・・・好きなものクロニクル。
<< デジタルパーマ(システムキュール) | TOP | The Upper Room/Other People's Problems >>
JOHNNY BOY/JOHNNY BOY
ジョニー・ボーイジョニー・ボーイ
ジョニー・ボーイ
2006年6月(オリジナルは2006年4月)

リヴァプールで知り合いロンドンで結成された、ダヴォ(g/vo)とローリー(g/vo)による男女デュオ。2004年にシングル"You Are The Generation That Bought More Shoes & You Get What You Deserve"でデビュー、アルバムを完成。しかしリリース直前にレコード会社から契約を解消され、今年やっと1stアルバムが日の目をみることに。

You Are the Generation That Bought More Shoes and You Get What You Deserve
 [ WMP | REAL ]


"You Are the Generation That Bought More Shoes and You Get What You Deserve"を聴いたこと、そしてシングルのジャケットを見たことのある方も多いと思います。当時は「長いタイトルねぇ」くらいにしか受け止めていなかったのですが、その深い意味を知るところとなり改めてこの曲を聴くと、心にずしんずしんと響いてきます。

You Are the Generation That Bought More Shoes and You Get What You DeserveYou Are the Generation That Bought More Shoes and You Get What You Deserve
JOHNNY BOY
2004年9月



タイトルが書かれた看板、これは1969年にジョン・レノンとオノ・ヨーコが"Happy Xmas(War Is Over)"をリリース、NYタイムズ・スクウェアのビルボードにメッセージ広告を出した時の写真を使っています。ジョン&ヨーコが「WAR IS OVER!IF YOU WANT IT」と記したところに「YOU ARE THE GENERATION THAT BOUGHT MORE SHOES AND YOU GET WHAT YOU DESERVE / お前たちは、靴ばかり買い漁った報いを受けて当然の世代なのだ(*)」と掲げたJOHNNY BOY。(*)訳:ライナーノーツより
この曲のタイトルの『靴』は、勿論、ナイキに代表される、グローバリズムと世界経済を利用して、第三世界の貧困をさらに助長している西洋社会の罪の象徴である。(田中宗一郎/ライナーノーツ)

マニック・ストリート・プリチャーズのフロントマン、ジェームス・ディーン・ブラッドフィールド(7月にソロ・アルバムをリリース予定)がプロデューサーとして参加。JOHNNY BOYの辛らつな歌詞には、アディダスだのグッチだのブランド名がいっぱい出てくるのですよ。これではUniversal傘下のVertigoが契約を切ってしまっても、仕方がないかもしれませんね。

そんな圧力をはねのけてリリースされたこのアルバム。しかしUKでは発売されていないの?HMV.co.ukでは扱っていないし、輸入盤はスウェーデン盤しか日本に入ってきていないようです。

そのJOHNNY BOYがサマソニに出演!

私は無駄に靴をいっぱい持っていてJOHNNY BOYの批判の矛先にいる人間だから(笑)、彼らの発するイライラを真摯に受け止めつつ、サマソニで生の"YOU ARE THE GENERATION THAT BOUGHT MORE SHOES AND YOU GET WHAT YOU DESERVE"を聴いていみるつもり。

JOHNNY BOY◎オフィシャル
 http://www.johnnyboyinc.co.uk/
◎レーベルサイト
 http://www.fabtone.jp/band/johnnyboy.html
◎SUMMER SONIC 06
 http://www.summersonic.com/



| CD/UK(ロンドン) | permalink | comments(7) | | pagetop↑ |
コメント
今日まさにコレ買いました…しかもデジパック(笑)
きらきらポップでかなり良いですね!!!!
2006/07/01 01:54 by コウスケ
他のものと一緒に注文しちゃったのでまだ届きませ〜ん…。
早く聞きたい!サマソニも楽しみ!
ジャケットも好きです。
2006/07/01 03:58 by レン
>>コウスケさん
こんにちは〜。
JOHNNY BOYの記事を書く時ジャケを手にして「あ。これもデジパック〜」とコウスケさんを思い出していました(笑)。
ポップなのにパンク?可愛らしい音を出しながら毒を吐いて・・・JOHNNY BOYは歌詞を理解して聴かないと魅力半減なので、絶対に国内盤がオススメですよね。

>>レンさん
こんにちは。
JOHNNY BOYという名前は映画のタイトルからとっていて、ジャケもその映画をモチーフにしているのだとか。シングルのジャケとつながっていて、こだわりを感じますね。JOHNNY BOYかっこいい〜。
レンさんとサマソニのタイムテーブルを照らし合わせてみると、見たいアクトが激しく重複しているような気が・・・(笑)
2006/07/01 13:39 by Nao
確かに歌詞の皮肉っぽい所がイイですよね〜(企業名とか結構出てくるし)…あとNaoさん1曲目のタイトルはスラッと言えるよう意地でも覚えたいですね(笑)。
2006/07/02 01:05 by コウスケ a.k.a. デジパック
コウスケ a.k.a. デジパックさん(笑)、こんにちは。
やられたー。
>あとNaoさん1曲目のタイトルはスラッと言えるよう意地でも覚えたいですね(笑)。
これで私もコウスケさんのところでツッコミを入れようと思っていたのに・・(笑)。コウスケさんはもう覚えた?私は覚えましたよ。
でも。
*メロディに乗せないと*言えない;;
2006/07/02 13:05 by Nao
どうやら自分で「あのタイトル長い靴のやつ」っていう邦題をつけそうです(笑)。
2006/07/02 14:51 by コウスケ
私は歌いながら・・・
♪You Are the Generation That Bought More Shoes And You Get What You Deserve
・・・言えた(笑)
2006/07/02 23:29 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/508139
トラックバック
2006/07/14 22:10
Format: CD Label: Fabtone リヴァプールで出会ってロンドンで結成された男女のデュオJohnny Boy。03年にファーストシングル「Johnny Boy Theme」をリリース、04年にセカンドシングル「You Are the Generation That Bought More Shoes and You Get What You Deser
E4E Review Blog

Search this site