・・・好きなものクロニクル。
<< クラシクス・ザ・スモールラグジュアリ | TOP | THE COOPER TEMPLE CLAUSEが解散 >>
Leeland/The Sound of Melodies
サウンド・オブ・メロディーズ(2ヶ月限定スペシャル・プライス)サウンド・オブ・メロディーズ(2ヶ月限定スペシャル・プライス)
Leeland
2007年3月(US盤は2006年8月)

テキサス州出身5ピースバンド。フロントマンのリーランド・モーリングはまだ18歳(レコーディング時は17歳)、第49回グラミー賞にもノミネートされたLeeland。テキサスの出身ながら、メンバー全員が影響を受けたバンドとしてColdplay、Travis、Muse、U2等の名を挙げているそう。ピュアな美メロに心が溶けます。


Leeland
↑MySpaceにUPされていた写真。2月(日本盤リリース前)に来日した折に、タワレコでLeelandの特設コーナーを見つけて嬉しかったのでしょうね。


♪ Leeland - The Sound of Melodies


LEELAND、ロックはここまで美しく、優しくなれる。

アメリカ、テキサス出身の5ピース・バンド。核となるのはメイン・ソングライターでありVocal&Guitarを担当するリーランド・モーリングは18歳(アルバム制作中は17歳)。彼の兄であるジャック・モーリング(Key & back vocals/21歳)、従弟(いとこ)であるジェイク・ホルツ(bass/18歳)、友人であるジェレマイア・ウッド(guitar/19歳)、マイク・スミス(drums/23歳)により結成。11歳より曲を書き始めたというリーランドは、14歳にしてその非凡なる才能をEMI CMG Publishingの社長に見出され、15歳で作曲家契約が成立。その後、彼の楽曲デモはSony/BMG参加のEssential Recordsへ渡りすぐさまレコード契約となった。/BMGジャパン


TravisやKeane、Jimmy Eat Worldなどの名前が挙げられていますが、Savage Garden(懐かしい・・)が好きな人にもストライクなはず。M-1の1stシングル"Sound of Melodies"以外のトラックも全て美しく("Sound of Melodies"より個性が出ているかも)、す〜っと心に沁み込んできます。ひねくれた面白い音も好きだけれど、こんな風にストレートに美しい音を聴くと、荒れた気持ちのメンテナンスができそう・・・。最近少々疲れ気味だったので、Leelandをヘビーローテして、癒されています。(それとテキサス訛りなのかな?リーランド君の発音がなんだか温かくて、ほっとするの。)

◎MySpace
 http://www.myspace.com/leelandmusic
◎オフィシャル
 http://www.leelandonline.com/
◎レーベルサイト
 http://www.bmgjapan.com/leeland/


Leeland


| CD/US・CAN | permalink | comments(6) | | pagetop↑ |
コメント
日本盤出てるんですね〜。
私も視聴した時の感触は良かったです(でも買ってない/笑)。
それにしてもリーランド君、こんなに若いとは。
「15歳で作曲家契約が成立」って・・・。
私がこの年の頃なんて馬鹿やってましたよきっと(苦笑)。
2007/04/26 23:41 by らら
▼ららさん
おはようございます。GWもお仕事なの?

ららさんはLeelandを試聴済みなのですね。
LeelandはUS盤リリースから7ヶ月も後に日本盤が出たということは・・・
(Embraceの日本盤も出ないかなー)
リーランド君の若さにはビックリですね。天才?
でも普通っぽくてほのぼのしている(笑)。
リードトラックの"Sound of Melodies"以外もみんな良いです。
2007/04/28 05:35 by Nao
Naoさん、またまたご無沙汰です。

hanaの会社の本社はテキサスなので、かなり気になります!
しかもTravisやKeane系ってhanaにはドンピシャ。

さっそく聞いてみましたけど、好きですわ〜!!!
(久々に良い音を聞いたって感じ)

余談ですが、うちの会社のジョークでこんなのがあります。
英語が流暢に話せる日本人のイギリス訛りの理解度は85%、
テキサス訛りは35%。
そんなわけでhanaはいつも気が遠くなってます。
2007/04/29 09:58 by hana
▼hanaさん
こんばんは。お久しぶりですー。
でも、下でららさんにEmbraceの話をふったときに
hanaさんを思い出していたんですよ♪(Embraceといったらやっぱりhanaさん。)

>英語が流暢に話せる日本人のイギリス訛りの理解度は85%、
テキサス訛りは35%。
ほーそうなんですね。そんなに南部の訛りってすごいんだ。
そういえば・・・
普段、字幕と英語のセリフとを重ねて映画を観ているんだけど
(英語、そんなに得意ではございませんが。)
「ブロークバック・マウンテン」は、セリフが南部訛りで、分かりにくかった記憶が。。

Leelandのアルバムは最近本当によく聴いているんですよ。
hanaさんも機会があったらぜひアルバム聴いてみてくださいね〜
テキサスつながりだし!
2007/04/30 01:54 by Nao
Naoさんったら、Embraceで私を思い出してくださって、ありがとです!
本当に嬉しい〜♪
最近、すっかり音とご無沙汰なので、Leeland買いますわ。

2007/04/30 19:43 by hana
▼hanaさん
Embraceの初期のポスターまで持っていらっしゃるhanaさんだもの☆
hanaさんと、↓のららさんとお二人が、昨年のほぼ同じ時期にスコットランドで
Embraceのギグへ行かれている・・・というのもなんだか不思議な縁で☆

Leelandのアルバムを聴かれたら、リーランド君にテキサス訛りがあるかないか
ぜひチェックしてくださいね〜(笑)
2007/05/01 22:33 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/635926
トラックバック

Search this site