・・・好きなものクロニクル。
<< PHOENIX/UNITED | TOP | マドンナの目ヂカラは日本製 >>
チェ・ゲバラ
野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で準優勝したキューバ代表が21日帰国。首都ハバナで開かれた政府主催の式典で約1万5000人が歓迎、カストロ国家評議会議長から「何百万人の市民と同様、わたしも皆さんの偉業に胸を躍らせた」とのねぎらいの言葉を受けた。/MLB.com

その式典会場にチェ・ゲバラの巨大写真が!『モーターサイクル・ダイアリーズ』のあのチェ・ゲバラです。カストロと共にキューバ革命を成功させたチェ・ゲバラが、今もキューバにおいて特別な存在であることをリアルに感じた瞬間でした。

Che Guevara
モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版

キューバの革命家として、南米ではもちろん世界中に信奉者を持つチェ・ゲバラ。本作はブエノスアイレスでの医学生時代の彼・エルネスト(本名)が、友人と1台のバイクで南米を縦断した日々をつづる。彼自身の日記を映画化した、みずみずしい青春ロードムービー。

◎映画のレビュー
 http://blog.e-rose.her.jp/?eid=40547




日本優勝の余韻に浸っていたら、ニュース映像で思いがけずチェ・ゲバラの巨大写真を目にして、政治や歴史の重みのようなものを感じてしまいました。

当初、経済制裁を理由にアメリカ政府はキューバ代表の入国を拒否し(ブッシュはWBCの分配金がカストロ政権に流れることを嫌った)、アマチュアNo.1のキューバ参加が危ぶまれましたが、大リーグ機構の強い後押しもあり、実現。結果キューバは準優勝でしたね。カストロ議長は準優勝で得た賞金など全額、ハリケーン『カトリーナ』の被災者に寄付すると表明していました。
| スポーツ | permalink | comments(2) | | pagetop↑ |
コメント
WBC色々ありましたね。
結果的にいろいろな面(行政・運営)でアメリカが一番かっこ悪くなってしまいましたね。
キューバが分配金を寄付することを発表したのを聞いて、ますます。。。キューバという国が誇りを持って出したチームというのが強烈に印象づけられました。モーターサイクルダイアリーズ観たことないのですが、観るべき映画のようですね。時間をこじ開けてみてみます。
2006/03/24 00:51 by ぴら
ぴらさん、こんにちは。
WBCとチェ・ゲバラが結びつくとは〜〜〜。
『モーターサイクル・ダイアリーズ』は一昨年、恵比寿ガーデンプレイスで観たのだったかな。平日の昼間なのに満席で、入れなかった人もたくさんいたくらいで驚きました。これはきっとぴらさん好みだと思います。時間があったらレンタルしてみてください。
『RENT』のプロモーションも盛んに行われ始めましたね。楽しみです。

WBC・・・アメリカのエゴばかり目立ってしかも準決勝にも進めず、アメリカはかっこ悪かったですねー。様々な要因が重なり、結果的に日本チームがひとつにまとまり優勝することができて、キューバが準優勝。これってまさにイチローが言っていた「勝つべきチームが勝たなければならない」という感じでしょうか。
2006/03/24 17:40 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

Search this site