・・・好きなものクロニクル。
<< MUSE/Black Holes And Revelations[最強盤] | TOP | 最近買ったCD・予約しているCD >>
Mew/A Triumph For Man
Triumph for Man
Triumph for Man
Mew
2007年2月(オリジナルは1997年)

インディーズ時代に地元デンマークEXLIBRIS MUSIKから限定リリースされた『A Triumph For Man』にボーナス・ディスク(デモ、アコースティック・ヴァージョンなどのレア音源を9曲収録)を加えたリイシュー盤。メジャー・デビュー作『Frengers』に収録されている「She Came Home for Christmas」や日本盤ボートラ「Should Have Been A Tsin-Tsi (For You) 」「Wherever」のオリジナルも収録。




Mew

初々しい〜。先ずブクレットの可愛い写真の数々に笑ってしまいます。(ヨーナスだけ変わっていない?昔は老けていた?)

現在のMewと比較すればまだ個性が際立っていないし、技術的に未熟だけれど、まさに、Mew。10年経った今も、基本的なスタイルはきっちり維持しながら進化し続けているMew。彼らの原点であるこのアルバムは、Mewファンには絶対お薦めです。

◎オフィシャル
 http://www.mewsite.com/
ヨーナス・ブジェーリ(vo、g)、ボウ・マドセン(g)、ヨハン・ウォーラート(b)、スィラス・グレイ(ds)の4人からなるデンマークのバンド。スィラス以外の3人は8歳の時からの幼なじみで、スィラスもバンドに定着。2001年にロンドンに拠点を移した後、アラン・マッギーがマネジャーを買って出て、2002年「Am I Wry? No」でデビューした。(CDジャーナル)


♪ Mew - She Came Home For Christmas


♪ Mew - Zookeeper's Boy


| CD/ヨーロッパ | permalink | comments(0) | | pagetop↑ |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/629094
トラックバック

Search this site