・・・好きなものクロニクル。
<< EDITORS/WE ARE SCIENTISTS@duo MUSIC EXCHANGE(渋谷) | TOP | 飲む酢のゼリー/セゾンファクトリー >>
Dirty Pretty Things/Waterloo to Anywhere (Limited Edition)
Waterloo to Anywhere + DvdWaterloo to Anywhere + Dvd
Dirty Pretty Things

日本盤を持っているけれどいいんです、DVD付リミテッド・エディションをイギリスよりお取り寄せ〜(送料込みでもアマゾンより安いです。)3月8日Kings College Londonにて行われたライヴ映像(18分)のDVD付。



≪Disc One - CD≫
1. Deadwood
2. Doctors & Dealers
3. Bang Bang You're Dead
4. Blood Thirsty Bastards
5. The Gentry Cove
6. Gin & Milk
7. The Enemy
8. If You Love A Woman
9. You Fucking Love It
10. Wondering
11. Last Of The Small Town Playboys
12. B.U.R.M.A.

≪Disc Two - Bonus Live DVD≫
1. The Enemy
2. Blood Thirsty Bastards
3. The Gentry Cove
4. Bang Bang You're Dead
5. Last Of The Small Town Play Boys
(Play allとなぜか順番が違います。)


DVDに感動しました。LIBSを彷彿とさせられ、切ないですが・・・(やはりカール=THE LIBERTINESなのだと痛感。)

この人たち、わざと下手に演奏していますよね???でもこのガチャガチャ感が、どっしりとしたゲイリーのドラムを軸にして、理屈ではない魅力となり、私たちの胸をかきむしるのです。彼らにテクニックなんて不要!(でも指の動きなどはすごいですよ。)

"The Enemy"のディズの歌い出しがCDより際立ってステキです。私はタバコの煙が大の苦手なのですが、カールだったら隣でスパスパ吸われても許します(笑)。タバコをギターのネックに挟んだり、中指と薬指の間に挟んでギターをかき鳴らしたり、本当にかっこいいったらありゃしない。来日ツアー切望。

◎オフィシャル
 http://www.dirtyprettythingsband.com/

カール・バラー率いるダーティ・プリティ・シングスが、バラーの体調が優れず、ショウをキャンセルする寸前に追い込まれた。このギグ(3月8日/キングス・カレッジ)は、バンドにとってロンドン初のパフォーマンス。しかしショウが始まる直前、バラーの頭痛がひどくなり、危うくキャンセルされるところだった。

dotmusicによるとパフォーマンスは午後9時半にスタートする予定だったが、10時半を過ぎてもメンバーがステージに登場する様子はなく、「カールの頭痛がひどく、パフォーマンスすることができないかもしれない」とのアナウンスが流れたという。

しかしながら、その数分後、ドラマーのゲーリー・パウエルがステージに現れ、「Boys In The Band」をソロでプレイ。そして、11時近くのなってようやくバラーを含むほかのメンバーが登場し、無事にショウをスタートすることができたという。(BARKS)


DPT

| CD/UK(ロンドン) | permalink | comments(0) | | pagetop↑ |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/479239
トラックバック

Search this site