・・・好きなものクロニクル。
<< INDEX作りました | TOP | パンを焼きました >>
Charlotte Hatherley/The Deep Blue
ディープ・ブルー(初回生産限定盤)(DVD付)ディープ・ブルー(初回生産限定盤)(DVD付)
シャーロット・ハザレイ
2007年3月

約3年ぶりのソロ2作目。レコーディングはイタリアで行なわれ、プロデュースは彼女自身の他、Eric Drew Feldman(ピクシーズ他)、Rob Ellis(PJハーヴェイ他)
★ボーナスDVDつき初回限定盤
元ASHの紅一点ギターリスト、シャーロットのセカンドアルバム!
9年に渡り本国イギリスで国民的人気を誇るASHの「紅一点ギタリスト」として活躍したシャーロット・ハザレイ。男勝りで、凛としたギター・プレイに熱狂的な支持を受け、恒例のNMEのリーダーズ・ポールでは毎年必ず「最もカッコいい女性」部門に選出されるなど、英国風姐御肌のシャーロットは、男女問わず "憧れの姉貴"的存在となった。そんなシャーロットだが、06年1月に惜しまれつつもASHを脱退した。
ASH在籍時の05年に1stソロ・アルバム『グレイ・ウィル・フェイド』を発売はしているが、前作はASHの一員としてリリースされた作品なだけに、今回の2ndアルバムは独立後初めて彼女自身が真っ向から立ち向かったという意味で"真の1stアルバム"といっても過言ではない。
UKロック界をギター一本で渡り歩き、ASHファンはもちろんのこと、カリスマ女性ギターリストとして独特な地位を築きあげた彼女の動向に注目が集まっていたわけだが、前作より約2年の歳月を経てこの作品が完成した。バンドのいちギターリストから、自立したギター・ビューティーへと変貌を遂げた等身大の姿をこの作品を通して楽しみたい。(帯より)

シャーロットのASH脱退がものすごく残念で、ASHとソロとを平行してやればいいのにどうして??と納得がいかなかったし、前作『Grey Will Fade』のガーリィで軽いノリがとても気に入っていたので、この『The Deep Blue』を1回目ざっと聴いたときは、正直なところ、彼女の「マジ度」が重た過ぎるかなぁ・・・と。

しかし脱退の経緯をライナーノーツで読んだ上で、改めて2回、3回と聴いていくうちに、彼女が一人で歩く道を選んだ理由や決意が強く伝わってくるようで、だんだん好きになってきました。

レコーディングがイタリアで行われたこともあってか、UKというよりヨーロッパの肌触りです。M-10 Dawn Treaderはシャーロット憧れのXTCアンディ・パートリッジとのセッションで作られた曲だそう。

↓I Want You To Knowのシャーロット、カッコイイ〜。歌詞はまさかASHのメンバーに向けたものではないですよね??しかも3人倒している(笑)

Charlotte Hatherley - I Want You To Know


Charlotte Hatherley - Behave


■■ CHARLOTTE HATHERLEY -Japan Tour2007-
【東京】 6/12(火) リキッドルーム
OPEN 18:00/START 19:00
前売り¥6,000 当日:¥6,500(ドリンク別)
<問>SMASH 03-3444-6751

【大阪】 6/14(木) 心斎橋クラブクアトロ
OPEN 18:00/START 19:00

前売り¥6,000 当日:¥6,500(ドリンク別)
<問>SMASH WEST 06-6535-5569

◎SMASH
 http://smash-jpn.com/

“Charlotte Hatherley After Party”
6月 12日 (火)(20:00-01:00)
Shibuya Club Game (www.club-game.com 03 5419 8324 B1F (1F ampm) 1-6-5 渋谷)
2000 yen 前売り予約+1D (メール: info@tigermusic.jp), ドア 2500 yen+1D
Tiger Music
 http://www.tigermusic.jp

<元Ashのギタリスト、Charlotte HatherleyのDJ Show>
Charlotteは7年間Ashのギタリストを担当。昨年ソロアーティストとして本格始動。
今年の3月にはセカンドソロアルバム“The Deep Blue”をリリース。現在ワールド
ツアー最中で、リキッドルームのライブ後、渋谷のClub GameでのDJパフォーマンス
が決定。Charlotteの indie rock/electronica musicベースのDJ Showを真近で楽し
めるレアなチャンス。リキッドルームでのライヴの後は Club GameのDJ Showで盛り
上がろう。今年のサマーロックの始まりはここから!


◎オフィシャル
 http://www.charlottehatherley.com


Charlotte Hatherley

| CD/UK(ロンドン) | permalink | comments(4) | | pagetop↑ |
コメント
シャーロットの2nd出たんですね。
私もASHの脱退がとても残念だったけど、こないだ真相をネットのニュースで拾い読みしてちょっと納得。
私はもともと女性ボーカルはほとんど聴かないので、ソロ1stのガーリィ具合がイマイチのめり込めなかったんですけど、Naoさんの感じた今回の「マジ度」にちょっと期待です(笑)
XTCのアンディ親父が絡んでるならなおさら!!
買わなきゃ。
2007/06/10 20:53 by りぐ
▼りぐさん
お茶を飲みながら、フレンドリーに、脱退したとは書いてありましたが・・・"I Want You To Know"のPVは笑えますよね。。
私も最近、女性ヴォーカルものはほとんど聴かなくなってしまいました。そんな中でもシャーロットの声は好き。彼女はやっぱりセンターに立つべき人なんでしょうね。本当にマジですよ、シャーロット・・・。

これからEmbraceのDVDを久しぶりに観るつもりです。何度観ても私も
りぐさんみたいに鳥肌立てつつ、泣くだろうな(笑)。
2007/06/10 22:09 by Nao
やっとシャーロットの2nd聴きました!
私的にはドンピシャでしたよ。
あの屈折具合もまたたまらんです(笑)
これからはソロのシャーロット、一ファンとして応援していきたいですね。
2007/07/28 15:31 by shin
▼shinさん
TBもありがとうございます〜
私のほうからも送信してみたんだけど、どうもロリポからexciteブログに送信するのは相性が悪いみたいで。。ちゃんとリンク貼ってもエラーになってしまうんですよ。すみません、また日を改めて送信してみますね。

>あの屈折具合もまたたまらんです(笑)
そう!シャーロットってキレイだし、ギターも上手なのに、確かにどこか屈折してる(笑)。
私も、彼女のことすごく応援したくなります。ライヴも行けば良かったな。
2007/07/28 22:18 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/651884
トラックバック
2007/07/28 14:59
NaoさんのところでPVを見て以来ずっと気になっていた元ASHのシャーロットの2ndソロ。 全編にストリングスを織り込んだ美しい作品に仕上がっています。 正直いってこれほどクオリティが高いとは思っていませんでした^^; ポップなんだけど一筋縄のポップではあり
夜になっても遊びつづけろ!

Search this site