・・・好きなものクロニクル。
<< きょうの猫村さん 2 | TOP | Stuart Sutcliffe(スチュアート・サトクリフ)/5人目のビートルズ >>
The Flaming Lips/At War with the Mystics
At War with the MysticsAt War with the Mystics
The Flaming Lips
2006年4月

1983年、ウェイン・コイン(G)を中心にオクラホマで結成された3人組フレイミング・リップスの4年ぶりの通算12作目(メジャー7作目)となるNEWアルバム。前作『ヨシミ・バトルズ・ザ・ピンク・ロボッツ』は売り上げが全世界で100万枚を超え、2003年度グラミー賞ではBest Rock International Performanceを獲得。


video Yeah Yeah Yeah Song (View→)


THE FUTUREHEADSは、フレーミング・リップスのアルバム"Hit To Death In The Future Head"がバンド名の由来だということからも分かるように、世界中の多くのアーティストからリスペクトされているフレイミング・リップス。
息の長い活動を続けるUSインディーズの老舗バンド。当初のサウンドはガレージ色が強かったが、サイケデリックな音響意識にもとづく実験的アプローチを次第に強め、90年代にメジャー契約を得るとその緻密に組み上げられたアーティスティックな音響感覚に対する評価が世界で一気に高まった。(CDジャーナル)

1曲目から、♪ヤーヤーヤーヤーヤーと脱力系のコーラスから始まって、思わず頬が緩みました。「サイケなドリーミー・ポップ」なフレイミング・リップス節は健在、しかし今回はブッシュ政権批判の強烈なメッセージがこめられている*らしい*です。

そう。

安さに惹かれ、私は輸入盤を買ってしまったために、歌詞の意味もよく分からず、ウェインの饒舌な解説も読んでいないのです・・・。でもいいの、十分楽しめるから!(←負け惜しみ。)

タイトルには邦題がつけられていますが、ちょっとやりすぎでは??タイトルをつけた人、10年後にはきっと恥ずかしく感じてしまうと思いますよ(笑)。

01. Yeah Yeah Yeah Song
02. Free Radicals
03. The Sound Of Failure/It’s Dark...Is It Always This Dark??
04. My Cosmic Autumn Rebellion
05. Vein Of Stars
06. The Wizzard Turns On...
07. It Overtakes Me/The Stars Are So Big、I Am So Small...Do I Stand A Chance?
08. Mr.Ambulance Driver
09. Haven’t Got A Clue
10. The W.A.N.D
11. Pompei Am Gotterdammerung
12. Goin’ On

---------------------

01. ヤー・ヤー・ヤーの歌 (君にあるパワー)
02. フリー・ラディカルズ〜自由急進主義者達 (自爆犯を説き伏せようとするクリスマス骸骨の幻想)
03. しくじりの音/暗い闇…いつだってこんなに暗いのか?
04. 我が初老期の宇宙的反逆 (燃え立つ反抗の盾としての内なる生命と、神々しい行為の槍としてのオプティミズム)
05. 星々の層
06. 巨大な銀の閃光灯を点灯し、狼人間のモカシンを穿くノってる魔法使い
07. 圧倒されて/星々はあんなに巨大なのに、自分はあまりにちっぽけだ…こんな私にチャンスはあるのか?
08. 救急ドライバーさん
09. 何も分かっちゃいない
10. 魔法の杖 (敗北を打ち消すのはいつだって意志の力)
11. ポンペイの黄昏
12. 戦いは続く
13. うず高い狂気の山にひそむ黄金


◎オフィシャル
http://www.flaminglips.com/

◎MySpace
http://www.myspace.com/flaminglips

このおっさんたち、マトモな写真がありゃしない。でもこういう人たち大好きです。サマソニでのパフォーマンスに期待!

The Flaming Lips

| CD/US・CAN | permalink | comments(6) | | pagetop↑ |
コメント
フューチャーヘッズってこの人たちから名前取ったんですね〜知らなかった。
フレイミング・リップスと邦題って個人的にはありな感じです(笑)あとアンドリューW.K.まで行くともう邦題じゃなきゃイヤです(笑)。
2006/06/17 22:38 by コウスケ
コウスケさん、こんにちは。
アンドリューW.K.って、rockin'onで毎月ページを担当している、WWEの選手みたいな(?)人ですね?彼には必ず邦題がついているんだ・・。
そういえばコウスケさんは『国内盤派』でしたよねー。私もCCCDでない限りできるだけ国内盤を買いたいけれど、リリースラッシュで安さに釣られて輸入盤を買ってしまった・・・。
でも例えばM-2の Free Radicals が【フリー・ラディカルズ〜自由急進主義者達 (自爆犯を説き伏せようとするクリスマス骸骨の幻想)】って、どお?(笑)
2006/06/18 15:53 by Nao
でもこんな邦題つけることでフレイミング・リップスの「マトモ」じゃない感じがオレみたいに英語よくわかんない人にも一発で伝わると思いません(笑)?
…何かオレすっごい邦題支持者みたいですけどそうじゃないんで、そこんとこヨロシクお願いします(笑)

あとアンドリューの今度出る予定のアルバムタイトル調べたらタイトルが素敵過ぎて笑ってしまいますよ!
…アンドリュー、アンドリュー言ってますけど実はそんなにファンじゃないんでその辺もご理解お願いします(笑)。
2006/06/19 01:29 by コウスケ
コレ↓ですね?
http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/andrew/uice1129.html
ふふ。これはホント、素敵すぎ(笑)。やっぱりWWEの選手キャラですね。ロッキンオンの「悩み相談」も見てみたけれど(今まで内容は読んだことなかったの;;本人手書きと思われる表題や名前がカワイイ)、いい人だわ〜。
>アンドリュー、アンドリュー言ってますけど実はそんなにファンじゃないんで
そんなこといったらアンドリューさんが可哀想。・・・ってアンドリューさんネタを引っ張りすぎ?(笑)
今回、原題であろうと邦題であろうと、私って殆どタイトルを覚えていないことに気がつきました;;「○番目の曲」みたいな言い方ばかりしているのよ。
2006/06/19 21:42 by Nao
…そういえば自分もタイトルほとんど覚えてません(汗)
洋楽ってタイトルがなかなか頭に入らないですよね〜
アルバム買っても結局シングルになったやつしかタイトルちゃんと覚えてないみたいな…いやシングルになったやつも怪しい場合が多々あるな〜(笑)。
2006/06/19 23:20 by コウスケ
やっぱりそう?
そうそう、シングルになったヤツも確かに怪しい。でも私、Delaysの曲タイトルだったらちゃんと言えるかも(笑)
昔は、とにかく音だけ聴けば良いという感じで、主に安い輸入盤ばかり買っていたし、そのバンドがUKかUSかなんてこともあまり意識していなかったし、国内盤を買ったとしてもライナーノーツなんて全然読んでいなかったの。でも、ライナーノーツもしっかり読んで、歌詞の意味も*なるべく*把握して、アーティストの背景も*ぼんやり*理解して・・・そうやって聴いたほうが、ずっと楽しいということに今更ながら気がつきました・・・けど。タイトルはやっぱり覚えられない(笑)
2006/06/20 22:00 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/499858
トラックバック

Search this site