・・・好きなものクロニクル。
<< TITLe | TOP | 裁判員制度 >>
Stereophonics/Live From Dakota
ライヴ・フロム・ダコタライヴ・フロム・ダコタ
ステレオフォニックス
2006年3月
2,940円

昨年のLanguage Sex Violence Other?ツアーを収録したStereophonics初のライヴ盤、CD2枚組。新曲"Jayne"も収録されています。
昨年のライヴが甦って感動的なのですが・・・何か物足りない・・・



その理由は、フォーマットがチープ過ぎるから、です。せっかくのバンド史上初のライヴ盤で、2枚組で、しかも2,940円もするのに、音源だけ21曲って今どき・・・どうよ?2枚目はDVDにするとか、ブックレットももっとゴージャスにするとかできなかったのでしょうか。私はStereophonicsが大好きだし、それだけの価値のあるビッグなバンドだからこそ、残念です。

ディスク 1
1 Superman
2 Doorman
3 Thousand Trees
4 Devil
5 MrWriter
6 Pedalpusher
7 Deadhead
8 Maybe Tomorrow
9 Bartender And The Thief
10 Local Boy In The Photograph

ディスク 2
1 Hurry Up And Wait
2 Madame Helga
3 Vegas Two Times
4 Carrot Cake And Wine
5 I'm Alright
6 Jayne ( New song )
7 Too Many Sandwiches
8 Traffic
9 Just Looking
10 Dakota
11 Rewind


それに比べて、5月17日リリース予定のFEEDERのベスト盤は・・・

ザ・シングルズ(2ヶ月間限定生産盤)(DVD付)ザ・シングルズ(2ヶ月間限定生産盤)(DVD付)
フィーダー
2006年5月17日発売予定
2,646円



ディスク 1
CD
1 Come Back Around
2 Shatter
3 Just The Way I'm Feeling
4 Buck Rogers
5 Lost And Found
6 Just A Day
7 High
8 Comfort In Sound
9 Feeling A Moment
10 Burn The Bridges
11 Tumble & Fall
12 Forget About Tomorrow
13 Tender
14 Pushing The Senses
15 Save Us
16 Seven Days In The Sun
17 Insomnia
18 Turn
19 Yesterday Went To Soon
20 Suffocate

ディスク 2
DVD
1 Shatter
2 Tender
3 Pushing The Senses
4 Feeling A Moment
5 Tumble And Fall
6 Comfort In Sound
7 Find The Colour
8 Forget About Tomorrow
9 Just The Way I'm Feeling
10 Come Back Around
11 Can't Stand Losing You
12 Just A Day
13 Turn
14 Seven Days In The Sun
15 Buck Rogers
16 Paper Faces
17 Yesterday Went Too Soon
18 Insomnia
19 Day In Day Out
20 Suffocate
21 High
22 Crash
23 Cement
24 Tangerine
25 Stereo World
26 Lost And Found


| CD/UK(ウェールズ) | permalink | comments(4) | | pagetop↑ |
コメント
コンニチワ。
私も一瞬、あれ?DVD付じゃなかったっけ??って思ってしまったから
Naoさんの物足りないという気持ち分かりますよー(笑)
昨年リリースされた新譜に関してもDVD的にはフィーダーの方が良かったし。
今回もフィーダーに差をつけられてしまったような^^;

先日、"Dakota”のライヴバージョンのPVを観たのですが。
会場の大きさや観客の数に圧倒(笑)
ライティングやスクリーン映像など、大会場ならではの演出が
すごくカッコ良くて見とれてしまいました(^^ゞ
本国では国民的バンドなんだーっていうのがよく分かって、
日本との温度差を改めて実感してしまったけれど。
こんなビッグバンドを小さいハコで見れた日本のファンはラッキーなのかも(笑)
最後は(例の?)サングラス着用してステージを去るケリーが印象的でしたヨ。
できれば、こういった映像をDVDで見たかったですよね〜。
2006/04/17 15:11 by awren
awrenさん、コンニチワ☆
TB&コメントありがとうございます。
>今回もフィーダーに差をつけられてしまったような^^;
でしょ?(笑)
ジャケットもあれは仮ジャケだとばかり思っていましたよ;;
もう少しなんとかならないのか→V2レコード
でもライヴはさすがに鳥肌モノですよね。

>こんなビッグバンドを小さいハコで見れた日本のファンはラッキーなのかも(笑)
だからイギリスから追っかけグループが来ていたのかな。
彼らはちょっと迷惑だったけれど(笑)。
聞こえてくる歓声からハコの大きさが伝わってきてきます。

>ライティングやスクリーン映像など、大会場ならではの演出が
>すごくカッコ良くて見とれてしまいました(^^ゞ
わーん。私も見てみたい!どうして映像を入れてくれなかったんでしょう!
不満だワ〜
特別エディションとしてDVD付を再販してくれたら、きっとまた買うと思う。。。
そういえばケリーとハヴィエは日本の洋服サイズがぴったりなので、嬉しそうにたくさん買って帰ったそうですヨ
2006/04/17 17:54 by Nao
遅まきながら、今日やっと入手できたので遡ってきました(笑)。
ほんと、Naoさんに教えてもらったfabchannelのライブ映像がよかっただけに、DVD付がよかったっすねー!もしくはあのままのDVD発売してくれ。
でも、米盤はボートラがないとはいえ、Virginでは$10で売ってまして、この中身で2枚組みで$10は安すぎ!とわたくしなんかは思ってしまいました。
2006/04/23 13:31 by ぺちんだ
ぺちんださん、遡ってようこそ(笑)
>米盤はボートラがないとはいえ、Virginでは$10で売ってまして
ぬっ。
2,940円を今日のレートで計算してみたら、$25.21!!!!!この差は一体!?この充実したライヴ盤2枚組がたった10ドルって・・・そしたらDVD付にしろだの文句は言わないですよぉ。いいなぁ。
fabchannelのライヴはすっごく良かったですよね。ダコタの歌い出しを間違うところも何度見ても可愛いし(笑)。でもステフォのライヴをアメリカで見られたら最高でしょうね。
2006/04/23 21:42 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/458803
トラックバック
2006/05/15 17:45
Stereophonics(ステレオフォニックス)初のフルライブアルバム。 過去5枚のアルバムのベスト的な位置づけともいえる内容であり、アルバム未収録のB面曲や新曲も収められた一枚である。 音源は、5thアルバム「Language.Sex.Violence.Other?」の発売に伴うツアーで
THE GOOD LIFE
2006/04/16 18:18
Live From Dakota Stereophonics ライヴバンドという印象が強いステレオフォニックスにとって、 これが初のライヴ・アルバムというのは、意外な気がしないでもないが。 オープニングのアリーナ級の会場を埋めつくす観客の歓声からは、 UK本国で
fullfathomfive

Search this site