・・・好きなものクロニクル。
<< 藤野真紀子さんのmany many makeシリーズ | TOP | ダニエル・パウター・スペシャル・ミーティング >>
Jack's Mannequin/Everything In Transit
Everything in TransitEverything in Transit
Jack's Mannequin
2005年8月(日本盤は06年4月)

SOMETHING CORPORATEのフロントマン、アンドリュー・マクマホンのプロジェクト、ジャックス・マネキン。リードトラックM-2 The Mixed Tapeはいわゆる「ピアノ・エモ」かもしれないけれど、そんなカテゴライズは不要。捨て曲なしの、パーソナルなポップ・アルバムです。



♪Jack's Mannequin - The Mixed Tape



SOMETHING CORPORATEのデビューから3年半、ほとんどノンストップでツアーを続け、彼らは燃え尽き疲れ果ててしまい、しばらくメンバーがそれぞれの家族とゆっくり過ごす時間を持とう、ということになったそうです。久しぶりの休暇中、アンドリューはツアーの合間に書き溜めていた曲のアイディアを形にしておこうと、リリースのことなど全く考えずに、自腹でレコーディングを始め、SOMETHING CORPORATEのサポート・ギタリストらがノーギャラで参加、そうしていくうちにとんとん拍子で契約が決まり、アルバムが完成・・・。

ところがアルバム完成後の05年5月にアンドリューが急性リンパ性白血病を発病、アルバムリリース後予定されていたツアーは全てキャンセル、音楽活動は停止してしまいました。しかし幸い彼はまだ完治とは言えないもののかなり回復して、3月からショウやプロモーションを始めています。

レコーディング後の発病だから、そんな悲劇が反映されているわけではないけれど、このアルバムからは凛とした特別な何かが感じられます。そういう意味では*エモーショナル*なアルバムと言えるかな。アンドリューが1日も早く完治しますように。

エクストラ仕様でシークレットサイトにジャンプ、そこで聴くことができる"My Marie My Love"もとても良い曲です。

◎Jack's Mannequin オフィシャル
 http://www.jacksmannequin.com/

◎SOMETHING CORPORATE オフィシャル
 http://www.somethingcorporate.com/


Jack's Mannequin

| CD/US・CAN | permalink | comments(2) | | pagetop↑ |
コメント
ジャックス・マネキンいいですよねー!
ほんと、勇気っていうか希望をもらっちゃいます。
捨て曲がホントにないし、落ち込んだときとか、前に進みたいときに聴いてしまいます。
2006/04/29 07:55 by ゆう
ゆうさん、こんばんは。
TB&コメントありがとうございます。
ジャックス・マネキン、いいですよねー。
リードトラックのいかにもエモなThe Mixed Tapeもいいですけど
他のトラックの方がもっと好きかも・・・。
レコーディング終了後の発病のはずなのに、先入観なしに聴いても
何か特別なエモーショナルを感じるアルバムですよね。
2006/04/29 23:53 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/469832
トラックバック
2007/01/30 05:29
今回は、先日の初来日公演も記憶に新しい、サムシング・コーポレイトの中心人物でもあるアンドリュー・マクマホンのソロ・プロジェクトであるジャックス・マネキンのデビュー・アルバム『エヴリシング・イン・トランジット』を取り上げたいと思います。 昨年は、ジェイ
Waterfalls Blog
2006/04/29 07:57
ジャックス・マネキン エヴリシング・イン・トランジット 去年の夏、タワレコの視聴で発見! ストレートに胸に響くメロディ、ピアノが前面に押し出されたエモ・パンクサウンドに、びっくりして、そのまま速攻でレジに持って行きました。 万人に通用する抜群の
u-MUSIC!!

Search this site