていたんだけど、あまりに高くてビックリ!
でも字幕付きのほうがじっくり楽しめていいですよね。
>そんなに高くなかったような気がしてましたが、Travisにそうとう目が眩んでた
ふふ。きっとそうなんでしょうね(笑)

>Kaiser Chiefsのインタヴュー見れますよ♪
ありがとう!私もさっき、Showstarのマイスペに行くときちらっと見たところなの!
りぐさんが選ばれなくて残念でした。
(ららさんだったら英語で直撃インタビューできちゃうよね?)
2007/08/24 00:00 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/673748
トラックバック

Search this site