・・・好きなものクロニクル。
<< TRAVISのNEWアルバム!! | TOP | ガルバンゾのポタージュ >>
PHOENIX/IT'S NEVER BEEN LIKE THAT
イッツ・ネヴァー・ビン・ライク・ザット-来日記念盤-イッツ・ネヴァー・ビン・ライク・ザット-来日記念盤-
フェニックス
2007年1月(オリジナルは2006年5月)

ソフィア・コッポラ監督『マリー・アントワネット』にも出演、おしゃれポップ・サウンドのフレンチ・バンド(ベルサイユ出身)フェニックスの初の単独日本ツアーが決定!3rdアルバム『It's Never Been Like That』にLIVE@オスロ4曲を加えたリイシュー盤(フランス)に、さらに新曲をプラスした来日記念スペシャル・エディション。

Vo.トマのパートナー、ソフィア・コッポラ監督(二人の間にベイビーも誕生)『マリー・アントワネット』の中でPHOENIXが奏でている、"OU BOIVENT LES LOUPS"(サントラ盤には未収録)がボーナストラックとして収録されています。


■PHOENIX JAPAN TOUR 2007

 07年2月24日(土)東京・渋谷クラブクアトロ(SOLD OUT)
 開場17:00 / 開演18:00
 料金:5,500円(税込/全立見/1ドリンク別)
 
 07年2月25日(日)東京・渋谷クラブクアトロ(追加公演)
 開場17:00 / 開演18:00
 料金:5,500円(税込/全立見/1ドリンク別)

 07年2月27日(火)名古屋・名古屋クラブクアトロ
 開場18:00 / 開演19:00
 料金:5,500円(税込/全立見/1ドリンク別)
 
 07年2月28日(水)大阪・心斎橋クラブクアトロ
 開場18:00 / 開演19:00
 料金:5,500円(税込/全立見/1ドリンク別)

問い合わせ:クリエイティブマン


私が最初にPHOENIXを知ったのはソフィア・コッポラ監督の『ロスト・イン・トランスレーション』で使われていた"Too Young"。昨年サマソニでのPHOENIXのライヴは、"Too Young"が収録されている1stアルバム『UNITED』のスノッブなイメージとは全く異なる、骨太なサウンドにビックリ。アルバムを出すごとにPHOENIXはガラリとイメージを変えているようです。

トマの「ふんっ」や「はっ」が心地いい(笑)。フランス語訛りの英語もとてもいい感じで・・・。そう思うと、日本のバンドのジャパニーズ・イングリッシュだって、それはそれで案外面白いのかもしれませんね。

♪phoenix - consolation prizes


♪Phoenix - Long Distance Call


◎オフィシャル
 http://www.wearephoenix.com/


| CD/ヨーロッパ | permalink | comments(0) | | pagetop↑ |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/606417
トラックバック

Search this site